アクリルのコーヒーキャディー(上部)

アクリルのコーヒーキャディー

数枚のアクリル板を重ねて、スタイリッシュなコーヒーキャディーをレーザー加工機で作ってみませんか。
手作りのキャディーで毎日のコーヒータイムを素敵なひとときに。


材料

  • ブラック系のアクリル板(キャスト材):
    606 x 606mm、厚さ3mm 
  • 透明アクリル板(キャスト材):
    606 x 606mm、厚さ10mm 
  • 透明アクリル板(キャスト材):
    厚さ3mm(カップホルダーと底部分のパーツ用)
  • ライトイエローのフロスト加工(サンドブラスト加工)アクリル板(キャスト材):
    厚さ3mm(Coffee Barの文字用)
  • 加工テーブルをカバーする物(例:紙)
    ※加工テーブルの吸引力が高くなります。
  • アクリル用接着剤、または両面テープ

このサンプルのアクリル板は、トロテックの商材「TroGlassシリーズ」を使用していますが、日本では商材を販売していません。トロテックの商材について詳しくは下記をご覧ください。
Trotec Materials(英語)

使用機種

  • Speedy 400
  • 120W
  • 2.0と2.5インチレンズ

※アクリルのカット加工には、2.0インチレンズの使用を推奨します。
※他のSpeedyシリーズSPシリーズの機種でも加工できますが、10mm厚のアクリルをカットするには、100W以上のレーザー出力が必要です。

アクセサリー

加工テーブル:アクリル カッティング グリッド、またはアクリル カッティング ブレード


ステップバイステップ

ステップ1:カット幅の調整

レーザーカットでは、材料の気化とレーザー光の直径によってレーザー光自体のカット幅が発生します。つまりレーザーカットしたラインを基点から測ると、基点⇔内側のカットラインと基点⇔外側のカットラインまでの長さには違いが生じます。このレーザー光によってできるカット幅をカーフと言います。デザインを作図する際は、挿入パーツがぴったりフィットするようにカーフを計算してデザインしなければなりません。

コーレルドローの「等高線」(Contour)機能を使うとカーフを計算して作図できます。実際に必要なサイズにカットできるので、挿入するパーツがはめ込む箇所にフィットします。このサンプルではカーフを0.21mmに設定し、緑のカットライン全てが予め計算されたカーフ(カット幅)に適用するようになっています。

コーレルドロー「等高線」のコマンド

ウィンドウ > ドッキング ウィンドウ > 効果 > 等高線 


ステップ2:デザインのデータ出力

このページ下のデザインファイル(pdf)をダウンロードして、グラフィックソフト(CorelDRAWまたはIllustrator)で開きます。

次に加工する材料やパーツ別にデザインデータを印刷出力して、レーザー加工機用データのジョブを作成します。グラフィックソフトで材料やパーツ毎にデザインを選び、印刷でプリンター「Trotec Engraver」を選択、環境設定をクリック、出力設定タブを表示して下記を設定します。設定が完了したら最後に印刷を押して、JobControl(ジョブコントロール)レーザーソフトウェアにデータを出力しジョブを作成します。

印刷 > Trotec Engraver > 環境設定 > 出力設定

印刷のデータ出力設定

印刷設定(加工オプション)
加工モード 解像度 カットライン
標準 500 dpi なし
ハーフトーン調整 その他
カラー 高度なジオメトリ
最初に内部ジオメトリ

ステップ3:レーザー加工

各アクリル板をレーザー加工していきます。加工するアクリル板を加工テーブルにセットします。加工テーブル上の空きスペースを紙などで覆うと、加工テーブルの吸引力が強くなり加工品質をアップすることができます。

フォーカスレンズについて、3mm厚のアクリル板には2インチレンズ、10mm厚には2.5インチレンズを使用します。下から上に向かって加工していくと最適な仕上りになります。

JobControl(ジョブコントロール)レーザーソフトウェアをPCモニターに表示し、ステップ2でデータ出力したジョブリストから加工する材料のジョブをJobControlのプレート上に配置します。次にJobControlの「材料テンプレート」を開いて、下記のパラメーターを設定します。パラメーターの設定後、材料のアクリル板を加工テーブルにセットし、レーザー加工を行います。

パラメーター設定

材料 カラー 加工の種類 パワー (%) スピード (%)
黒いアクリル:3mm 彫刻 CO2 12 20
黒いアクリル/ライトイエローのフロストアクリル:3mm 赤、緑 カット CO2 40 0.2
透明のアクリル:3mm 赤、緑 カット CO2 30 0.2
透明のアクリル:10mm 赤、緑 カット CO2 90 0.1
周波数 (ppi/Hz) パス(繰返し) エアアシスト Zオフセット アドバンス
500 1 on - -
5000 1 on - -
20000 1 on - -
20000 1 on -3 mm -

ヒント

1)このサンプルは、JobControlソフトウェアの標準パラメーター値を使用しています。標準的な材料のパラメーターデータは、下記のウェブサイトからダウンロードできます。

レーザーパラメーター(トロテックの加工商材用)

2)下から上へ加工するように設定すると、特に彫刻加工などは、塵やカスがよく吸引されるので仕上げのクリーニング作業が簡単です。

【設定方法】JobControl画面のメニューバーから「テンプレート」→「テンプレートの設定」の「開始位置」で「bottom」を選択します。

3)パラメーターは、加工する材料の材質や色、そしてレーザー加工機の機種やレーザー出力(W)によって異なります。仕上がりの良い最適な加工を検出するために、いくつかのパラメーターでテストすることをお薦めします。


ステップ4:組み立て

カットした各パーツを接着剤で組み立てます。組み立てる前に、必要であれば、水で湿らせた布やマイルドな洗浄力の洗剤を使って、カットしたアクリルパーツをきれいにしてください。文字とカップホルダーのパーツをベースの板に取り付けます。ネジ等でコーヒーバーのキャディーを壁に取り付けて完成です。カットした穴にコーヒーカプセルを入れてディスプレイしましょう。


ダウンロード

デザインデータ(PDF)

※デザインデータは、CorelDRAWまたはIllustratorのグラフィックソフトウェアで開いてください。


トロテックの推奨モデル