建築模型 / 鉄道模型

レーザーカット、レーザー彫刻、レーザーマーキング

laser cutting for model makers

レーザー加工機は、建築デザインのスタンダードツール

海外の美術系大学では、レーザー加工機が既にスタンダードツールとして使われています。日本でもトロテックのレーザー加工機が数多くの建築・デザイン、芸術・美術、情報メディア、理工学系の大学に導入されています。平行して、建築設計事務所やデザインスタジオなど、企業からのニーズも年々高まっています。特に、工業デザイン、プロダクトデザイン、プロトタイピングでの用途の需要が増加しています。

模型づくりにレーザーを使うメリット

① リアル感のあるディテールを再現

トロテックのレーザー加工機なら、CADシステムで設計したデザインを高精度で正確にレーザーカットできます。しかも断面の仕上りは非常にフラットで滑らか。断面をならす後処理の必要はありません。このフラットカットによって、組み立て時の接着面がしっかりと固定されます。

さらに、レーザー彫刻で、材料の表面に細かい模様やテクスチャ効果を表現することもできます。素材の風合いを活かし、リアル感を表現することができます。レーザー加工機は、正確なカットと緻密な彫刻を可能にするデジタルテクノロジーによって、設計通りのパーツを作り出し、リアリティのあるディテールを模型に再現できます。

② 製作時間の短縮、コストの削減

トロテック・レーザー加工機の加工速度はとてもスピーディ。材料の種類や加工方法によって加工速度は異なりますが、カッターなどの道具を使った手作業と比べると、製作時間を大幅に短縮できます。さらに位置決め精度は±0.1mmでカットできるので、部材を無駄なく使え、コスト削減にもなります。

また、レーザー加工機は、工具が高速に回転して切削するフライス加工と違って、材料や形状によって切削工具を取り換える必要がありません。レーザーなら1台で対応できます。材料を固定金具で傷つけることもありません。手作業や切削工具では表現できなかったことも、レーザー加工機なら同じユニットを精度よく、しかもスピーディに繰り返し作れます。

➂ 幅広い材料に対応

トロテックのレーザー加工機は、模型づくりに使用される様々な材料に対応しています。加工できる材料は、ベニヤやMDF(中質繊維板)などの木材、ボール紙や厚紙、アクリル、スチレンボード、布地などです。レーザー加工機を活用すれば、模型デザインのアイデアや表現の幅がさらに広がります。

またトロテックは、常に最適なレーザー加工ができるように様々な材料や用途に合わせて豊富なアクセサリーをラインナップしています。「バキュームテーブル」をはじめとした7種類の加工テーブル、CADデザインとデータ出力を兼ねた「TroCAM(トロキャム)」ソフトウェア、そして「圧縮空気」と「窒素」の2種類のガスを使い分けることができる「ガスキット」など、レーザー加工に適切な環境をご用意できます。

サンプル


laser cut architectural models

レーザー加工の材料

加工サンプル

下記のサンプルは、デザインデータ、パラメーターを含めて「作り方」をご紹介しています。テキストをクリックして加工サンプルページをご覧ください。

トロテックのレーザー・ユーザー

  • 建築デザイン事務所
  • ジオラマ・ミニチュア模型・模型製作会社
  • 鉄道模型メーカー
  • プロトタイプ製作関係
  • 大学等の教育機関
  • 研究・開発機関

 

カタログダウンロード

建築・鉄道模型づくりに最適なレーザーシステム (PDF433KB)

トロテック・レーザーが選ばれる理由

① 高品質マシン、長い耐用年数

トロテックのレーザー加工機は、細部にまでこだわった高品質の部品を採用。したがって、筐体は頑丈で強固。さらに、特許を取得したトロテックのInPack(インパック)テクノロジーによって、市場で最も耐用年数の長いレーザー加工機の実用化に成功しました。しかも最小限のメンテナンスを可能にしています。この高品質で耐用年数の長いトロテック・レーザーは、100%欧州オーストリアで設計・製造されています。

② スピーディで高精度なカットと彫刻

トロテック・レーザーは、とにかく速くて高精度。カットと彫刻の両方を精密に高速加工します。そして、微細な動きにもスムーズに対応する駆動軸とエアアシスト機能が美しい仕上がりを作り出します。この優れたパフォーマンスは、トロテックが独自に開発した技術力によるものです。自社開発力のあるメーカーのレーザー加工機をデザインツールとして選ぶことで、構想通りの設計をアウトプットし、ディテールにこだわった模型を造形できます。

③ プリンター感覚で使える、直観的な操作性

トロテックのレーザー加工機は、操作が簡単。プリンター感覚で使えます。デザインソフト(CAD*、Illustrator、CorelDRAW)で設計したデザインを、トロテックのJobControl(ジョブコントロール)ソフトウェア**に出力し、パラメーターを設定。次に材料をレーザー加工機のテーブル上に設置し、焦点位置を決めたら、レーザー加工の開始です。「デザイン ⇒ データ出力 ⇒ レーザー加工」、この一連の流れを直観的に操作できます。

* CADソフトウェアによって対応していない場合もあります。詳しくはトロテックにお問い合わせください。
**JobControl(ジョブコントロール)は、トロテックが独自に開発したレーザー加工機専用の出力ドライバーソフトウェアです。

④ クリーンな室内作業を可能にする、トロテックの集塵脱臭装置

トロテックは、レーザー加工機専用の集塵脱臭装置「Atmos(アトモス)」を自社で開発しました。このAtmos集塵脱臭装置は、加工時に発生する粉塵とガスを取り除くだけではなく、活性炭フィルターを通して臭いもろ過します。Atmosをレーザー加工機と一緒に使用することで、安全でクリーンな作業環境が室内で確保できます。また、レーザー加工機本体の耐用年数も長くなります。さらに、Atmosの使用によって、加工エリア内の空気の流れがスムーズになり、カット・彫刻・マーキングの加工がグレードアップし、仕上りや品質のよい製品が完成します。設置の際も、壁に穴をあけるダクト工事の必要はありません。

⑤ メーカー直販、メーカーサポート

トロテックは、メーカーによる直接販売なので、レーザー加工機に精通した経験豊富な当社のスタッフが、お客様の用途や目的に合った機種やアクセサリーをご提案します。また、実機によるデモやテスト加工にも対応していますので、ご相談の上で安心してご購入いただけます。さらに導入後のサポートは、当社のテクニカル・エンジニアが対応します。本体からアクセサリーまでの範囲を保証する、お得な保守サービス「トロテック・プロテクション・プラン」もご用意していますので、ご購入後も長く安心してトロテック製品をご利用いただけます。

⑥ 世界NO.1の販売台数、豊富な日本での導入実績

トロテックは、2013年以来、プロッタータイプのレーザー加工機で販売台数と売上高が世界NO.1。日本でも建築系・美術系の大学など、教育分野はもちろん、大手企業から中小企業および個人ユーザーまで幅広いお客様にご導入いただいています。近年、特にメディアから注目を集めているFabLab(ファブラボ)では、デジタル工作機械として日本各地の施設にトロテックのレーザー加工機が設置され、沢山のお客様に日々ご利用いただいています。

※詳しい導入先については、トロテックにお問い合わせください。
「トロテック・レーザー マップ」身近にあるトロテック・レーザーを使ってみよう!


トロテックユーザー ~ お客様の声 ~

芝浦工業大学

トロテックのレーザーカッターを全学用と建築学部用に2台導入し、模型製作やプロジェクト研究、ワークショップに活用

「圧倒的な(選定)理由としては、イラストレーターでのオペレーションです。特に建築学科の学生が使い慣れたイラストレーターから直接書き出し可能であることが非常に大きいです。このソフトウェアは大学で標準装備されているので、誰でも自由に使えます。

もう一つは高い安全性。蓋をあければ稼働が止まる(インターロック)、その機能が必要でした。オープン型の集塵機能のない安価なレーザーカッターも検討したのですが、学生が使うので安全性を重視しました。またイベントで子どもたちが蓋の上から加工の様子を覗いても大丈夫なことが重要なポイントでした。

後はスピード感です。極端な話、レーザーは高機能な鉛筆だと考えています。ダイレクトにペンを手にして、それを絵にしたらそのままカタチになるというのが理想的だと思っていて、3Dプリンターと比べてレーザーはそのスピード感が非常に速い。また某メーカーのマシンは故障が多いと聞いていましたが、Trotecは止まらなかったので長く使えると思いました。要するにスピード感、そしてその先にインターフェースの取り方が上手い、さらに安全性と頑丈という点が大きいですね」

芝浦工業大学 建築学部 特任講師
青島 啓太

※詳しくは 導入事例「芝浦工業大学」をご覧ください。

東京藝術大学

「課題の成果物精度、Before & Afterが全然違います。レーザーカッターなら、同じユニットを使って、精度よく繰り返しつくれます。生産性も含めて、手作業ではどうしてもできないところが実際につくれる。実際につくれることによって課題が見つかったり、新しいデザインのヒントが生れたりします。」


東京藝術大学准教授 金田 充弘(かなだ みつひろ)

※詳しくは、導入事例 「東京藝術大学」をご覧ください。

Movie

右のビデオは、トロテック Speedy100 CO₂レーザーを活用して、カナダ・トロント市とハミルトン市の街のレプリカを製作した Our Home and Miniature Land社のインタビューです。

メッセージは英語ですが、リアル感溢れる模型とともに、実際のレーザー加工の様子(1:16)、レーザー加工によるカット・彫刻・エッチングの実例紹介(2:10)、レーザーでアクリルに滑らかなラインを彫った路面電車のレール(2:40)をご覧いただけます。

さらに、ビデオの最後で、同社Head DesignerのDavid Domanski氏は、「レーザーを使う前はどの材料でどのツールでビル(建築模型)を作るかというアプローチだったが、今ではレーザーでどう作るかというアプローチに変わりました」と語っています。(Produced by Trotec Canada)


トロテックのレーザーソリューション

トロテックは、レーザーマシン+ソフトウェア+アクセサリーをトータルに開発および製造し、建築模型/鉄道模型づくりに最適なソリューションを提供します。

Speedyシリーズ

トロテック販売台数NO.1のレーザー加工機
[加工エリア] 610 x 305 ~1000 x 610 mm
[レーザータイプ] CO2/fiber/flexxレーザー、フラットベッド

詳細へ

JobControl ソフトウェア

JobControl(ジョブコントロール)は、レーザー加工機専用の出力ドライバーソフトウェアです。ユーザーの利便性にこだわって、レーザー加工に便利な機能を多彩に搭載した、トロテック独自の開発製品です。

詳細へ

Atmos 集塵脱臭装置

Atmos(アトモス)は、トロテックが開発したレーザー加工機専用の集塵脱臭装置です。加工時に発生する粉塵とガスを取り除くだけではなく、活性炭フィルターを通して臭いもろ過します。

詳細へ


トロテックの推奨製品