レーザー彫刻した瑪瑙(めのう)ペンダント

メノウ ペンダント

天然石にレーザー彫刻

天然石の瑪瑙(めのう)にレーザー加工機でデザインを彫刻して、オリジナルのペンダントを作りましょう。


材料

  • 瑪瑙(めのう):平らで、ペンダントヘッドの大きさのもの
  • 革紐(ネックレス用)

※レーザーで瑪瑙に紐を通すための穴あけ加工はできません。完成写真のように、紐をペンダントトップに巻き付けるか、紐を通すパーツを用意して取り付けてください。

使用機種

  • Speedy 360
  • 100W
  • 1.5インチレンズ

※細かいデザインをレーザー彫刻するために、1.5インチのフォーカスレンズを使用しています。
※他のSpeedyシリーズの機種でも加工できます。

アクセサリー


ステップバイステップ

ステップ1:デザインのデータ出力

このサンプルページのデザインデータをダウンロードして、cdrまたはpdfファイルをグラフィックソフト(CorelDRAWまたはIllustrator)で開きます。このサンプルではペンダントトップにデザインを当てはめるために、実物の瑪瑙をスキャンしてレイアウトしました。

次にデザインを選択して、レーザー加工機用データに出力します。グラフィックソフトの印刷でプリンター「Trotec Engraver」を選択し、環境設定をクリック、出力設定タブを表示して下記を設定します。設定が完了したら最後に印刷を押して、JobControl(ジョブコントロール)レーザーソフトウェアにデータを出力し、ジョブファイルを作成します。

印刷 > Trotec Engraver > 環境設定 > 出力設定

印刷のデータ出力設定

印刷設定(加工オプション)

加工モード 解像度 カットライン
標準 1000 dpi なし
ハーフトーン調整 その他
カラー  -

ヒント

細かいデザインを高品質に仕上げるために、彫刻の加工に最も高解像度の1000 dpiで設定しています。


ステップ2:レーザー加工

材料の瑪瑙を加工テーブルの上にセットし、操作パネルのZ軸ボタンで加工テーブルを上へ移動しながら、フォーカスツールを使ってフォーカス(焦点)の位置を合わせます。材料に少し丸みがある場合は彫刻する部分の平均的な値(高さ)に焦点を合わせます。

次にJobControl(ジョブコントロール)レーザーソフトウェアをPC画面に表示し、ステップ1でデータ出力したジョブをJobControl画面のプレート上に配置します。JobControlの「材料テンプレート」を開いて、下記のパラメーターを設定します。

パラメーター設定

カラー 加工の種類 パワー(%) スピード(%) 周波数(ppi/Hz)
彫刻CO2 50 30 1000
パス(繰返し) エアアシスト Zオフセット アドバンス
1 on + 1.5 mm 高品質

ヒント

Zオフセットを+1.5mmに設定するとフォーカス(焦点)が材料から遠くなり、彫刻のコントラストが高くなります。


ステップ3:仕上げ

ペンダントに加工の汚れがある場合は、柔らかい布などで拭き取ってください。完成写真のように、ペンダントトップに紐を巻き付けてください。または、紐を通すパーツやピンをペンダントトップに取り付けてください。これでオリジナル・アクセサリーの完成です。


もっとアイデアをプラス!

イラスト、ロゴ、名前、メッセージ、格言など、お好きなデザインをカスタマイズして、ペンダントトップに彫刻してみましょう。


ダウンロード

デザインデータ パラメーター

※デザインPDFは、CorelDRAWまたはIllustratorのグラフィックソフトウェアで開いてください。

※JobControlのパラメーターをインポートする際、データベースに同じファイル名が既存している場合は上書きされますのでご注意ください。


トロテックの推奨モデル