レーザー加工したワインボックス

木製のワインボックス

レーザー加工機でウォールナットの板材をカットと彫刻して、手提げタイプのワインボックスを作ってみましょう。


材料

  • ウォールナットの合板:600 x 300mm、厚さ3mm、1枚
  • バーチ(樺)の合板:600 x 300mm、厚さ3mm、1枚
  • 手提げ部分のジュート糸
  • 加工テーブルをカバーする紙
  • マスキングテープ

※このサンプルの木材は、トロテックの商材 Veneer WalnutVeneer Birchを使用していますが、日本で取り扱っていない種類があります。
詳しくはトロテック・レーザー・ジャパンにお問い合わせください。

トロテックの商材
Trotec Materials(英語)

※材料の厚さによって、デザインデータのはめ込み部分(凹凸)のサイズを変更してください。

使用機種

  • Speedy 360
  • 80W
  • 2.0インチレンズ

※他のSpeedyシリーズやSPシリーズの機種でも加工できます。

※材料の厚さに違いがあっても対応できるように、2インチのフォーカスレンズを使用しています。

アクセサリー

  • 加工テーブル:アルミニウム カッティング グリッド

ステップバイステップ

ステップ1:出力データの作成

このページ下のデザインデータ(cdr/pdf)をダウンロードして、グラフィックソフト(CorelDRAWまたはIllustrator)で開きます。

重要なポイント

  • このボックスは、750mlのワインボトル用に設計されています。板材をカットする前に入れたいワインボトルの大きさとデザインデータの大きさを確認してください。必要であれば、ワインボトルの大きさや板材の厚さに合わせてデータを変更します。

次にデザインデータをレーザー加工機用データに出力します。グラフィックソフトの印刷でプリンター「Trotec Engraver」を選択し、環境設定をクリック、出力設定タブを表示して下記を設定します。設定が完了したら最後に印刷を押して、JobControl(ジョブコントロール)レーザーソフトウェアにデータを出力し、ジョブファイルを作成します。

印刷 > Trotec Engraver > 環境設定 > 出力設定

印刷設定(加工オプション)

加工モード 解像度 カットライン
標準 500 dpi なし
ハーフトーン調整 その他
カラー 高度なジオメトリ、
最初に内部ジオメトリ

ステップ2:レーザー加工

JobControl(ジョブコントロール)レーザーソフトウェアをPCモニターに表示し、ステップ1でデータ出力したジョブをJobControl画面のプレート上に配置します。次にJobControlの「材料テンプレート」を開いて、下記のパラメーターを設定します。

パラメーター設定

カラー 加工の種類 パワー (%) スピード (%) ppi/Hz
彫刻CO2 80 50 500
カットCO2 100 1.0 1000
パス(繰返し) エアアシスト Zオフセット アドバンス
1 on +6 mm 高品質
1 on - -

ヒント

  • 木材は天然素材のため、同じ種類の木材でも特徴が様々です。したがって、本加工の前に上記パラメーターの加工テストをお薦めします。
  • また、パラメーターは、加工する材料の材質・色、そしてレーザー加工機の機種やレーザー出力(W)によって異なります。仕上がりの良い最適な加工を検出するために、様々なパラメーターテストをお薦めします。

パラメーターの設定後、材料を加工テーブルにセットしてレーザー加工を行います。焦げを抑えたい場合は、板材の表面と裏面にマスキングテープを貼って加工してください。

加工テーブルの種類は、用意できればアルミニウム カッティング グリッドの使用をお薦めします。このテーブルを使うと、材料の裏面にあたるレーザー光の反射を最小限に抑えることができ、仕上りが良くなります。ハニカム カッティング テーブルの使用でも加工できますが、仕上りに影響がでる場合は、ある程度高さのある物を加工テーブル上に置いて、材料とテーブルの間に空間を作るとレーザー光の反射を抑えることができます。

また、加工テーブル上の空きスペースを紙などで覆うと、加工テーブルの吸引力が強くなるので加工品質をアップすることができます。最後にフォーカスツールとレーザー加工機の操作パネルで焦点距離の位置決めをしたら、レーザー加工をスタートします。


ステップ3:組み立て

レーザー加工が終了したら、水で湿らせた布でパーツに付着したホコリ等を拭き取ります。下記のスライドビデオを参考に、3方向のサイド、底、残りのサイド、蓋の順にパーツを組み立てて、ボックスを完成します。


組み立て方のスライドビデオ


もっとアイデアをプラス!

  • 様々な種類の木材を使って、木目や風合いの違うワインボックスを作ってみましょう。
  • パーツに名前やオリジナルデザインを彫刻して、特別なワインボックスを作ってみましょう。彫刻は、カット後のパーツにも加工できます。名入れしたワインボックスは贈り物にも最適です。ワインと一緒にプレゼントしたら、きっと喜ばれるでしょう。

ダウンロード

デザインデータ

※デザインPDFは、CorelDRAWまたはIllustratorのグラフィックソフトウェアで開いてください。


トロテックの推奨製品