フェルトをレーザー加工で製作したイースターデコレーション

布地

レーザーカット、レーザー彫刻

レーザー加工機で、ほつれのない美しいカット、 そしてプリントのようなデザインを!

レーザー加工機は、布地の裁断に最適です。ハサミや電動カッターでは手間と時間のかかる複雑で緻密なデザインや模様でも、簡単にきれいで美しいカットができます。

また、レーザーの熱により繊維が溶着し、切断面のほころびを防ぐので、カット後にほつれの始末が要りません。特にポリエステルやナイロンを含んだ合成繊維はレーザーと好反応です。

さらにカットだけでなく、文字や模様などの彫刻やマーキングもプリントのように布地に加工することができます。シンプルな無地のクッションカバー(右サンプル写真)もオリジナルアイテムに早変わりできます。

しかもトロテックのレーザー加工機なら高精度で、とってもスピーディです。時間とコストをかけずに効率よく、品質やデザインにこだわった縫製やアパレル製作に専念できます。

布地とレーザーの特徴

レーザー加工機は、ハサミや裁断機のように刃で布をカットするのではなく、レーザーの熱が布地に照射して繊維が溶着するので、カット後にほつれ始末が必要ありません。

特にレーザーは、ポリエステルやナイロンを含んだ合成繊維や化学繊維との相性が良く、手作業では難しい繊細なデザインでも美しくきれいなカット面に仕上がります。一方で、綿やリネン、シルクのような天然素材の布地をレーザーでカットすると、生地のほつれが出たり、木材のカットと同様に切断面が茶色に変色することがあります。その場合は、レンズ、パラメーター、エアアシストなどを適切に調整することで、ほつれや変色を少なくすることができます。

逆にレーザーではこのような変色反応を活かして、クッションやTシャツのファブリック製品に文字や模様を彫刻することができます。布地へのレーザー彫刻はプリントのように仕上がります。この加工には濃い色の布地を使うと、デザインの濃淡がくっきりと明確に表現できます。


サンプル


加工サンプル

下記サンプルの「作り方」をご紹介しています。デザインデータやパラメーターもダウンロードできます。テキストをクリックして加工サンプルページをご覧ください。



シルクのレーザーカット

レーザー加工に適した布地の種類

  • 綿
  • 合成繊維
  • フェルト
  • フリース
  • レース
  • ポリエステル
  • ナイロン
  • ネオプレン
  • ジーンズ
  • 工業用布
  • 不織布
  • 皮革

新しく開発された化学繊維など、布地の成分によって加工に適さない素材があります。そこでトロテックではトロテックのレーザー加工機を使用した材料の加工テストを受け付けています。加工テストについては、お電話がメールでお問い合わせください。

・Tel: 03-4578-2782
※受付時間:平日9:00~18:00(土日祝日および当社休業日を除く)

・メール: 材料の加工テスト
※上記ページから必要事項をご記入の上、送信してください。

アプリケーション例

  • 縫製・織物・繊維工業の製品
  • ファッション・インテリア
  • アパレル・服飾
  • はっぴ・フラッグ・のぼり・のれん
  • シューズ・小物雑貨
  • 革ベルト、革財布
  • 販促品・ノベルティ
  • アートクラフト
  • 自動車のシートや内装パーツ
加工の種類

カット(裁断)、彫刻、切込み、穴あけ

推奨レーザータイプ

CO2レーザー(カット、彫刻)

カタログダウンロード

テキスタイル加工に最適なレーザーシステム(PDF 500KB)

布地をレーザー加工するメリット

①ほつれのない、美しい断面

レーザーの熱が布地に照射して繊維が溶着するので、ほころびや縫い目がなく、カット後にほつれの始末や折り返し縫いの作業が必要ありません。製造工程が少なく済み、納期の短縮や生産性の向上にもつながります。

②細かいデザインも正確にカット

トロテックのレーザー加工機は、位置決め精度±0.1mm、繰り返し精度±15μm。だから細かくて緻密なデザインも正確にカットできます。レーザー光がデザインデータを精密に再現するので、ハサミやヒートカッターなど道具を使った手作業とは異なり、作業ミスによる工程不良を削減することもできます。

さらにトロテックでは、吸引力によって材料を固定できるバキュームテーブルを用意しています。この加工テーブルにより、薄い生地を水平に固定することができます。生地を水平に固定することで、表面全体に正しいフォーカスが得られ、結果的にクオリティの高いレーザー加工が実現できます。

➂非接触加工で、作業時間を短縮

レーザー加工は、裁断時に布地をきつく固定したり、引っ張る必要はありません。ハサミやカッティングマシンと異なり、刃を使用しない非接触加工なので、布地が傷ついたり破れたりしません。レーザー加工機は、基本的に材料を加工テーブルに置くだけなので、後処理だけでなく、加工前の準備時間も短縮できます。

④1台3役の高機能・高精度・長寿命マシン

レーザー加工機は、1台で「カット、彫刻、マーキング」の3つの加工ができます。しかも1度のプロセスでこの3つの処理を行えます。布地のカットだけでなく、プリントのような名入れ加工や模様加工、そしてアクリル素材を使ったボタン製作もできます。

またレーザー加工機は、ほとんどの形状や素材に1台で対応できる「ユニバーサルツール」です。したがって、異なる形状や材料のために数多くのツールを取り揃える費用を節約できます。

さらにトロテックは、機器本体の設計を追求し、品質にこだわった光学部品や駆動系部品を採用することで、耐用年数の長いマシンを実用化しています。1台3役、高機能・高精度・長寿命マシンのレーザー加工機なら、新しい仕様や用途にもチャレンジでき、新製品の開発や新規ビジネスへの拡大にもつながります。

⑤安定した精度で、高品質な加工

トロテックのレーザー加工機には、イラディオン社と共同開発したセラミック製のレーザー発振器「CeramiCore(セラミコア)」を搭載しています。このCeramiCoreレーザー発振器は、ガス漏れを防ぎ、高い耐久性と安定した加工を可能にしました。CeramiCoreテクノロジーで生成されたレーザー光は、極細で摩耗がなく、正確に材料を加工できます。安定した精度で高品質な製品を仕上げることができるので、不良品や再生産による費用の発生を防ぐごとができます。

⑥シンプルな作業フロー

レーザー加工を開始するまでの主な作業フローは、1)デザイン→ 2)印刷(データ出力)とパタメーター設定→ 3)レーザー加工(材料の設置と位置決めを含む)の3ステップです。第2ステップの「印刷(データ出力)とパタメーター設定」では、トロテックが独自に開発したレーザー加工機専用の出力ドライバーソフトウェア JobControl(ジョブコントロール)を使用します。

このJobControlによって、グラフィックソフト(CorelDRAW、Illustrator、CAD*など)でデザインしたデータを、レーザー加工機用のジョブとして簡単に出力できます。また、JobControlの「写真最適化」機能を活用すれば、友人、家族、ペットの写真をクッションカバーに彫刻できます。JobControlは、レーザーユーザーの視点から便利な機能を多彩にプログラミングされたソフトウェアなので、高機能で効率の良いレーザー加工がシンプルに行えます。

* CADソフトウェアによって対応していない場合もあります。詳しくはトロテックにお問い合わせください。

トロテック・ユーザー~お客様の声~

ファッション・テキスタイル系のシェアファクトリー「nuuiee(ヌーイー)」
~東京・墨田区の老舗縫製工場がレーザー加工機を導入してオープンしたファブ施設~

「レーザー加工機は糸偏関係のモノづくりに一番遠い機械と思って導入したら、実際、一番利用者が多く、圧倒的に稼働しているのがレーザー加工機です。

この施設は一般の利用者向けに開放していますが、本業のB to B営業のきっかけにも活用したいと思っています。例えば、本業は子供服の下請けが多いので、ニットの街墨田区で創業して90年近い縫製工場がレーザー加工機を使って子供たちのワークショップもできるというと、子供服を発注するお客様も大変ありがたがってくれます。

またアパレルのお客様がこの施設にいらして、デジタル刺繍機は知っているがレーザー加工機を見て『これ何?』と質問されます。布だけではなく、木やアクリルなども切れて、彫刻もできるのでオーダーメイドのボタンとかが作れますと説明すると、『ボタンも作ってくれませんか?』と。今は大量生産ではないアパレルのお客様が多いので、ボタン製作には何万個の発注が必要になってしまいます。このような意味でレーザー加工機が本業にも結びついています」

モノづくり支援シェアファクトリー「nuuiee(ヌーイー)」
運営:株式会社小倉メリヤス製造所 代表取締役社長 小倉 大典

※インタビューの全文は、導入事例「nuuiee(ヌーイー)」をご覧ください。

「お人形の洋服を作る時にパーツが多すぎて自分で切るのは大変ですが、イラストレーターが得意なお客様は、データを作成して、ここのレーザー加工機で切って縫うだけなのですごく楽だと言っています。また市販では見つけるのが難しいお人形用の小さなチェック柄や小花柄の布地もこの施設でプリントして、すぐにこのレーザー加工機で裁断できます。しかもレーザーなら布端もほつれません。お人形の浴衣を作る際は、レーザーで木をカットして穴を開け、紐を通して下駄も作っていました。

nuuiee(ヌーイー)に居る立場で考えると、レーザー加工機によって、すごくハンドメイドの世界が広がりました。刺繡機、昇華プリンター、カッティングプロッターしかなかったら、考えられなかったものまで作れます。色々なお客様がこのレーザー加工機を目当てに来てくれるので、私では考えられなかったことをやってくれます。それをまた別のお客様に話すと、さらにまた別のことを考えてくれるのでアイデアの広がりが増しています。

また、この施設で違う機械にも興味を持ってくれるので、他の機械の利用にもつながっています。レーザー加工機はハンドメイドのすごくいい窓口であり、広げ口であると思っています」

モノづくり支援シェアファクトリー「nuuiee(ヌーイー)」
運営:株式会社小倉メリヤス製造所 企画生産担当 小倉 愛依

※インタビューの全文は、導入事例「nuuiee(ヌーイー)」をご覧ください。

トロテックのレーザーソリューション

トロテックは、レーザーマシン+ソフトウェア+アクセサリーをトータルに開発および製造し、布地を扱う縫製・繊維・アパレル業界に最適なソリューションを提供します。

Speedyシリーズ

トロテック販売台数NO.1のレーザー加工機
[加工エリア] 610 x 305 ~1000 x 610 mm
[レーザータイプ] CO2/fiber/flexxレーザー、フラットベッド

詳細へ

JobControl ソフトウェア

JobControl(ジョブコントロール)は、レーザー加工機専用の出力ドライバーソフトウェアです。ユーザーの利便性にこだわって、レーザー加工に便利な機能を多彩に搭載した、トロテック独自の開発製品です。

詳細へ

Atmos 集塵脱臭装置

Atmos(アトモス)は、トロテックが開発したレーザー加工機専用の集塵脱臭装置です。加工時に発生する粉塵とガスを取り除くだけではなく、活性炭フィルターを通して臭いもろ過します。

詳細へ

布地をレーザー加工するヒント

合成繊維と有機繊維のレーザー加工は?

ポリエステルなどのプラスチックからできている合成繊維は、レーザーによく反応します。レーザーで合成繊維をカットすると、レーザー光の熱で繊維を溶着するので、布地からほつれのでない裁断ができます。

綿やリンネル(亜麻布)などの有機繊維をレーザーでカットすると、木材の加工のように、茶色がかった脱色したような切断面になります。このような仕上りは、レンズやレーザーパラメーターの変更、エアアシスト(圧縮空気の供給)の使用によって、部分的に調整することができます。

ネオプレンで加工に適しているのは?

ネオプレンの種類でレーザー加工に適しているのは、SBR(スチレンブタジエンゴム)のみです。CR(クロロプレンゴム)やSCR(スチレンクロロプレンゴム)などの種類は、レーザー加工に適していないので使用しないでください。

Laserflexx – 布地に接着するフィルム

トロテックのLaserflexx(レーザーフレックス)は、レーザー加工用として特別に設計された多層ポリウレタンフィルムです。このフィルムをレーザー加工機で好きなデザインやロゴにカットし、アイロン用のワッペンやアップリケのように、布地にプレスして接着します。このフィルムを加工する際は、加工済み部分に粉塵が落ちないように、集塵機能を最大にし、下から上へ加工するのがお薦めです。

トロテックの推奨製品