彫刻した文字部分のクローズアップ

木製イースターエッグ

ステップバイステップガイド

材料

  • 木材:厚さ3.5mm(加工には硬材がお勧めです。)
  • お好きな色のリボン

使用機種

Speedy 400、80W、2.0インチレンズ


ステップバイステップ

ステップ1: 文字のデザイン

オーナメントにドイツ語の"Frohe Ostern“(英語で"Happy Easter"の意味)をデザインした、イースター・エッグのデザインデータ(本ページ下部)を使用してください。

あるいは、好きな言葉やことわざ、またプレゼントする人の名前など、願いや思いを込めた文字をデザインしてください。

【デザインのヒント】
文字をデザインする際は、ステンシルフォントを利用してください。“O"や“A"のような文字の中心部分が抜け落ちないデザインフォントを選べます。ウェブサイトに無料のステンシルフォントが掲載されています。

または、デザインデータ(写真左の"O")のように小さなブリッジを作って、中心と外側の文字をつなげるデザインにしてください。


ステップ2: レーザー加工機の設定

デザインしたデータを加工機に送信します。

Speedy 400、80Wのレーザー加工機を使用する場合は、次のパラメーターを設定します。

【彫刻 (デザインデータの黒)】レーザー出力80%、スピード100%、500 ppi、エアアシストON、Zオフセット6
【カット (デザインデータの赤)】レーザー出力95%、スピード1.8%、周波数1000 Hz、エアアシストON

トロテックのレーザー加工機を使えば、約2分以内でこのデザインの加工作業が可能です。


ステップ3:リボンをつける

レーザー加工が終了したら、イースター・エッグをつるすリボンをつけます。このようなイースター・エッグをいろいろ作って、お部屋をイースター・グッズで装飾しましょう。

【ポイント】
文字の中心部が取れたり、ズレたりしないように注意してください。
仕上がりを綺麗にするために木材にマスキングテープを貼るとよいでしょう。木材の表面をマスキングすると、カットと彫刻の際に発生する焦げの広がりを抑えることができます。 マスキングテープを使ったこの方法は、クリスマス・オーナメント、ギフトタグ、ペンダントなどを制作する際にも応用できます。

フェルトのイースター・デコレーションも作ってみましょう!

加工サンプルとして、フェルトでつくるイースター・エッグとイースター・バスケットもデザインしました。好きな色のフェルトを選んだり、バスケットにプレゼントする人の名前を彫刻したりして、イースター・デコレーションを自分流にアレンジしてみてください。

フェルトでつくるイースター・デコレーション