christmas boot laser cut from felt

クリスマスブーツ

ステップバイステップガイド

クリスマスシーズンを彩るアイデアはたくさんあります。

例えば、レザー(皮革)とフェルトをレーザーカットして縫い合わせたクリスマスブーツはいかがですか。ブーツの中にいっぱいのお菓子を詰めれば、子供たちはきっと喜んでくれるでしょう。


材料

  • 赤色のフェルト:厚さ約4mm
  • 白のアルカンターラレザー(皮革)
  • 緑色のウール糸:厚さ約2mm

※フェルトは、レーザー加工に適しているポリエステル100%の使用を推奨します。

使用機種


ステップバイステップ

ステップ1:

このページの下にあるPDFのデザインデータをグラフィックソフトウェア(CorelDRAWまたはIllustrator)で開きます。"クリスマスブーツ"のデザインを選択して、レーザー加工機用データに出力します。

グラフィックソフトの印刷でプリンター「Trotec Engraver」を選択し、環境設定をクリック、出力設定タブを表示して下記を設定します。

印刷 > Trotec Engraver >環境設定 > 出力設定

彫刻(黒) - 出力:20%、速度:50%、解像度:500 ppi
カット(赤) - 出力:65%、速度:3%、解像度:1000 Hz

ブーツは、フェルトとレザーの2種類の異なる材料を使います。まずは赤のブーツを彫刻とカットして作ります。

※パラメーターは、加工する材料の材質・色、そしてレーザー加工機の機種やレーザー出力(W)によって異なります。仕上がりの良い最適な加工を検出するために、様々なパラメーターテストをお薦めします。


ステップ2:

次に、レザーをレーザーカットします。レザー部分のデザインを選んで、レーザー加工機用データに出力します。

グラフィックソフトの印刷でプリンター「Trotec Engraver」を選択し、環境設定をクリック、出力設定タブを表示して下記を設定します。

印刷 > Trotec Engraver >環境設定 > 出力設定

カット(赤) - 出力:65%、速度:3%、解像度:1000 Hz

※パラメーターは、加工する材料の材質・色、そしてレーザー加工機の機種やレーザー出力(W)によって異なります。仕上がりの良い最適な加工を検出するために、様々なパラメーターテストをお薦めします。


ステップ3

カットしたパーツをウールの糸で縫い合わせて完成です。