ステンレススチール製のカトラリーにレーザー加工機でデザインを入れて、商品をグレードアップしませんか?
レーザーによるアニーリング加工ならプリントのように滑らかで、剥がれにくいマーキングが施せます。


材料

  • ステンレススチール製のカトラリー
  • レゴブロック(治具として使用)

※治具を使って、できるだけ加工テーブルに対して加工面が平らになるように材料をセットします。

使用機種

  • Speedy 360 flexx
  • 30W ファイバーレーザー
  • 2.85" インチレンズ

※他のSpeedyシリーズのflexxモデルでも加工できます。

アクセサリー


ステップバイステップ

ステップ1:デザインのデータ出力

このページ下のデザインファイルをダウンロードして、cdrかpdfファイルをグラフィックソフト(CorelDRAWまたはIllustrator)で開きます。あるいはオリジナルのデザインを作図してください。

次にデザインデータをレーザー加工機用データ(=ジョブ)に出力します。デザインを選択し、グラフィックソフトの印刷でプリンター「Trotec Engraver」を選択、環境設定をクリック、出力設定タブを表示して下記を設定します。設定が完了したら最後に印刷を押すと、JobControl(ジョブコントロール)レーザーソフトウェアにデータが出力され、自動でジョブが生成されます。

印刷 > Trotec Engraver > 環境設定 > 出力設定

印刷のデータ出力設定

印刷設定(加工オプション)
加工モード 解像度 カットライン
標準 1000 dpi なし
ハーフトーン調整 その他
カラー -

ステップ2:レーザー加工(アニーリング)

マーキングするカトラリーを加工テーブルにセットします。

ヒント

できるだけ加工テーブルに対して加工面が平らになるように材料をセットするために、この加工サンプルでは治具にレゴブロックを使用しています。高さの異なる材料や正確な位置に固定しなければならない場合、またテンプレートを製作するほどロット数がない場合などに、レゴブロックはとても実用的です。

次にJobControl(ジョブコントロール)レーザーソフトウェアをPC画面に表示し、ステップ1でデータ出力したジョブをJobControlのプレート上に配置します。それからJobControlの「材料テンプレート」を開いて、下記のパラメーターを設定します。パラメーターの設定後、レーザー加工を開始します。

パラメーター設定(アニーリング)

カラー 加工の種類 パワー (%) スピード (%) 周波数 (ppi/Hz)
彫刻FLP 90 3 30000
パス(繰返し) エアアシスト Zオフセット アドバンス
1 on +2 mm -

※パラメーターは、加工する材料の材質や色、そしてレーザー加工機の機種やレーザー出力(W)によって異なります。仕上がりの良い最適な加工を検出するために、いくつかのパラメーターでテストすることをお薦めします。


ステップ3:加工後

後処理は何もする必要がありせん。カトラリーのマーキングは、食洗機にも対応しています。


ダウンロード

デザインデータ(cdr/pdf)

※デザインデータは、CorelDRAWまたはIllustratorのグラフィックソフトウェアで開いてください。


トロテックの推奨モデル