Trotec Ruby ― 新しい概念のレーザーソフトウェア

デジタル・コアのソフトウェアで、レーザー加工がよりシンプルに より速く

多くのレーザーユーザーが、今、そして未来に必要としているものは何でしょうか?それは毎日のレーザー加工をシームレスにこなすことのできるレーザーソフトウェアです。トロテックの新しいソフトウェア「Ruby(ルビー)」を使えば、アイデアから製品化までのワークフローが、シンプルでスピーディに行えます。これによって、収益性の高い注文処理が保証されます。またデジタルをコアにした ネットワーク接続のWeb ベースによるセットアップを実現。さらに、使うのが楽しくなるユーザーインターフェイス機能がついています。この「Ruby」の当社ビジョンは、レーザーによる作業を再定義し、すべてのレーザーユーザーに今までにない付加価値を提供することです。

さあ、「Ruby」でデジタルの新たな扉を開きましょう!

Trotec Ruby ベータ版を入手する

※Rubyベータは英語版です。また現在、上記の登録サイトも英語です。

レーザーソフトウェア「Trotec Ruby」の機能をチェック

「PLAY」ボタンを押せば動画をご覧いただけます。

レーザー対応のグラフィックデザインソフトウェア、シームレスなワークフローを可能に

Rubyでシンプルな図形の作成、テキストの入力、写真の挿入ができます。加工までの操作は、統合化ワークフローによってスピーディに行えます。このRubyは、グラフィックとレーザープログラムの両方を兼ね備えた ソフトウェアなので「デザイン」と「準備」のステップをいつでも切り替えることができます。またRubyには、レーザーユーザーの必要とするグラフィックツールが備えられています。加えて、pdf、svg、png 等のファイルを直接インポートでき、インポート時に不具合のあるファイルは自動的にクリーンアップされます。これらの機能性により、アイデアから完成品までの時間を半分に短縮できます。追加でソフトウェアパッケージを購入する必要はありません。


ネットワーク化された作業環境:複数のレーザー、無限のユーザー数、単一の Web ベースプラットフォーム

Trotec Rubyは、ネットワーク上のレーザー加工機すべてをローカルまたはクラウド経由で接続します。したがって、ジョブを 1 台の PC /Mac から複数のマシンに分散させることができます。ジョブはレーザー加工機の内蔵メモリにロードされ、追加の PC なしで加工が完了します。この新たなワークフローによって、場所や時間に制約されることなく、一人のユーザーがジョブを準備し、別のユーザーが製作を行えます。統合化かつ分割可能なワークフロー、およびユーザー管理の役割と権利によって、Rubyは新境地を切り開きます。オープン・プログラミング・インターフェイスの Ruby API により、ビジネスプロセスの完全自動化が可能になります。


使うのが楽しみになるユーザーインターフェイス

Trotec Ruby レーザーソフトウェアは、シームレスなワークフローにより、デザインから準備、製作に至るまで、一貫して操作できます。操作については、必要に応じてRubyのユーザーインターフェイス・ガイドが適切なヒントを提供し、アイデアから完成品に至るまでをサポートします。したがって、トレーニングの労力は最小限で済みます。またユーザーが最初に素材および素材効果 (深彫り、暗彫り、キスカットなど) を選択すれば、Trotec Ruby が最適な材料パラメーターを提供します。つまり、クラウドの材料データベースにより、最高品質のレーザー加工が保証されます。


今すぐ「Trotec Ruby」のオープンデータに参加したいですか?

Trotec Ruby ベータ版を使ってみる

※Rubyベータは英語版です。また現在、上記の登録サイトも英語です。

シームレスなワークフロー

アイデア 製品

レーザーデザインとジョブの検索と編集

レーザーデザインとテキストの作成

製作に向けたジョブの準備

レーザーでジョブを実行

アイデアから製品化まで

Trotec Rubyは、レーザーユーザー向けの加工ステップが 全て1 つのソフトウェアに統合されています。この統合ワークフローが、レーザー加工のアイデアから製品化に至るまで手順毎にユーザーをガイドします。また、このワークフローは作業によって分割することも可能です。グラフィック作成、レーザー加工の準備、レーザー操作など、フローの作業別によって異なる担当者が実行できます。

ファイルを直接インポート

pdf、svg、png、jpg ファイルを直接インポートし、それらを自動的にクリーンアップします。

カッティングジョブの最適化

切ミゾ修正、ネスティング、コモンラインカッティングなど、カッティングジョブを最適化して材料の有効活用を図ります。

レーザーパラメーターの簡略化

時間のかかるレーザーパラメータの調整が不要になりました。希望の材料および暗彫刻やキスカットなどの材料効果を選択するだけです。

Windows および MAC 互換

プラットフォームおよびクライアントに非依存。すべてのオペレーティングシステムに対応。

グラフィック要素やテキスト要素の作成

デザイン、写真、およびテキスト要素を作成します。レーザーユーザーの必要とするすべてのグラフィックツールを備えています。

ジョブ所要時間を事前に確認

ジョブ所要時間を前もって知り、見積もりや効率的な製作プランに役立てます。

ロールとユーザー権限の管理

ユーザーにさまざまな役割と権限を割り当てます。

1 台の PC でより多くのレーザーを制御

ジョブを 1 台の PC から複数台のマシンに分散できます。

ネットワークにレーザーを接続

ネットワーク内のすべてのレーザーデバイスを、ローカルまたはクラウド経由で接続します。

いつでも Ruby を活用

最初の 1 分から活用できます。2001 年以降のすべての Trotec Speedy レーザーで Ruby を使用できます。

変数データの処理

可変テキストフィールドを備えた Excel ファイルやリストからタグなどのジョブを作成します。

サードパーティシステムの接続

Ruby のオープンプログラミングインターフェース - Ruby API - を使用して、PLC、ERP を接続したり、独自のアプリケーションをプログラムしたりできます。

Web ショップの接続

Web ショップを接続して、ジョブの作成を最小限に抑えます。

いつでもどこからでもジョブデータにアクセス

いつでもどこからでもジョブデータにアクセスできます。Ruby Cloud でデータのセキュリティ確保。バックアップは自動的に作成されます。

安全であること

当社はデータセキュリティに配慮しています。データはセキュリティの確保されたサーバー上で暗号化されます。

全容を把握する

自分の作り出したジョブや材料および要した時間を知ることが、生産の透明性を高めることにつながります。より効率的な製作プランのために。

ジョブ、デザイン、およびレーザーパラメータを共有

ジョブ、デザイン、およびレーザーパラメータを他のレーザーユーザーと共有できます。

すぐに習熟できる

統合化されたユーザーガイドを使用して、ソフトウェアを素早く使いこなすことができます。

リアルタイムで通知を受ける

マシンの稼働状況について通知を受けることで、稼働率を最大化できます。

ファイルのインポートを高速化

「ホットフォルダ」にファイルを保存すると、自動的にインポートされます。これにより、ファイルを素早くインポートできます。

今すぐ「Trotec Ruby」のオープンデータに参加したいですか?

Trotec Ruby ベータ版を使ってみる

※Rubyベータは英語版です。また現在、上記の登録サイトも英語です。

Trotec Ruby のビジョン

「再生」ボタンを押して動画をご覧ください。
先に進むには下のボタンを使用します。

レーザーソフトウェア「Trotec Ruby」のロードマップ – What’s next

2020 年4月にTrotec Rubyのクローズドベータ版をリリースしたことで、トロテックのデジタル化への旅は既に始まっていました。当社は試験的なクローズドベータ版でお客様からいただいた貴重なご意見を積極的に吸収し、レーザーソフトウェア「Trotec Ruby」をさらに発展させていきます。この旅は始まったばかりです。さらに次の段階へと続いていきます。

2020

PDF、JPG、SVG 等のファイルを直接インポート

グラフィックやテキストの作成や編集

アイデアから製品化まで、シームレスなワークフローを実現

複数ユーザーによる共同作業が可能

レーザーのパラメーター設定を簡素化

Trotec RubyのSpeedy シリーズ対応

初回ジョブの所要時間を最小化

ホットフォルダを使った、ファイルの自動インポート

2021

円筒形製品への彫刻が簡単に

ジョブ所要時間を事前に確認

1 台の PC で複数の加工機を操作

動的データをインポート、作成、処理

任意のオペレーティングシステムを使用可能

Print&Cutジョブを実行

どこからでもレーザージョブを準備

PC なしでレーザーを使用

さらに高度で多くのデザインとタイプ設定

2022以降

材料を扱いやすくするために、カットジョブを最適化

ワークフローを自動化して、手作業を最小限に

e コマースシステムのように外部システムに接続

製品データの表示と分析

レーザーコミュニティへの接続と共有

1 つのインターフェースで全てのTrotec レーザー加工機を使用可能

【ご注意】ロードマップは、予告なく変更する場合があります。


「Trotec Ruby」オープンベータに今すぐ参加しよう!

「Trotec Ruby」への旅は、今、始まりました。新しいレーザーソフトウェアをいち早く体験するチャンスです。オープンベータに参加して、最初の「Trotec Ruby」ユーザーになりませんか。統合ジョブの作成、ダイレクトなファイル読み込み、レーザーネットワークと最新のソフトウェアテクノロジー、これらのメリットを手にすることができます。「Trotec Ruby」、そのすべては日々の業務の生産性を上げるために誕生したソフトウェアです。

※Rubyベータは英語版です。また現在、上記の登録サイトも英語です。

オープンベータ(英語版)に参加 今すぐ始める
今すぐ始める