イースターバニーのシェルフシッター:アクリルと木材をレーザー加工機で加工

イースターバニーの
シェルフシッター

<材料:合板とアクリル>

お問い合わせ

イースター(復活祭)に机や本棚に飾るシェルフシッターをレーザー加工機でつくりませんか?

ウサギの型にカットした木材の合板を2枚使って、色の綺麗なアクリル板を挟みます。

サイズは大小のデザインを用意しました。アクリルは、ピンク、ミント、グリーンなどお好みの色を選んで作ってみてください。


 材料

このサンプルのアクリルは、トロテック・レーザー(オーストリア本社)が販売しているレーザー加工用の材料「トロテック商材」を使用しています。

※トロテック商材は日本で販売しておりません。類似品をご利用ください。

使用機種

  • Speedy 360
  • 80W
  • 2インチレンズ
  • ショートノズル:口径3mm(木材用)
  • ショートノズル:口径7mm(アクリル用)
  • アルミニウム カッティング グリッド(木材用)
  • アクリル カッティング グリッド(アクリル用)

※他のSpeedyシリーズのモデルでも加工できます。但し、パラメーターは、加工する材料の材質や色、そしてレーザー加工機の機種やレーザー出力(W)によって異なります。

ダウンロード

デザインデータ(cdr/pdf)
※デザインデータは、CorelDRAWまたはIllustratorのグラフィックソフトウェアで開いてください。


ステップバイステップ

ステップ1:デザインのデータ出力

このページのデザインファイルをダウンロードして、グラフィックソフト(CorelDRAWまたはIllustrator)で開きます。

次に加工する材料別(合板とアクリル)にデザインデータをレーザー加工機用データ(=ジョブ)に出力します。デザインを選択し、グラフィックソフトの印刷でプリンター「Trotec Engraver」を選択、環境設定をクリック、出力設定タブを表示して下記を設定します。

印刷 > Trotec Engraver > 環境設定 > 出力設定

設定が完了したら最後に印刷のOKを押すと、JobControl(ジョブコントロール)レーザーソフトウェアにデータが出力され、自動でジョブが生成されます。

印刷のデータ出力設定

サイズ設定

ジョブサイズに最小化にチェックを入れる

印刷設定(加工オプション)
加工モード 解像度 カットライン
標準 500 dpi なし
ハーフトーン調整 その他
カラー 高度なジオメトリ
最初に内部ジオメトリ

ステップ2:合板のレーザー加工

合板を加工するのに加工テーブル「アクリル カッティング グリッド」をセットしします。ノズルは、口径(3mm)のショートノズルを使用します。

材料を加工テーブルにセットし、加工テーブル上の空きスペースを紙などで覆います。そうすると加工テーブルの吸引力がアップし、加工中の粉塵や煙が十分に吸引できて加工品質が良くなります。

次にJobControl®(ジョブコントロール)レーザーソフトウェアをPC画面に表示し、ステップ1でデータ出力した加工する材料のジョブ(合板用)をJobControlのプレート上に配置します。それからJobControlの「材料テンプレート」を開いて、下記のパラメーターを設定します。パラメーターの設定後、レーザー加工を開始します。

パラメーター設定

カラー 加工の種類 パワー (%) スピード (%) 周波数(ppi/Hz)
彫刻CO2 60 100 Auto 500 ppi
赤 (合板 3mm) カットCO2 95 1.5 1000
赤 (合板6mm) カットCO2 95 0.8 1000
パス(繰返し) エアアシスト Zオフセット ディレクション アドバンス
1 ON - トップダウン(上から下) 高品質
1 ON - - -
1 ON - - -

※パラメーターは、加工する材料の材質や色、そしてレーザー加工機の機種やレーザー出力(W)によって異なります。仕上がりの良い最適な加工を検出するために、いくつかのパラメーターでテストすることをお薦めします。


ステップ3:アクリルのレーザー加工

アクリルをカットするのに加工テーブル「アルミニウム カッティング グリッド」をセットしします。ノズルは、口径7mmのショートノズルを使用します。

材料のアクリルを加工テーブルにセットします。加工テーブルの吸引力がアップするように、加工テーブル上の空きスペースを紙などで覆います。

次にJobControl®(ジョブコントロール)レーザーソフトウェアをPC画面に表示し、ステップ1でデータ出力した加工する材料のジョブ(アクリル用)をJobControlのプレート上に配置します。それからJobControlの「材料テンプレート」を開いて、下記のパラメーターを設定します。パラメーターの設定後、レーザー加工を開始します。

パラメーター設定

カラー 加工の種類 パワー (%) スピード (%) 周波数(ppi/Hz)
Red Cut CO2 95 0.8 20.000
パス(繰返し) エアアシスト Zオフセット ディレクション アドバンス
1 ON - - -

※パラメーターは、加工する材料の材質や色、そしてレーザー加工機の機種やレーザー出力(W)によって異なります。仕上がりの良い最適な加工を検出するために、いくつかのパラメーターでテストすることをお薦めします。


ステップ4:組み立て

組み立てる前に、パーツの表面や断面に加工カスが残っていたら、水で湿らせた布で拭いて綺麗にします。写真のようにパーツの種類毎に並べて置くと作業しやすいでしょう。

  • 写真を参考に、合板とアクリルの片面を両面テープで接着します。
  • その後、丸いしっぽを接着します。
  • 裏面にして、アクリルのもう一面に合板のパーツを両面テープで取り付けます。
  • 片面と同様にしっぽを付けます。
  • 上記の通り、アクリルの両面を合板で接着したら完成です。

切り抜いたウサギの合板にも丸いしっぽを取り付けると、デコレーションとして使用できます。

カラフルなウサギでイースターを飾りましょう。


TroGlass Pastel - 爽やかで明るい色のキャストアクリル

パステルカラーのアクリルでトレンド作品をつくろう!

TroGlass Pastelは、一面が光沢、もう片方の面がつや消し加工されているので、表面と裏面が少し異なる高度な作品制作に活用できます。

TroGlass Pastelのミントは、ピンクと同じくらい人気があります。

シェルフシッターに穴をあけて紐を通せば、イースターツリーにぶら下げて飾れます。

TroGlass Pastel
※リンク先はトロテック商材(ウェブショップ)の英語サイトです。


トロテックのレーザー加工機をチェックしてみよう!