レーザー彫刻を施した木製看板

「ティーハウス」木製看板


材料

2種類の木材

  • ハンノキ
  • クルミ

Trotecレーザーの使用機種

  • Speedy 400
  • 120W
  • 2インチレンズ

その他

クルミ板の裏面に両面テープを貼ってからレーザーでカットします。
※両面テープを使用しない場合は、カットしてから木工ボンドでパーツを接着してください。

ステップバイステップ

ステップ1:デザインの準備

下記のデザインPDFをダウンロードして、CorelDRAWソフトウェアで開きます。

デザインPDF

ハンノキ用(PDFの左データ)とクルミ用(PDFの右データ)デザインをそれぞれJobControlソフトウェアへ出力し、レーザー加工するためのジョブデータを作成します。クルミ材のカップは、CoralDRAWの印刷>Trotec Engraver>環境設定のウィンドウで、加工オプションの加工モード「レリーフ」を選びます。さらに効果的なレリーフ彫刻を施すために「高度なジオメトリ」と「最初に内部ジオメトリ」を選んでください。それ以外の加工は全て「標準」の加工モードを選んでください。


ステップ2:パラメーター設定

JobControlソフトウェアで各材料と加工方法のパラメーター設定をします。

ハンノキ(アルダー材)

【彫刻(デザインの黒)】レーザー出力15%、スピード20%、解像度500ppi、エアアシストON、Zオフセット+1mm
【スコアリング(デザインの赤)】レーザー出力5%、スピード1%、周波数:1000 Hz、エアアシストON
【カット(デザインの青)】レーザー出力64%、スピード0.8%、周波数:1000 Hz、エアアシストON

クルミ

【彫刻(黒)】レーザー出力60%、スピード30%、解像度500ppi、パス 4、エアアシストON、High Quality
【カット(赤)】レーザー出力100%、スピード1%、周波数1000 Hz、エアアシストON


ステップ3:レーザー加工

ハンノキの木材は、カットしたクルミ材のパーツを載せる場所のマーキングと、ロゴの彫刻、看板枠のカットを行います。

クルミ材は、看板に取り付けるパーツの彫刻とカットの加工をします。


ステップ4:組み立て

クルミ材の裏面に付けた両面テープの保護フィルムを外して、ハンノキの看板上にマーキングした印の位置に合わせて接着します。


カラーバリエーション

黒いボードに白い文字で、違う印象の看板に!