レーザー加工機で作った文字の壁飾り

壁飾り:文字

(材料:アクリル)

トロテック商材のTroGlassアクリルを使って、文字の壁飾りを作ってみましょう。


材料

  • アクリル(TroGlass Satins):400×400mm ホワイト、オレンジ、イエロー、各1枚
  • パネルホルダー/化粧ビス

このサンプルのアクリルは、トロテック・レーザー(オーストリア本社)が販売しているレーザー加工用の材料「トロテック商材」を使用しています。

※トロテック商材は日本で販売しておりません。類似品をご利用ください。

使用機種

  • Speedy 400
  • 120W
  • 2.0インチレンズ
  • 加工テーブル:バキュームテーブル+アクリル カッティング グリッド

※他のSpeedyシリーズやSPシリーズのモデルでも加工できます。Speedyシリーズの場合は、加工エリアに材料が入る大きさに合わせて壁飾りのデザインサイズを縮小してください。

※他のSpeedyシリーズSPシリーズのモデルでも加工できます。Speedyシリーズの場合は、加工エリアに材料が入る大きさに合わせて壁飾りのデザインサイズを縮小してください。

ダウンロード

デザインデータ(cdr/pdf)

※デザインデータは、CorelDRAWまたはIllustratorのグラフィックソフトウェアで開いてください。


ステップバイステップ

ステップ1:デザインのデータ出力

このページのデザインファイルをダウンロードして、PDFファイルをグラフィックソフト(CorelDRAWまたはIllustrator)で開きます。使用するレーザー加工機の加工エリアに合わせて、デザインサイズを変更してください。

次にデザインデータを材料別にレーザー加工機用データ(=ジョブ)に出力します。色別にデザインを選択し、グラフィックソフトの印刷でプリンター「Trotec Engraver」を選択、環境設定をクリック、出力設定タブを表示して下記を設定します。設定が完了したら最後に印刷のOKを押すと、JobControl(ジョブコントロール)レーザーソフトウェアにデータが出力され、自動でジョブが生成されます。

印刷 > Trotec Engraver > 環境設定 > 出力設定

印刷のデータ出力設定

印刷設定(加工オプション)
加工モード 解像度 カットライン
標準 500dpi なし
ハーフトーン調整 その他
カラー 高度なジオメトリ
最初に内部ジオメトリ

ステップ2:レーザー加工

加工するジョブデータに合わせて、材料のアクリルを加工テーブルにセットしします。

次にJobControl®(ジョブコントロール)レーザーソフトウェアをPC画面に表示し、ステップ1でデータ出力した加工する材料のジョブをJobControlのプレート上に配置します。それからJobControlの「材料テンプレート」を開いて、下記のパラメーターを設定します。パラメーターの設定後、レーザー加工を開始します。

パラメーター設定

カラー 加工の種類 パワー (%) スピード (%) 周波数(ppi/Hz)
カット CO2 100 1,2 5000
パス(繰返し) エアアシスト Zオフセット ディレクション アドバンス
1 ON - - -

 ※パラメーターは、加工する材料の材質や色、そしてレーザー加工機の機種やレーザー出力(W)によって異なります。仕上がりの良い最適な加工を検出するために、いくつかのパラメーターでテストすることをお薦めします。


ステップ3:組み立て

バックプレートの白いアクリルにパネルホルダーの穴開けマークをつけます。パネルホルダーを取り付けます。写真のようにオレンジ文字の上にイエロー文字のアクリルを重ねて、パネルホルダーの溝の部分にはめ込みます。アーレンキー(六角棒レンチ)でホルダーのネジを締めます。この方法ですと、簡単に壁飾りが作れます。


もっとアイデアをプラス!

サイズ、材料、フォントを変えて、様々なアクリルの文字飾りを作ってみましょう。


トロテックのSpeedyシリーズ レーザー加工機をチェックしてみよう!

トロテックの違いは、実際のレーザーで体感できます! デモをリクエストする
デモをリクエストする