レーザー加工機で作った革のワッペン

革のワッペン

「デザイン、断裁、穴あけ」をレーザーで一度に加工

革にレーザー彫刻したワッペンの作り方をご紹介します。レーザー加工機なら革の風合いを活かした濃淡の「デザイン」加工が施せます。さらに「断裁」と「穴あけ」も一度に加工できるので、レーザー加工後すぐに縫製作業に取りかかれます。


材料

  • 本革(端材等)
  • マスキングテープ(材料を固定するため)
  • 針と糸(加工したワッペンを縫い付けるため)

使用機種

  • Speedy 100
  • 40W
  • 2インチレンズ

※微細加工のないデザインをレーザーで材料の表面に均一に彫刻するには、2インチレンズの使用を推奨します。

Speedyシリーズの他の機種でも加工できます。

アクセサリー


ステップバイステップ

ステップ1:デザインのデータ出力

このページ下のデザインデータをダウンロードして、cdrまたはpdfファイルをグラフィックソフト(CorelDRAWまたはIllustrator)で開きます。オリジナルデザインを作成しても良いでしょう。

このサンプルでは、1種類の彫刻パスで2種類の濃淡を革に表現できるようにレリーフモードを使用して加工します。レリーフモードを使うと時間の短縮にもなります。

次にデザインデータをレーザー加工機用データに出力します。デザインを選択し、グラフィックソフトの印刷でプリンター「Trotec Engraver」を選択、環境設定をクリック、出力設定タブを表示して下記を設定します。設定が完了したら最後に印刷を押して、JobControl(ジョブコントロール)レーザーソフトウェアにデータを出力しジョブを作成します。

印刷 > Trotec Engraver > 環境設定 > 出力設定

印刷のデータ出力設定

印刷設定(加工オプション)

加工モード 解像度 カットライン
レリーフモード 500 dpi なし
ハーフトーン調整 その他
カラー 高度なジオメトリ
最初に内部ジオメトリ

ヒント

最適なパラメーターと彫刻の濃淡を見つけるために、グレースケールマトリックスを使ってテスト彫刻してみてください。


ステップ2:革のレーザー加工

材料の革をレーザー加工機にセットします。革が反れないようにマスキングテープなどで加工テーブルに固定してください。写真のように革自体に濃淡や模様がある場合は、均等に彫刻が出るように、加工する位置とデザインに注意にしてください。

次に操作パネルのZ軸ボタンで加工テーブルを上に移動し、フォーカスツールを使って焦点位置を合わせます。

材料セットと位置決め後、JobControl(ジョブコントロール)レーザーソフトウェアをPC画面に表示し、ステップ1でデータ出力したジョブをJobControlのプレート上に配置します。次にJobControlの「材料テンプレート」を開いて、下記のパラメーターを設定します。設定後、レーザー加工をスタートします。

パラメーター設定

カラー 加工の種類 パワー (%) スピード (%) 周波数 (ppi/Hz)
彫刻 CO2 50 50 500
カット CO2 50 1.5 1000
パス(繰返し) エアアシスト Zオフセット アドバンス
1 on - 高品質
1 on - -

※パラメーターは、加工する材料の材質や色、そしてレーザー加工機の機種やレーザー出力(W)によって異なります。仕上がりの良い最適な加工を検出するために、いくつかのパラメーターでテストすることをお薦めします。


ステップ3:クリーニングと縫い付け

カットした革のワッペンを水で軽く濡らした布で拭いて、カスや汚れを取ります。クリーニングしたワッペンを、写真のように針と糸でジーンズやジャケット、帽子などに縫い付けて完成です。

※濡らした布で革を拭く場合は、変色や色落ちをしないか、先ず使用しない部分で試してみましょう。


もっとアイデアをプラス!

レーザー加工機ならデザインの可能性は無限です。ロゴのワッペン、サッカーチームのワッペンなど、オリジナルワッペンが簡単に作れます。写真のように様々なデザインのワッペンをレーザーで作ってみましょう。レーザーで名入りをすれば、さらにバリュープラスしたワッペンに!

レーザー加工機を使えば、「デザイン、断裁、穴あけ」が一度にできるので、加工後すぐにワッペンを縫い付けることができます。つまり、デザインの多様性が広がるだけでなく、作業時間も短縮できす。


ダウンロード

デザインデータ(cdr/pdf)

※デザインデータは、CorelDRAWまたはIllustratorのグラフィックソフトウェアで開いてください。


トロテックの推奨モデル