オートフォーカス機能

オートフォーカス機能が作動しない

Request a demo

オートフォーカス機能によって、セッティングした材料がセンサーのあるライトバリアを通過するまで、加工テーブルは自動的に上昇することができます。もしこのオートフォーカス機能が作動せず、加工テーブルが上下に全く動かくなった場合、次の方法で対応してください。


加工テーブルが停止しない

オートフォーカス機能では、セッティングした材料がセンサーのあるライトバリアを通過すると、上昇中の加工テーブルが下降して停止します。加工テーブルが下降する代わりに上昇する場合は、次の原因と解決法で対応してください。

  • ライトバリアの筐体内センサーが汚れている可能性があります。

  • クリーニングしてもセンサーが故障している場合は、テクニカルサポートにご連絡ください。


加工テーブルが全く動かない

オートフォーカス機能がオンの状態で、加工テーブルが全く動かない場合、ライトバリアはブロックされている可能性があります。その場合は次の原因が推測されます。

  • ライトバリアで材料が感知されている。必要であれば加工テーブルを下げて、材料の位置を確認してください。

  • レーザーヘッドのエアアシストノズルがライトバリアにある。エアアシストの位置(特にSpeedy100の場合)を確認し、エアアシストノズルを正しく使っているかチェックしてください。もし長いエアアシストノズルを使っている場合は、フォーカスツールを使って、手動で位置決めを調整してください。


まだ問題が解決しない場合は・・・

トロテックのテクニカルサポートまでお問い合わせください。それまでは、オートフォーカス機能が作動しない場合は、フォーカスツールを使って手動で位置決め設定をしてください。

テクニカルサポート

【お電話】

[関東エリア] Tel:042-313-0740(テクニカルセンター)
[関西エリア] Tel:06-6180-2200

※受付時間:平日9:00~18:00(土日祝日および当社休業日を除く)

※お問い合わせの際は、お客様名、機種名、シリアル番号をお伝えください。