木材

レーザーカット、レーザー彫刻

レーザー彫刻を施した竹製のスマートフォンカバー

レーザー彫刻に適した木材の種類

レーザーは、木材の風合いや特徴を活かした加工ができます。

木の風合いや温かみを活かした木製品。微細な彫刻と滑らかな切断面は、木製品のクオリティや製品価値を大きく左右します。トロテックのレーザー加工機は、彫刻刀では難しい細かいデザインもきれいに彫刻できます。また、刃物を使った工具よりも美しく切断できます。彫刻やカットの異なる作業もマシン1台で可能なので、加工工程によって工具や道具を交換する必要はありません。さらに合板、ベニヤ板、MDF、バルサ材など、幅広い種類の木材を加工できます。しかも、加工速度は速くて、操作は簡単。したがって、彫刻やカットを施す木製品の制作には、レーザー加工機が最適です。

レーザー加工に適した木材の種類

  • MDF
  • 合板
  • ハンノキ木材
  • バルサ材
  • ブナ木材
  • シーダー材
  • ファインウッド
  • ベニヤ
  • コルク

サンプル


アプリケーション例

木材加工において、レーザーの万能性は大いに役立ってくれるでしょう。デザイン産業においては、レーザー加工による暗色の切断面や茶系または白系の色合いの彫刻は非常に優れたデザイン要素だと見なされています。多岐にわたる産業において新しい製品のデザインに用いることが可能となっています。

  • アートおよびクラフト
  • おもちゃ
  • 家具製造
  • インテリアデザイン
  • ショップの取り付け品
  • 文房具
  • 装飾
  • ギフト
  • クリスマスデコレーション
  • 建築モデル
  • 象眼
laser engraved wooden photo

木材の加工にレーザー加工機が使われる理由

個性と正確な加工によって得られる付加価値: 各作品をユニークに仕上げ、ロゴや名前、イメージを彫刻しましょう。精密なレーザーカットなら、0.1mmの精度で非常に細かい模様や形状を持つカスタムパーツの作成が可能です。非接触型の加工は時間節約になるだけでなく、非常に薄い材料の加工も可能にしてくれます。

レーザー技術の特長と機能

生産性の高い加工技術

  • 高速、高精度のカットと彫刻ができます。しかもカット面は滑らかで、彫刻は細かい装飾や濃淡を表現できます。
  • フライスカッターと違って、数秒で彫刻ができます。
  • デザインのバリエーションは無限!グラフィックソフト(CorelDRAW、Illustrator、CADなど)で作成したデザインデータをレーザー加工できます。
  • 時間のかかる後処理のクリーニングは不要です。

Trotecのメリット!

  • トロテックのSpeedyシリーズは、最高加工速度3.55m/秒と加速度5G、市場で最速のレーザー加工機です。

非接触加工で、作業時間を短縮

  • フライスカッターと異なり、レーザー加工は材料を器具で固定する必要がないので、準備が簡単で作業時間を短縮できます。
  • 材料の歪みを防止します。

Trotecのメリット!

  • トロテックは、全てのレーザー加工に最適なスペックを提供するために、豊富な種類の加工テーブルをラインナップしています。

デジタル製作をシンプルに

  • CorelDrawやイラストレーターなどのグラフィックソフトウェアでデザインを製作し、印刷設定でレーザー加工機にデータを送信できます。
  • フライスカッターと違って時間のかかるプログラミングが不要

Trotecのメリット!

  • トロテックのJobControl(ジョブコントロール)®レーザーソフトウェアは、直感的に効率良く操作できます。

卓越したツール

  • 「カット」「彫刻」「マーキング」が1台のレーザー加工機で可能です。
  • 従来の刃物を使用した彫刻機や切削器具とは異なり、レーザービームは、加工部品が材料と直接接触することがないので、材料に圧力や摩擦による抵抗がかかりません。
  • フライスカッターとは異なり、加工素材に合わせて新しい部品の交換が不要です。

Trotecのメリット!

  • トロテックのレーザー加工機は、高品質の光学部品を採用し、安定したレーザービームを生成しています。

少量の削りくず

  • 木材の接触面はレーザーによって瞬時に蒸発するため、他の技術と違って削りくずはごく僅かです。

Trotecのメリット!

  • トロテックは、レーザー加工機専用のAtmos(アトモス)集塵脱臭装置を提供しています。Atmos集塵脱臭装置の使用によって、発生した粉塵とガスを吸引し、臭いも除去します。

トロテックユーザー ~ お客様の声 ~

播州そろばんの老舗メーカー ~「名入れ」と「知育木具」に、Speedy 300(80W)とSpeedy 100 (30W)を活用~

「元々そろばんには『名入れ』が付きもの。当時は職人が下書きなしで直接そろばんに手彫りしていましたが、徐々にそれができる職人が減ってきた。それを見て、いずれ名入れにレーザーが必要になる時代が来ると考えたんです。

ただの木でも、レーザーがあれば名入れができ、付加価値を付けることができる。お客の望みを実現する機械。少量注文にも対応でき、すぐに納品できるのが強み。

Speedy(スピーディ)100は8年以上使っているが、ほとんど故障していないし、レーザー出力も変わらない」

株式会社ダイイチ 前代表取締役社長 宮永 英孝(兵庫県小野市)

「ちょっとした工夫があるので、便利に使える。例えば、テーブル内がライトアップされて見やすい、レンズカバーごと外せるので表裏を間違えない、フロントカバーが開くので掃除がしやすい、蓋が勝手に閉まらないので作業しやすいなど。ソフト(JobControl)もバージョンアップするごとにこれまで苦労していた部分が改善されるのが嬉しい」

株式会社ダイイチ レーザー加工ご担当者(兵庫県小野市)

ものづくり・ワーキングスペース~Speedy 100で数多くの木製品を製作~

「非常に使いやすい操作性でありながら、その質の良さとスピードは感動もの。お客様からもその面において大変満足頂いています。また、外観もスタイリッシュで、お客様が目に触れる環境下でビジネスをやっている我々にとって、トロテックのマシンはベストな選択でした」

Laser cutter Gallery+Cafe 「Wark (ワーク)」
Wark代表 今村 誠二(東京都八王子市)

トロテックの推奨製品

木材をレーザー加工するヒント

レーザー加工で、木材は燃えますか?

はい。加工中、木材はレーザービームで燃焼しています。木材が燃焼することによって、濃淡を表現した彫刻や焦げ目を活かしたアウトライン・カットができます。トロテックのレーザー加工機なら、正しい光学レンズの選択と正確な焦点位置、適切なパラメーターの設定、そしてエアアシスト機能の活用で、木目や木の風合いを活かしたクオリティの高い美しい仕上がりの木製品が作れます。

木材のレーザー加工で注意する点は?

木材は天然素材のため、レーザー加工するには木材の密度や樹脂の含有量など、木材の材質や特徴を考慮してパラメーターを設定しなければなりません。例えばバルサ材のような軟材は、低いレーザー出力でスピーディに切断(カット)できます。一方、黒檀(コクタン)のような密度の高い硬材のカットには、強いレーザー出力が必要になります。また、木材の加工では木ヤニや削りカスがでるため、トロテック・レーザー加工機のエアアシスト機能をオンにして、圧縮空気を加工面へ吹きつけてください。このエアアシストによって、粉塵の付着を抑えることができ、レーザー加工の処理や仕上りが良くなり、さらにレンズの損傷も防ぐことができます。

木材に彫刻をすると必ず濃くなってしまいますか?

木材のレーザー彫刻では、焦げによって茶色に仕上がるのが一般的ですが、ニスを塗った木材をレーザー加工すると、ニスにレーザーが反応して白い彫刻も可能です。その場合、低いレーザー出力、速いスピードで加工します。

また、トロテックのレーザーソフトウェア、JobControl(ジョブコントロール)の機能の一つ、「レリーフモード」を使うと彫刻の濃淡を表現することができます。詳しくは下記ページをご覧ください。

木材に濃い彫刻をするには?

JobControl(ジョブコントロール)ソフトウェアの「材料テンプレート」で、Zオフセットを約0.5mm ~2mmプラスに変更することでレーザーのビームスポットが大きくなり、より濃い茶色に加工できます。ただし、このZオフセットの調整によって、深く彫刻することはできません。

加工エリアで煙が出ています。どうすればよいでしょうか?

木材はレーザービームで燃焼するため煙が発生します。木材の煙は、Atmos集塵脱臭装置で吸引してください。Atmos集塵脱臭装置は煙だけでなく、木ヤニや粉塵も吸引するので、効果的なカットと彫刻の加工処理が実行できます。その結果、仕上りの品質も良くなり、レーザー加工機本体の耐用年数も延ばすことができます。