OGBS 2021 トロテック出展製品

OGBS 2021に出展

2021年9月28日(火)・29日(水)、東京・池袋サンシャインシティ

公開日: 30.07.2021

トロテック・レーザー・ジャパン(株)は、2021年 9月28日(火)・29日(水)に東京・池袋のサンシャインシティ で開催されるOGBS(オーダーグッズビジネスショー)2021に出展します。

近年は「自分だけの」「他にはない」という消費者のオリジナル志向が強まり、小ロットでオリジナリティのあるグッズの需要は増加傾向にあると予想されています。そこでトロテックは、この展示会でパーソナライズやカスタムメイド製作に適した機器をご紹介します。

トロテックで人気NO.1のSpeedy(スピーディ)シリーズからは、昨年パフォーマンスアップしたSpeedy 300レーザーカッターを小型カメラシステム付きでデモします。そして、金属へのカラーマーキングができるSpeedMarker(スピードマーカー) 300ガルバノ式レーザーマーカー、そして7月に正式リリースしたばかりの新しいレーザーソフトウェア Ruby®(ルビー)を来場者の皆様にご覧いただきます。

開催概要

展示会名 オーダーグッズビジネスショー2021 (ウェブサイト
会 期 2021年 9月28日(火)10:00~18:00
2021年 9月29日(水)10:00~17:00
会 場 東京・池袋 「サンシャインシティ 展示ホールD(文化会館2F)」 (東京都豊島区東池袋サンシャインシティ文化会館2 F)
入場料 無料
入場対象者 全国の印章、ウエアプリント、文具、軽印刷、DPE、スポーツ店、ビジネスコンビニ、レーザー加工、合いカギ、表札・プレート、ホームセンター、量販店、広告代理店、ウエアプリント関連、各種バイヤー、ブライダル、メモリアルグッズ関連業者、SP関連
主 催 オーダーグッズビジネスショー実行委員会(株式会社 ゲンダイ出版内)

トロテックの出展内容

出展製品

  • Speedy 300レーザーカッター(JobControl® Vision 小型カメラシステム付き)
  • SpeedMarker 300ガルバノ式レーザーマーカー 
  • Atmos 集塵脱臭装置
  • Rubyレーザーソフトウェア New!

トロテックの小間番号

  • 52番

アウトラインを正確にカットする、トロテックの小型カメラシステム

昨年パフォーマンスアップした新しいSpeedy 300(スピーディ300)レーザーカッターと、そのヘッド部に小型カメラを取り付けて、アクリルや紙のアウトラインを正確にカットするトロテック・レーザーのカメラシステム、JobControl® Vision(ジョブコントロール・ビジョン)をご紹介します。

なぜUVプリントしたアクリルをレーザーカットするのに小型カメラ付きが良いのか。その機能やメリット、そして活用例をご説明します。

カラーマーキングを実現できるMOPAレーザー

今年4月に発売開始したSpeedMarker 300(スピードマーカー 300)は、金属・プラスチック用のガルバノ式レーザーマーカーです。発振器の種類は、MOPA(モパ)レーザーとファイバーレーザーの2種類から選べます。MOPAレーザーは、パルスの長短を調整することで熱量をコントロールし、材料へのカラーマーキング*が可能です。また低エネルギーのパルスを使用することで、コントラストの強い鮮明なマーキングが実現できます。

*MOPAレーザーのカラーマーキングは、材料と条件に依ります。必ず加工テストが必要です。

レーザーカッターと連動した自社開発の集塵脱臭装置

レーザー加工のクオリティを左右する重要な集塵機。だからトロテックは約18年前からレーザー加工機専用の集塵脱臭装置を自社で開発し、トロテック社製のAtmos(アトモス)を製品化しています。このAtmos集塵脱臭装置は、レーザー加工機と自動連動しています。つまり、レーザー加工を開始すると、自動でAtmosが集塵を開始し加工終了後も自動で停止するので、Atmos単体での電源オン・オフは不要です。その優れた性能も展示会場でご確認ください。

レーザープロセスの概念を変える?新しいソフトウェア、Ruby誕生!

トロテックは、今年7月、新しいレーザーソフトウェアRuby®(ルビー)を正式リリース。このRuby®は、従来のレーザー加工プロセスを再定義する新しいレーザーソフトウェアです。それはシンプルな図形の作図やテキストの入力、写真の挿入などグラフィックソフトとしての機能と、パラメーター設定等のレーザープログラムとしての機能を兼ね備えているからです。つまり、デザインから製品化までのワークフローがシームレスになり、レーザー加工のプロセスが簡単かつスピーディに実行できます。画期的なソフトウェア、Ruby®をぜひ展示会で体感してください。

OGBSとは?

1981年、「印章フェア」という印章専門見本市としてスタート。2001年、印刷、看板、レーザー加工、写真グッズまで広くカバーした加工ビジネス全般の見本市、「オーダーグッズビジネスショー」に変更。2013年、2009年から同時開催していたTシャツプリントや刺繍ビジネスの「ウエアプリントフェア」と合わせて「オーダーグッズビジネスショー」に統一。2019年は、112社が出展、2日間で3,226名(2日間)が来場し、加工ビジネス全般とSPグッズを融合した多角的ビジネスを提案している展示会です。

本展示会について

OGBS 2021の出展については、トロテック・レーザー・ジャパンまでお電話かウェブサイトからお問い合わせください。

Tel: 03-5826-8032

※受付時間:平日9:00~18:00(土・日・祝日、および当社休業日を除く)

お問い合わせ

皆様のご来場をお待ちしています。

トロテックの違いは、実際のレーザーで体感できます! デモをリクエストする
デモをリクエストする