engraved felt quiver

フェルトの矢筒

ステップバイステップガイド

フェルトと木材からアーチェリーの矢筒を作りましょう。レーザー加工機で筒の側面や底にオリジナルのデザインを彫刻できます。手作りアイテムで的中率がアップ!


準備

材料

  • 筒の側面パーツ:好きな色のフェルト622 g/m²
  • 筒の底面パーツ:硬材 3.5 mm
  • 好きな色のウール糸
  • 粘着テープ

使用機種

Speedy 400、80W、2インチレンズ
アクセサリ:バキュームテーブル


ステップバイステップ

ステップ1:デザイン

本ページ下部のPDFテンプレートをダウンロードして、CorelDraw(コーレルドロー)でPDFファイルを開いてください。ファイルにはフェルト用(側面パーツ)と木材用(筒底パーツ)のデータが用意されています。

側面パーツのデザインは、入れる矢の長さに合わせて、CorelDrawで筒の高さを調整してください。


ステップ2:パラメーター設定

【フェルト用】

彫刻: レーザー出力33%、スピード50%、周波数 500ppi、エアアシストON (Advanced: Optimized Quality)
カット: レーザー出力40%、スピード2%、周波数1,000 Hz、エアアシストON

【木材用】

彫刻: レーザー出力60%、スピード50%、周波数 500ppi、エアアシストON 
カット: レーザー出力100%、スピード1.8%、周波数1,000 Hz、エアアシストON


ステップ3:フェルトと木材のレーザー加工

最初にフェルトをバキュームテーブルの上に置きます。次にフェルトの周囲に段ボールを敷いて、バキュームテーブルを覆 います。段ボールの設置には粘着テープを使用します。このように段ボールを使ってフェルトをしっかりとバキュームテーブルに固定すれば、正確なカットと彫 刻ができます。材料をセットしたらフェルト用のデータをJobControlに送信し、フェルトのレーザー加工を行います。

次に木材をレーザー加工機のテーブルにセットし、木材用のデータをJobControlに送信して、底部分のカットと彫刻を行います。


パーツの縫い合わせ

フェルトを筒状にするために、側面両端の穴を重ねて、ウールの糸で縫います。この時、模様をデザインした面が外側、縫代は内側になるように注意してください。次に筒状のフェルトと底用の木材を糸で縫い合わせます。この時も木材に彫刻した面が外側、縫代が内側になるように注意して縫いつけてください。最後にフェルトの筒上部を内側に折って、糸で穴をかがります。

これでオリジナル矢筒のでき上がりです。早速、次回のアーチェリーで手作りの矢筒を持っていきましょう。