木材

レーザーカット、レーザー彫刻

彫刻を施した竹製フォンカバー

レーザー彫刻に適した木材の種類

レーザーは、木材の風合いや特徴を活かした加工ができます。

木の風合いや温かみを活かした木製品。微細な彫刻と滑らかな切断面は、木製品のクオリティや製品価値を大きく左右します。トロテックのレーザー加工機は、彫刻刀では難しい細かいデザインもきれいに彫刻できます。また、刃物を使った工具よりも美しく切断できます。彫刻やカットの異なる作業もマシン1台で可能なので、加工工程によって工具や道具を交換する必要はありません。さらに合板、ベニヤ板、MDF、バルサ材など、幅広い種類の木材を加工できます。しかも、加工速度は速くて、操作は簡単。したがって、彫刻やカットを施す木製品の制作には、レーザー加工機が最適です。

レーザー加工に適した木材の種類

  • MDF
  • 合板
  • ハンノキ木材
  • バルサ材
  • ブナ木材
  • シーダー材
  • ファインウッド
  • 天然木
  • 一枚板
  • 硬材
  • ベニヤ
  • コルク

サンプル


アプリケーション例

木材加工において、レーザーの万能性は大いに役立ってくれるでしょう。デザイン産業においては、レーザー加工による暗色の切断面や茶系または白系の色合いの彫刻は非常に優れたデザイン要素だと見なされています。多岐にわたる産業において新しい製品のデザインに用いることが可能となっています。

  • アートおよびクラフト
  • おもちゃ
  • 家具製造
  • インテリアデザイン
  • ショップの取り付け品
  • 文房具
  • 装飾
  • ギフト
  • クリスマスデコレーション
  • 建築モデル
  • 象眼
engraving marking wood picture plane

木材の加工にレーザー加工機が使われる理由

個性と正確な加工によって得られる付加価値: 各作品をユニークに仕上げ、ロゴや名前、イメージを彫刻しましょう。精密なレーザーカットなら、0.1mmの精度で非常に細かい模様や形状を持つカスタムパーツの作成が可能です。非接触型の加工は時間節約になるだけでなく、非常に薄い材料の加工も可能にしてくれます。

レーザー技術の特長と機能

個性的でありながら、生産性効率のよい彫刻

  • 美しい装飾と濃淡のある彫刻
  • 時間のかかるクリーニングは不要
  • フライスカッターと違って、数秒で彫刻ができます。

Trotecのメリット!

  • Speedyシリーズ:最高彫刻速度3.55m/秒と加速度5G、市場で最速のレーザー彫刻機。

接触なしの加工

  • フライスカッターと違って時間のかかる材料固定が不要
  • 材料の歪みを防止

Trotecのメリット!

  • トロテックは、全てのレーザー加工に最適なスペックを提供するために、豊富な種類の加工テーブルをラインナップしています。

デジタル製作をシンプルに

  • CorelDrawやイラストレーターなどのグラフィックソフトウェアでデザインを製作し、印刷設定でレーザー加工機にデータを送信できます。
  • フライスカッターと違って時間のかかるプログラミングが不要

Trotecのメリット!

  • トロテックのJobControl(ジョブコントロール)®レーザーソフトウェアは、直感的に効率良く操作できます。

卓越したツール

  • 精密なデザインや形状もカット可能

Trotecのメリット!

  • 高品質の光学部品とビーム

ツールの摩耗なし

  • レーザービームは材料加工による摩耗無し
  • フライスカッターと違って新しい部品交換によるコスト無し

Trotecのメリット!

  • CeramiCoreレーザー光源による特に長い耐用年数

削りくず無し

  • 木材の接触面はレーザーによって瞬時に蒸発するため、他の技術と違って削りくずはごく僅かです。

Trotecのメリット!

  • トロテックは、レーザー加工機専用の集塵脱臭装置を提供しています。集塵脱臭装置の使用によって、発生した粉塵とガスを吸引し、臭いも除去します。
"非常に使いやすい操作性でありながら、その質の良さとスピードは感動もの。お客様からもその面において大変満足頂いています。また、外観もスタイリッシュで、お客様が目に触れる環境下でビジネスをやっている我々にとって、トロテックのマシンはベストな選択でした。"
- 数多くの木製品を手掛けている Wark代表 今村 誠二(いまむら せいじ) - Laser cutter Gallery+Cafe 「Wark (ワーク)」 - 東京都八王子市 -

トロテック製品の推薦

木材をレーザーカットするためのコツ

レーザーカットの間、木材は燃えますか?

はい。木材のレーザー加工は昇華プロセスですが、これは悪いことではなく、実際は望ましいことが非常に多いです。正確な焦点調節、適切なパラメータの選択、ふさわしい光学機器の使用、圧縮空気の供給により、最高品質の切断と彫刻ができるようになります。

どんな種類の木材もレーザーで処理できるのですか?

木材は天然素材であることから、レーザーの使用者は、処理を行ううえで、木材の密度や樹脂含有量といった数多くのパラメータを考慮しなければいけません。バルサ材といった軟材の場合、必要なレーザー出力は小さくて済むので、より素早く切断できます。一方、密度が高い木材である硬材の場合、より大きなレーザー出力が必要です。接着された木質繊維からできているMDFの場合、トロテックでは圧縮空気の使用を推奨しています。

レーザー彫刻をすると、常に黒くなってしまうのでしょうか?

茶色がかった色のレーザー彫刻がよく知られています。ニスを塗った木材を処理する場合、適切なレーザー設定を行えば、白い彫刻を完成させることもできます。当社では、ここでは非常に低電力の高速で彫刻することを推奨しています。

どうすれば特に黒い彫刻を完成できますか?

約0.5mm ~2mmほどレーザー光線の焦点をずらすと、レーザースポットが大きくなり、これによって出力密度が低減されます。この光線を使用すると、特に黒いレーザー彫刻が完成されます。細かい部分はなくなる可能性があります。この方法を試してみてください!

処理エリアに煙が出ています。どうすべきでしょうか?

木材のレーザー加工処理は昇華プロセスですので、固体物質は燃焼を通じて直接、気体状態に変わることになります。