プレゼンテーションボックス

準備

材料
  • アクリル板:610 x 305 mm、厚さ3.2mm 
    ※弾力性のあるアクリルを推奨します。
  • フォーム材:厚さ10mm 
    ※加工に適さない材料(例:PVC)は使用しないでください。詳しくは、「レーザー加工に適さない材料」をご覧ください。
  • 加工テーブルをカバーする物(例:紙)
    ※加工テーブルの吸引力が高くなります。

このサンプルのアクリルは、トロテック・レーザー(オーストリア本社)が販売しているレーザー加工用の材料「トロテック商材」を使用しています。

Trotec Materials(英語)

※トロテック商材は日本で販売しておりません。類似品をご利用ください。

使用機種
  • Speedy 400
  • 120W
  • 2.0インチレンズ

※他のSpeedyシリーズSPシリーズの機種でも加工できます。

アクセサリー

加工テーブル

  • バキュームテーブル
  • アクリル カッティング グリッド(アクリル板のカット用)
  • ハニカム カッティング テーブル(フォーム材のカット用)

ステップ・バイ・ステップ

Step 1

ステップ1:ボックスの展開図を加工用データに出力

このページ下のデザインデータをダウンロードして、デザインファイル(cdrまたはpdf)をグラフィックソフト(CorelDRAWまたはIllustrator)で開きます。このデザインファイルには、プレゼンテーションボックスの展開図やフォーム材のデザインなど、このサンプル製作でレーザー加工に必要なデータが全て含まれています。

Step 2

ステップ2:ボックスのレーザー加工

JobControl(ジョブコントロール)レーザーソフトウェアをPCモニターに表示し、ステップ1でデータ出力したジョブをJobControlのプレート上に配置します。次にJobControlの「材料テンプレート」を開いて、下記のパラメーターを設定します。パラメーターの設定後、材料のアクリル板を加工テーブルにセットし、レーザー加工を行います。

Step 3

ステップ3:フォーム材のデータ出力

このサンプルでは、ネームタグを入れるフォームのデザインを用意しています。デザインの通り、それぞれのネームタグを入れる深さが異なっているので、データの出力設定で加工モードの「レリーフモード」を選択して、彫刻で加工する際の深さを適格に調整します。この機能を使用する際は、予めグラフィックソフトで彫刻するデザインのグレースケールを定義します。つまり彫刻の深さをグレーの濃度(%)で調整します。グレーの色が濃ければ濃いほど、深く彫刻できます。その他、「レリーフモード」を含む、印刷の出力設定は下記の通りです。設定後「JCアイコン」をクリックし、印刷タブの「OK」を押して、レーザー加工機用データに出力します。

Step 4

ステップ4:フォーム材のレーザー加工

JobControl(ジョブコントロール)レーザーソフトウェアをPCモニターに表示し、ステップ3でデータ出力したジョブをJobControlのプレート上に配置します。次にJobControlの「材料テンプレート」を開いて、下記のパラメーターを設定します。パラメーターの設定後、材料のフォーム材を加工テーブルにセットし、レーザー加工機で彫刻とカットして、台座用と蓋用のフォームを作ります。

Step 5

ステップ5:パーツの組み立て

カットしたボックスのパーツの凹凸部分をはめ込んで組み立てます。ボックスが完成したら、中にフォームを入れて、商品や作品(このサンプルではネームタグ)を並べます。

このサンプルでは、箱の中間にバーを差し込めるように設計しています。このバーを蓋に差し込むと次の写真のようにタブの入ったボックスを蓋のバーに立てかけてディスプレイすることができます。

※安定して組み立てたい場合は、接着剤を使って固定してください。

※写真のPaolas Cupcakesネームタグの作り方はこちら↓

二層板からつくるネームタグ

Speedyシリーズ
名入れに最適なレーザー加工機です。

レーザー加工機のご紹介

用途や設定に関するご質問がおありですか?
エアアシストの A から z-offset の Z まで喜んでアドバイス致します。

詳細情報を希望する

会員 troGROUP Logo