トロテックの環境保護への取り組み

「トロテック」は、「トロダット」のグループ企業として、いち早く環境への取り組みを行ってきました。気候変動(地球温暖化防止)に関する国際連合枠組条約の 「京都議定書」(1997年)や、オーストリアの厳しい環境法が制定される以前の1993年から、トロテックは既に「省エネ」対策を始めています。

トロテックは、製造工程全体を通して、エネルギーの有効活用と環境に配慮した原材料の使用にたいへん注意を払っています。したがって、トロテックの「レーザーテクノロ ジー」と最新の「フィルターテクノロジー」は、「環境保護のため、化学薬品を使用せずにカット・彫刻・マーキングのレーザー加工できる生産システムをお客様に提供すること」を理念として開発されています。

ISO14001の取得

トロテックは、2008年にEN ISO14001:2004認証を取得しています。

環境を配慮した原材料の使用

  • 亜鉛、カドミウム、鉛、ポリ塩化ビニールなどの物質を使用しない
  • 環境保護と品質保証の認証を取得した「部品供給メーカー」の厳選した部品だけを使用する

省エネ対策

  • 環境を配慮した原材料の使用と省エネへの取り組み
  • 必要な電気量の62%に再生可能エネルギーを活用
  • 廃棄物の削減
  • 包装資材のリサイクル

メーカーとしての責任

  • 効率的で丁寧な製造過程の遂行
  • 産業廃棄物を出さない取り組み
  • 工業排水の徹底管理

CO2(二酸化炭素)排出量を削減

  • 石油燃料から天然ガスへの切り替えによる炭素排出量を削減
  • 貨物空輸の利用縮小

Green Building

グリーンビルディング(環境配慮型建物)

オーストリアのTrotec本社オフィスビルは、冷暖房および換気に必要なエネルギーに関して、自律的な制御を行う環境に配慮したビルです。