Trotecレーザー装置の寿命はどのくらいですか?

お使いのTrotecレーザーはその高品位の技量によって長寿命を実現するように設計されています。一般的に、システムは10年間使えると考えられます。レーザー装置の寿命を最長にするために、弊社では技術サポートを通じてレーザー装置の最適な取り扱いやシステムのメンテナンスについてのトレーニングを提供しています。また次節には、お使いのレーザー装置の可能な限り最長の耐用年数を保証するために実行すべきことについて多くのヒントが記載されています。


これによって、Trotecレーザー装置の寿命を最適化することができます。

レーザーを設置するための最適な場所の選択

動作環境はシステムにとって特に重要です。システムに最適なのは、通常の湿度(相対湿度40~70%)で温度約20~25℃です。動作中に高温と低温の間で温度が変動したり直射日光が当たると、動作、最終的には寿命に悪影響を及ぼします。レーザー出力が大きいほど、レーザーの廃熱が多くなります。このため、指定された温度を維持し、適切な換気を行うことが重要です。レーザーシステムと壁との間に距離を取ることは、レーザー光源に十分な循環空気を供給するために不可欠です。寒い季節には、15℃以下の室温でレーザーを運転しないことが非常に重要です。また、レーザーが室温に達するまでにある程度の時間が必要なことにも留意してください。すなわち、フル運転を再開する前に、レーザー源が動作温度に達するまでスタンバイモードで待機しなくてはいけません。

レーザーの理想的な周囲条件に関する詳細情報は、以下に記載されていますドキュメント「レーザーでの低温および高温」

レーザーの定期的な清掃

円滑な運転のために、レーザーの定期的な清掃を強くお勧めします。堆積物によって火炎が形成されたり、レーザー内の材料の残留物がエアダクトを塞ぐ可能性があるためです。以下の部品は、主に堆積物と材料の残留物についてチェックする必要があります

  • 光学部品レンズとミラー
  • ノズル
  • 作業領域と加工領域

レーザーの清掃に関する詳細は、取扱説明書または本ドキュメントに記載されています。
Trotecレーザー装置の清掃と埃の除去

レーザーに適した材料のみを使用します

すべての材料がレーザー装置による加工に適しているわけではありません。一部の材料はレーザーの部品を損傷させたり、オペレータの健康に影響を与えることさえあります。このドキュメントでは、不適切な素材のリストをまとめています。
レーザー加工に適さない材料

排気システムの使用

InPack技術によって、Trotecのレーザー装置はモーターや電子部品を埃や煙から保護するように設計されています。但し、使用する材料によっては、レーザー加工中に煙や埃が発生することがあります。煙や埃をレーザーの加工領域から除去して、機械の汚濁を避ける必要があります。これには、煙や汚れを除去するためのAtmos排気システムをお勧めします。フィルターインサートの交換が必要になると、ディスプレイ上に信号または警告で通知されます。当社の排気システムについての詳細をご覧ください。

さらに、Trotecはコンプレッサまたは外部の圧縮空気から作業面に供給されるAir Assist循環用ノズルを提供しています。ノズルはエアフラッシュの考え方の一部であり、レンズとミラーを汚濁から保護します。購入前に、排気システム、圧縮空気ノズルおよびパッケージの提供について当社がアドバイスさせていただきます。

火炎形成の防止

レーザーカットを行う際に、発火しやすい材料(アクリルなど)があります。加工中に火炎が発生しないように、吸引、Air Assistおよびレーザーパラメータを調整することをお勧めします。また、特別な作業台(アクリルカッティンググリッドまたはアクリルスラット)の使用は、火炎形成を防ぐのに有効です。融けた、または汚れたアクリル製作業台は必ず適時に交換してください。

同様に、台に落下した加工時の残留物があると発火する恐れがあるため、加工スペースを定期的に清掃することが重要です。

定期メンテナンス

Trotecはレーザーの耐用年数を最適化するために様々なサービス契約またはメンテナンスオプションを提供しています。弊社の正規サービス技術者がシステムをチェックおよびセットアップし、取り扱いのヒントをユーザーに提供します。必要に応じて、当社がレンズなどの摩耗部品を交換およびメンテナンスします。サービス契約の詳細は以下にあります
Trotecのレーザー装置のサービス契約と保証の拡大


どのレーザー部品が磨耗したり亀裂が入りやすいですか?

光学部品

レンズやミラーなどの光学部品には通常の摩耗や亀裂が生じます。これは動作状態によって大きく左右されます。このことは、1日あたりのレーザーの使用時間、使用するレーザー出力および加工される材料が、光学部品の摩耗に直接影響することを意味します。また、粉塵発生や火炎形成が大きい用途では、Air Assistを正しく使用することが光学部品に大きな影響を及ぼします。汚れた不適切に洗浄されたレーザーのレンズは、時間経過とともにますます不透過性が高まります。これによって熱損失が増大し、事前に交換しない場合、最終的にはレンズが損傷する可能性があります。光学部品を定期的に点検して清掃することによって、早期の故障を防ぐことができます。

レーザー光源

レーザー光源はレーザーシステムの心臓部としてレーザービームを発生させる役割を果たします。Trotecは主にセラミック内部(Ceramicore®)を使用したCO2レーザー光源を使用しています。この特徴はガス充填の耐用年数が特に長いことです。レーザー光源の耐用年数はいくつかの要因によって左右されますが、最も重要なのは周囲条件と動作モードです。例えば、高い動作能力で短時間レーザーを作動させることは、中程度の能力で連続的に作動させることよりも、レーザー光源に負担をかけます。

お使いのレーザー光源の耐用年数に関する詳細情報とヒントは、以下のドキュメントに記載されています'
最大の CO2 レーザー管 耐用年数 達成する 方法

周囲条件

上記で説明したレーザーシステムに適用される項目は、レーザー光源にも適用されます。動作温度が高すぎる、または低すぎる場合、耐用年数が著しく短くなる可能性があります(上記参照)。


技術サポートへの問い合わせ

レーザー装置の耐用年数またはメンテナンスについて質問がありますか?当社の技術サポートが喜んで支援いたします。

技術サポート

トロテックの違いは、実際のレーザーで体感できます! デモをリクエストする
デモをリクエストする