フィルム/フォイルのレーザーカット

保護フィルム、粘着テープ、印刷された機能性フォイルの非接触レーザーカット。フィルム・フォイルの加工業者向けに、少量から量産まで収益性が見込めます。

プリントされたフォイル
自動車産業向けフロントガラスカバーのレーザーカット。

フォイル加工において、レーザーカットはどのように貢献できますか?

デザインを綺麗にカットすることが重要です。 保護フィルム、デザインフォイル、プラスチックフィルム、ダッシュボードなどを、非接触で、素早く、高品質に製造することができます。デジタルレーザーカットでは、プリントされているフォイルでも制御して端を溶かすことができます。そうすることで、小さい材料やコーナーの場合でも、プリントの破損やカットの乱れを防ぐことができます。 

大判のフォイルをレーザーカットする主なメリットは、ネスティング、シンプルな運用、クリーンな製作により材料の利用率を向上できることです。このように、小ロットの生産でも利益を出すことができます。

フォイルをレーザーカットするメリットをご覧ください。

ご相談のみでも喜んで無料でアドバイス致します。

トロテックのレーザー加工機でフィルム/フォイルをレーザーカットする理由。技術の比較。

製造できるもの。

フィルム/フォイルのレーザーカットでできること。

価格設定は、会社の将来を左右する重要な要素です。これらの例では、コストと販売価格を把握することができるため、粗利益がわかります。

一緒に考えましょう。

お客様のフォイル製造に役立てるご提案を致します。

フィルム/フォイルのカットにはどのレーザーが必要ですか?

SPシリーズの大判レーザーカット装置は、大判の材料を加工するための総合的なソリューションです。デジタル化された非接触のカットのおかげで、フォイルをきれいに、そして確実に、常に高品質で生産することができます。

大型レーザー加工機のご紹介

お客様の声

「SP2000 を導入したことで、カットの質が向上し、より幅広いカスタムオーダーに対応できるようになっただけでなく、他の機器を使用したアクリル加工も内製化できるようになりました。また、新しいプロジェクトのための金型作成やプロトタイプを作るために機械工場への外注もなくすことができました。今では、自社のレーザー加工機で部品を記録的な速さで製造できるようになりました!」

Jeff Schuch、Mike Schuch & Jeff Green

生産・開発マネージャー - 社長、CEO、Graffiti Shield

「レーザー加工機には多くの利点があることは、誰もが知っています。ただし、企業が成功するためには、生産性と効率性が重要です。お客様は、高品質であることに加えて、迅速で時間通りの納品を期待します。ダウンタイムは許されません。したがって、レーザーシステムを購入する際には、システム自体の性能だけでなく、サプライヤーが提供するサービスやサポートについても考慮することが重要です。」

Alexander Evenhuis

Tapir マネージングディレクター

「トロテック のおかげで、お客様のニーズをより早く満たすことができます!」

Tom Whipple

Ameritape

フィルム/フォイルのレーザーカットに関するよくある質問。

フォイルのレーザーカットはどのように行われるのですか?

カッティングプロッターよりもレーザー加工機の方が速いのはなぜですか?

車にはどんなプラスチックが使われていますか?

ダッシュボードなどのプラスチック製自動車部品をレーザー加工するには?

フォイルを確実に、きれいにカットするためには?
喜んでアドバイスし、選択肢をお見せします。

商談を今すぐお申し込みする。

会員 troGROUP Logo