レリーフ彫刻したトロフィー

レリーフ彫刻のトロフィー

レーザー加工機で木材に3Dのレリーフ彫刻を施した、立体的な優勝トロフィーの作り方をご紹介します。


材料

  • ハードメープル材:600x300mm、5mm、1枚
  • アクリルガラス(キャスト材)、黒のサテン調:606 x 301 mm、3mm、1枚
  • アクリルガラス(キャスト材)、メタリックシルバー色、両面ツヤあり:606 x 301 mm、1枚
  • アクリル用接着剤
  • 両面テープ、円形接着シート

※このサンプルのメープル材、アクリルガラス(サテン調メタリックシルバー)は、トロテックが取り扱っている商材を使用しています。

Trotec Materials(英語)

トロテック商材には、日本で取り扱っていない種類があります。
詳しくはトロテック・レーザー・ジャパンにお問い合わせください。

使用機種

  • Speedy 360
  • 80W
  • 2.0インチレンズ

※他のSpeedyシリーズでも加工できます。

アクセサリー

加工テーブル

  • バキュームテーブル + ハニカムカッティングテーブル(木材用)
  • バキュームテーブル + アクリル カッティング グリッド(アクリル用)

ステップバイステップ

ステップ1:黒いベースプレートのデザインデータ出力

このページ下のデザインファイルをダウンロードして、cdrかpdfファイルをグラフィックソフト(CorelDRAWまたはIllustrator)で開き、製作したいサイズに調整してください。あるいはオリジナルのデザインを作図してください。このページのサンプルでは、黒いアクリルのベースプレートにリングの取り付け部分を彫刻して、そこにメタリックシルバーのアクリルリングを簡単に接着できるようにデザインしています。

次にデザインデータ(TroGlass Satins Black)をレーザー加工機用データ(=ジョブ)に出力します。デザインを選択し、グラフィックソフトの印刷でプリンター「Trotec Engraver」を選択、環境設定をクリック、出力設定タブを表示して下記を設定します。設定が完了したら最後に印刷のOKを押すと、JobControl(ジョブコントロール)レーザーソフトウェアにデータが出力され、自動でジョブが生成されます。

印刷 > Trotec Engraver > 環境設定 > 出力設定

印刷のデータ出力設定

印刷設定(加工オプション)
加工モード 解像度 カットライン
標準 500dpi なし
ハーフトーン調整 その他
カラー 高度なジオメトリ

ステップ2:黒いベースプレートのレーザー加工

レーザーで彫刻とカットをして、トロフィーのベースプレートを作ります。先ずサテン調の黒いアクリルガラスをアクリル カッティング グリッドの加工テーブル上にセットします。

次にJobControl(ジョブコントロール)レーザーソフトウェアをPC画面に表示し、ステップ1でデータ出力したジョブをJobControlのプレート上に配置します。それからJobControlの「材料テンプレート」を開いて、下記のパラメーターを設定します。パラメーターの設定後、レーザー加工を開始します。

パラメーター設定(彫刻)

カラー 加工の種類 パワー(%) スピード(%) 周波数(ppi/Hz)
彫刻 CO2 40 10 500
パス(繰返し)1 エアアシスト Zオフセット アドバンス
1 on 2mm -

パラメーター設定(スクラッチング)

カラー 加工の種類 パワー(%)  スピード(%)  周波数(ppi/Hz)
カット CO2 8 0.8 5000
パス(繰返し) エアアシスト Zオフセット アドバンス
1 on 1 mm  -

パラメーター設定(カット)

カラー 加工の種類 パワー(%)  スピー(%)  周波数(ppi/Hz)
カット CO2 95 0.8 5000
パス(繰返し) エアアシスト Zオフセット アドバンス
1 on - -

※パラメーターは、加工する材料の材質や色、そしてレーザー加工機の機種やレーザー出力(W)によって異なります。仕上がりの良い最適な加工を検出するために、いくつかのパラメーターでテストすることをお薦めします。


ステップ3:メタリック・アクリルのデザインデータ出力

このページ下のデザインファイル(cdrかpdfファイル)をグラフィックソフト(CorelDRAWまたはIllustrator)で開き、リングデザイン(TroGlass Metallic Anthracite)を選択します。

次にデザインデータをレーザー加工機用データ(=ジョブ)に出力します。デザインを選択し、グラフィックソフトの印刷でプリンター「Trotec Engraver」を選択、環境設定をクリック、出力設定タブを表示して下記を設定します。設定が完了したら最後に印刷のOKを押すと、JobControl(ジョブコントロール)レーザーソフトウェアにデータが出力され、自動でジョブが生成されます。

印刷 > Trotec Engraver > 環境設定 > 出力設定

印刷のデータ出力設定

印刷設定(加工オプション)
加工モード 解像度 カットライン ハーフトーン調整 その他
標準 600dpi なし - -

ステップ4:メタリック・アクリルのレーザー加工

メタリックシルバーのアクリルガラスをアクリル カッティング グリッドの加工テーブルにセットします。次にJobControl(ジョブコントロール)レーザーソフトウェアをPC画面に表示し、ステップ3でデータ出力したジョブをJobControlのプレート上に配置します。それからJobControlの「材料テンプレート」を開いて、下記のパラメーターを設定します。パラメーターの設定後、レーザー加工を開始します。

パラメーター設定(彫刻)

カラー 加工の種類 パワー(%)
スピード(%)
周波数(ppi/Hz)
彫刻CO2 16 20 600
パス(繰返し) エアアシスト Zオフセット アドバンス
1 on 1 mm -

パラメーター設定(カット)

カラー 加工の種類 パワー(%) スピード(%) ppi/Hz
カット CO2 50 0.2 5000
パス(繰返し) エアアシスト Zオフセット アドバンス
1 on - -

※上記は、トロテックJobControl(ジョブコントロール)レーザーソフトウェアの材料パラメーターデータに登録されているTroGrassの数値です。


ステップ5:レリーフ彫刻のデザイン

最後に3Dの木材彫刻用のデザイン(Solid Wood Maple)をレーザー加工機用データ(=ジョブ)に出力します。デザインを選択し、グラフィックソフトの印刷でプリンター「Trotec Engraver」を選択、環境設定をクリック、出力設定タブを表示して下記を設定します。設定が完了したら最後に印刷のOKを押すと、JobControl(ジョブコントロール)レーザーソフトウェアにデータが出力され、自動でジョブが生成されます。

印刷 > Trotec Engraver > 環境設定 > 出力設定

印刷のデータ出力設定

印刷設定(加工オプション)
加工モード 解像度 カットライン ハーフトーン調整 その他
レリーフ 500dpi なし - -

ステップ6:レリーフ彫刻の加工

パラメーター設定(彫刻)

カラー 加工の種類 パワー(%) スピード(%) 周波数(ppi/Hz)
彫刻 CO2 100 30 500
パス(繰返し) エアアシスト Zオフセット アドバンス
3 (!!) On - -

パラメーター設定(カット)

カラー 加工の種類 パワー(%) スピード(%) 周波数(ppi/Hz)
カット CO2 100 1 1000
パス(繰返し) エアアシスト Zオフセット アドバンス
1 On - -

ヒント

最初にカットしてから彫刻すると、木材を深めに彫刻できる場合があります。


ステップ7:組み立て

水で湿らせた布でアクリルを拭いてきれいにします。レリーフ彫刻した木材はブラシを使って、水洗いして削りカスを落としてください。

写真のように、ベースプレートに彫刻したリング部分にアクリル用接着剤を塗り、そこにメタリックリングをしっかりと取り付けます。リング内のベースプレートに両面テープか円形接着シートを付けて、その上にレリーフ彫刻したメープル材を取り付けます。

メープル材のスペーサーに両面テープを貼り、写真のように、ベースプレートにスペーサーを取り付けます。トロフィーがまっすぐ立つようにスペーサーとベースプレートで底面ができるようにして接着してください。

最後にWinnerのプレートを取り付けて、エレガントなトロフィーの完成です。


もっとアイデアをプラス!

様々な色や種類のアクリルと木材を使って、異素材を組み合わせたトロフィーを作ってみましょう。


ダウンロード

デザインデータ(cdr/pdf)

※デザインデータは、CorelDRAWまたはIllustratorのグラフィックソフトウェアで開いてください。


トロテックの推奨モデル