marble-lucky-charm

大理石のラッキーチャーム

大理石の小さな石材タイルにレーザー加工機で文字を彫刻して、ラッキーチャームを作りましょう。
イベントやパーティで使用してはいかがでしょう。


材料

小さくて平らな大理石
(このサンプルでは大理石のモザイクタイルを使用しました。)

使用機種

  • Speedy 360
  • 100W
  • 1.5インチレンズ

※細かいデザインをレーザー彫刻するために、1.5インチのフォーカスレンズを使用しています。
Speedyシリーズの他の機種でも加工できます。

アクセサリー

加工テーブル:バキュームテーブル


ステップバイステップ

ステップ1:デザインの作成とデータ出力

このサンプルページのデザインデータ(cdrまたはpdf)を参考に、チャームに彫刻したいテキストをグラフィックソフト(CorelDRAWまたはIllustrator)で作成します。

次にチャーム毎のデザインを選択して、レーザー加工機用データに出力します。グラフィックソフトの印刷でプリンター「Trotec Engraver」を選択し、環境設定をクリック、出力設定タブを表示して下記を設定します。設定が完了したら最後に印刷を押して、JobControl(ジョブコントロール)レーザーソフトウェアにデータを出力し、ジョブファイルを作成します。

印刷 > Trotec Engraver > 環境設定 > 出力設定

印刷のデータ出力設定

印刷設定(加工オプション)

加工モード 解像度 カットライン
標準 1000 dpi なし
ハーフトーン調整 その他
カラー -

ヒント

細かいデザインを高品質に仕上げるために、彫刻の加工に最も高解像度の1000dpiで設定しています。


ステップ2:レーザー加工

最初に石に付着している汚れや埃を流水で洗います。石が乾燥したら、加工テーブルの上にセットし、操作パネルのZ軸ボタンで加工テーブルを上へ移動しながら、フォーカスツールを使ってフォーカス(焦点)の位置を合わせます。材料に少し丸みがある場合は彫刻する部分の平均な値(高さ)に焦点を合わせます。

次にJobControl(ジョブコントロール)レーザーソフトウェアをPC画面に表示し、ステップ1でデータ出力したジョブをJobControl画面のプレート上に配置します。JobControlの「材料テンプレート」を開いて、下記のパラメーターを設定します。

パラメーター設定

カラー 加工の種類 パワー(%) スピード(%) 周波数(ppi/Hz)
彫刻CO2 50 20 1000
パス(繰返し) エアアシスト Zオフセット アドバンス
1 on - 0.5 mm -

ヒント

エアアシストとフォーカス(焦点)が材料に近くなるように、Zオフセットをマイナス値に設定しています。こうすると彫刻のコントラストが強くなります。

※パラメーターは、加工する材料の材質・色、そしてレーザー加工機の機種やレーザー出力(W)によって異なります。仕上がりの良い最適な加工を検出するために、様々なパラメーターテストをお薦めします。


ステップ3:仕上げ

加工後、石の彫刻カスを水で湿らせた布で拭き取ります。彫刻のコントラストを薄くしてしまう可能性があるので、流水で加工した石を洗わないでください。


もっとアイデアをプラス!

レーザー加工機ならデザインの可能性は無限です。ことわざ、スローガン、引用文など、お好きなテキストやメッセージを彫刻してみましょう。名前や日付を入れてもっと特別なチャームを加工してもよいでしょう。


ダウンロード

デザインデータ(cdr/pdf) パラメーター

※デザインPDFは、CorelDRAWまたはIllustratorのグラフィックソフトウェアで開いてください。
※JobControlのパラメーターをインポートする際、データベースに同じファイル名が既存している場合は上書きされますのでご注意ください。


トロテックの推奨モデル