デルリンレーザー彫刻

デルリン

レーザー彫刻

デルリンとは?

デルリンとは商標名で、ポリアセタール(POM)の一種です。レーザー加工機で表面を簡単に加工することができるので、レーザー彫刻に適した材料として知られています。

デルリンの用途は、シールプレスやポケットシーリングなどです。デルリンのエンボス加工を活用し、公証人、企業、エンジニア、政府機関は、重要文書の偽造を防ぐために、署名と共にレリーフの刻印をつけます。他にも優雅なエンボス加工を施して、文房具や招待状などにも使用されます。ロゴや住所など一般的な使用から、オリジナリティやクリエイティブなものにまで多彩なアプリケーションをもつ材料です。

What is Delrin?

Delrin is a trade name for the material group polyacetal (POM). This material is highly suitable for laser cutting or engraving because it can easily be removed by the laser beam.  


サンプル



アプリケーション例

デルリンは、シールプレスとポケットシーリングの作成に多く用いられます。プレスの場合は、紙にエンボス加工を施すポジティブレリーフとネガティブレリーフの両方に使われます。ポジティブレリーフ(雄型)は黒の背景に白の文字で作られ、ネガティブレリーフ(雌型)は反転(ミラー)で作られます。トロテックのJobCreatorレーザーソフトウェアを使えば、両方のレリーフを自動的に作成できるので、準備が特に簡単です。

エンボスで封印

デルリン彫刻にレーザー加工機を使う理由

レーザー加工機は、加工前に取り付けるフライスカッターやドリルなどの切削工具や、加工後の研磨作業が不要です。また、フライス盤やミーリングマシンによる彫刻では、加工中に材料をクランプやバキュームで固定する必要がありますが、レーザー加工機ではこれらの固定器具も不要です。したがって、レーザー加工機を使用すれば、作業時間の短縮とコスト削減になります。

レーザー技術の特長と機能

低コストで効率的な加工

  • 複雑な輪郭や独特な形状の彫刻やマーキングを効率よく行えます。

Trotecのメリット!

  • トロテックのSpeedyシリーズは、最高加工速度3.55m/秒と加速度5G、市場で最速のレーザー加工機です。

非接触加工

  • フライス盤と違って時間のかかる材料の固定が不要
  • 固定器具によって、材料を傷つけたり、材料が歪んだりすることがありません。

Trotecのメリット!

  • トロテックは、全てのレーザー加工に最適なスペックを提供するために、豊富な種類の加工テーブルをラインナップしています。

製作フローをシンプルに

  • グラフィックソフト(CorelDRAW、Illustrator、CADなど)でデザインしたら、印刷コマンドでデータをレーザー加工機に送信できます。

Trotecのメリット!

  • トロテックが独自に開発したレーザー加工機専用の出力ドライバーソフトウェア、JobControl®(ジョブコントロール)は、ユーザーに便利な機能を多彩に搭載。高品質なレーザー加工を直感的に効率良く操作できます。

1台3役の卓越したマシン

  • カット、彫刻、マーキングの加工が1台で可能
  • 小さなフォントや精密なディテールの彫刻が可能

Trotecのメリット!

  • 高品質の光学部品を採用することで、最適なレーザービームを生成します。

高精度で安定した加工、長い耐用年数

  • レーザービームは材料加工による摩耗無し
  • フライス盤と違って、切削工具の交換は必要ありません。

Trotecのメリット!

  • CeramiCore(セラミコア)テクノロジーによるレーザー発振器を採用し、高精度で安定した加工と長い耐用年数を実現。

トロテックの推奨製品

デルリンを彫刻するためのコツ

シールプレス製造において特に注意が必要なこと

2フォーム間の密着度合いの高さが重要です。また、適切な彫刻の深さを補償することも重要です。彫刻の深さは0.25mm以上でなければなりませんが、0.50mmを超えないようにしてください。彫刻が浅すぎると、エンボス加工がほとんど見えません。彫刻が深すぎると、紙が裂けることがあります。パラメータを決定すると、JobControl®ソフトウェアの材料データベースに保存され、いつでも取り出すことができます。

完全な結果を得るために選択すべきテキストサイズ

テキストまたはグラフィック要素のサイズは少なくとも0.5mm、または5ポイントのフォント以上にしましょう。80 g/m²より大幅に重い紙を使う場合は、グラフィック要素のサイズも大きくする必要があります。

プレスが紙を切断しないようにする方法

シールプレスでの問題点はデルリンの切断面が鋭すぎることが多く、パンチが紙を切断してしまうことです。コツ:レーザーのフォーカスを約2mm(=Z軸で2 mmオフセット) ぼかすことで、エンボス加工の結果が維持されますが、切断面が多少丸くなり、紙が切れにくくなります。