新しくなったSpeedy 400

New Speedy 400
レーザー加工機
日本で販売開始!

Request a demo
公開日: 17.06.2019

業界最速のレーザー加工機 「New Speedy 400」 が、いよいよ2019年7月1日(月)より日本での正式販売を開始します。


<主な特長>

加工速度4.2m/秒、加速度5Gへスピードアップ!

旧Speedy 400の最大加工速度3.55m/秒、最大加速度4Gに比べ、New Speedy 400は最大加工速度4.2m/秒最大加速度5Gにアップ。高精度な加工を可能にしつつ、スピードがさらに速くなりました。

メリット ⇒ 高速で高品質な加工、そして大量生産を要求される業界や用途に有益です。

新技術OptiMotion™でさらに精度の高いカットを実現

New Speedy 400の新技術OptiMotion™ (オプティモーション)*によって、JobControl(ジョブコントロール)レーザーソフトフェアに「パスのプランニング」機能が追加されました。

 この機能は、カット加工時、パラメーター設定画面の「パスのプランニング」から「標準」「精度」「スループット」の3種類を選択できます。

「精度」を選ぶとカット形状(ジオメトリ)を正確にフォローし、滑らかで高品質なカット処理を行います。「スループット」を選ぶと加工速度を優先したカットになります。カット品質を重視する場合は「精度」、加工時間を優先する場合は「スループット」、その中間の場合は「標準」と、お客様の要望や生産計画などの目的や用途に合わせて3種類のカット加工を選ぶことができます。

*OptiMotion™は、形状(ジオメトリ)に応じてカットスピードと加速度をリアルタイムで演算し、最適化することができる画期的なモーション技術です(特許出願中)。このOptiMotion™によって、直線や曲線のあらゆるポイントをパラメーター設定したレーザー出力で照射できるように最適なスピードで自動的に加減速し、均一なカットラインや断面を可能にします。

※「パスのプランニング」は、JobControl ver.11以上からの機能です。

メリット ⇒ 大量生産にも小ロットにもオーダー毎に対応できます。

※写真のパラメーター値は、サンプル定規用の数値ではありませんのでご注意ください。

OptiMotion™加工比較例

【条件】アクリル板(厚さ3mm)で定規(サイズ:幅15.2×高さ2.6mm)を10個、彫刻及びカット加工をした場合

【使用機種】New Speedy 400、CO2 100W、1.5インチレンズ

【加工時間】

  • 「精度」:15分00秒
  • 「スループット」:13分34秒
  • 「標準」:14分29秒

※写真の定規は、OptiMotion™を区別するため、罫書き線をカット加工で処理しています。

実際に加工した定規やウサギをご覧になりませんか?

デモ・サンプル希望

※お問い合わせページより、「デモ希望」または「サンプル希望(定規またはウサギ)」とご記入ください。

【お電話】Tel: 03-5826-8032
※受付時間:平日9:00~18:00(土日祝日および当社休業日を除く)


<その他の特長>

本体の分解が可能

本体上部と下部を分解することができるので、狭い間口でも搬入可能になりました。

※本体を分解する際は、トロテック・テクニカルの指導が必要になります。

※搬入可能な間口幅については、お問い合わせください。

スライド開閉できる排気口

加工エリアの奥にある排気口が、摘みを左右にスライドするだけで簡単に開閉できるようになりました。従来モデルのようにマグネットやマスキングテープを使って排気口をふさがなくとも、加工するエリアに空気を集中させて加工精度を向上させることができます。

縦スライドできるフロントパネル

フロントパネルが上下にスライドできるので、開閉がさらに楽になりました。このスライド式フロントパネルはNew Speedy 400だけの仕様です。また人間工学に基づいたフロントバーのないオープン設計なので、加工エリアへのアクセスが非常に便利です。加工エリア1016×610mmの中型レーザーですが、女性のオペレーターにも使い易い構造になっています。

視認性の高い加工エリア

加工エリア内全体を見渡せるように、透明性の高いトップカバーを採用しています。このカバーによって、材料の配置場所に関係なく加工時の状況を確認することができます。さらに内部のLEDライトで加工エリア内を均一に鮮明に照らすことができます。視認性の高いNew Speedy 400は、ユーザーの利便性を向上し、よりスピーディなオペレーションを可能にします。

ダイナミック・ステータス・ディスプレイ

トップカバーのダイナミック・ステータス・ディスプレイで、レーザーの稼働状況を一目でチェックすることができます。例えば、マシンがオンになっているか、ジョブが完了したのか、あるいは停止した状態なのか、どちらのレーザー光源が稼働しているかなどの情報を一目で確認できます。

ディスプレイに表示されるステータス
  • Laser ON(スイッチオンの状態)
  • Laser Idle(Ready中)
  • Laser Busy(稼働中)
  • Laser Error(エラー発生)
  • Job progress in % sections(ジョブの進行:%表示)
  • Job completed(ジョブの完了)
  • Job canceled(ジョブのキャンセル)
  • Laser in Service Mode(サービスモード中)
  • CO2 or fiber laser source activated(起動中のレーザー光源:CO2 またはファイバー)

CO2レーザー出力は、最大250W

CO2レーザーの出力は最大250Wまで対応可能です。さらに2種類のレーザー発振器を搭載できるflexxモデルならMOPAレーザーも選べます。つまりCO2レーザー + ファイバーレーザー、またはCO2レーザー + MOPAレーザーのどちらかを選択できます。

メリット ⇒ CO2レーザーで厚いアクリル板のカット、ファイバーレーザーで金属マーキングが可能です。

※CO2レーザー250WとMOPAレーザーの機種は、2020年からの対応予定です。


基本仕様

モデル名 New Speedy 400 CO2 New Speedy 400 flexx
加工エリア 1,016 x 610mm
レーザー出力 CO2:60~250W

CO2:60~250W
ファイバー:20~50W
MOPAファイバー:20W

最大加工速度 4.2m/秒
最高加速度 5G
最大材料サイズ(高さ) 305mm 283mm
本体サイズ(幅×奥行×高さ) 1,428 x 952 x 1,050mm
重量 約295~310㎏ 約335~350㎏

※CO2レーザー250WとMOPAレーザーの機種は、2020年からの対応予定です。


New Speedy 400に適した業種・用途

  • 看板・ディスプレイ
  • グッズ、工芸品
  • 教育機関(大学、高校)
  • 製造業(自動車、精密機器、電子機器等)

New Speedy 400に適した材料

  • プラスチック
  • アクリル
  • 木材

ビデオ


デモのご予約、受付中!

業界最速New Speedy 400の加工を実際に見てみませんか?デモのご予約、加工サンプルや資料送付のご希望は、お電話かウェブサイトでトロテック・レーザー・ジャパン(株)にお問い合わせください。

【お問い合わせ先】

Tel: 03-5826-8032

※受付時間:平日9:00~18:00(土日祝日および当社休業日を除く)

ウェブサイト

下記の「お問い合わせ」をクリックし、お問い合わせページから「デモ希望」、「サンプル希望(定規またはウサギ)」等をご記入ください。