レーザー加工機でアクリルから作った象のモビール

象のモビール

<材料:アクリル>

カラフルなアクリルをレーザー加工して、ゆらゆら揺れる象のモビールを作ってみましょう。

木材で作ると、シックで高級感のあるモビールになります。

材料は余った端材を活用しても作れます。


材料

  • アクリル板 TroGlass Pastel(象のボディ用):厚さ3mm、サイズ606 x 301 mm、色:ミント、イエロー、オレンジ、ライラック、ピンク、ライトブルー
  • アクリル板 TroGlass Satins (象の耳、ハート、モビールを吊るすリング用) 厚さ3mm、サイズ606 x 301 mm、色:ライムグリーン、イエロー、オレンジ、バイオレット、濃いピンク、ブルー
  • 綿糸、または絹糸

このサンプルのアクリルは、トロテック・レーザー(オーストリア本社)が販売しているレーザー加工用の材料「トロテック商材」を使用しています。

※トロテック商材は日本で販売しておりません。類似品をご利用ください。

使用機種

  • Speedy 360
  • 80W
  • 2.0インチレンズ
  • ショートノズル:口径7mm(アクリル用)
  • エアアシスト:低
  • 加工テーブル:アクリル カッティング グリッド(アクリル用)

※他のSpeedyシリーズのモデルでも加工できます。

ダウンロード

デザインデータ(cdr/pdf)
※デザインデータは、CorelDRAWまたはIllustratorのグラフィックソフトウェアで開いてください。

ヒント

  • カラフルな色の材料を使って、目で楽しめるモビールを作ってみましょう。
  • 端材を活用して様々なモビールを作ってみましょう。

ステップバイステップ

ステップ1:デザインデータ出力

製作で注意する点は、各パーツがしっかりとジョイントするように、カット幅が結合する材料の厚さと合致していることです。

このページのデザインファイルをダウンロードして、グラフィックソフト(CorelDRAWまたはIllustrator)で開きます。

デザインファイルには、以下のデータが描かれています。

  • 1x 大きなサスペンション・リング
  • 1x 小さなサスペンション・リング
  • 8x 象の胴体(様々な色)
  • 8x 象の耳(ボディに合わせた様々な色)
  • ハート大(数と色はお好みで)
  • ハート小(数と色はお好みで)

次に加工するアクリルの色別、またはパーツ別にデザインデータをレーザー加工機用データ(=ジョブ)に出力します。デザインを選択し、グラフィックソフトの印刷でプリンター「Trotec Engraver」を選択、環境設定をクリック、出力設定タブを表示して下記を設定します。設定が完了したら最後に印刷のOKを押すと、JobControl(ジョブコントロール)レーザーソフトウェアにデータが出力され、自動でジョブが生成されます。

印刷 > Trotec Engraver > 環境設定 > 出力設定

印刷のデータ出力設定

印刷設定(加工オプション)
加工モード 解像度 カットライン
標準 500 dpi なし
ハーフトーン調整 その他
カラー 高度なジオメトリ
最初に内部ジオメトリ

ステップ2:レーザー加工

加工テーブル「アクリル カッティング グリッド」をセットしします。ノズルは、口径(7mm)のショートノズルを使用します。

彫刻加工の場合、アクリル板の保護シートが溶けて材料に付着する場合がありますので、アクリル板(加工する面側)の保護シートを剥がします。材料を加工テーブルにセットし、加工テーブル上の空きスペースを紙などで覆います。そうすると加工テーブルの吸引力がアップし、加工中の粉塵や煙が十分に吸引できて加工品質が良くなります。

次にJobControl®(ジョブコントロール)レーザーソフトウェアをPC画面に表示し、ステップ1でデータ出力した加工する材料のジョブ(合板用)をJobControlのプレート上に配置します。それからJobControlの「材料テンプレート」を開いて、下記のパラメーターを設定します。TroGlass Pastel (3mm) とTroGlass Satins (3mm)の両方とも同じパラメーターを使用します。

パラメーターの設定後、レーザー加工を開始します。

パラメーター設定

カラー 加工の種類 パワー (%) スピード (%) 周波数(ppi/Hz)
カット CO2 10 1 1000 Hz
カット CO2 50 0.2 5000 Hz
パス(繰返し) エアアシスト Zオフセット ディレクション アドバンス
1 ON - - レーザー発振調整 10
1 ON - - レーザー発振調整 10

※パラメーターは、加工する材料の材質や色、そしてレーザー加工機の機種やレーザー出力(W)によって異なります。仕上がりの良い最適な加工を検出するために、いくつかのパラメーターでテストすることをお薦めします。


ステップ3:象の組み立て

裏面にも保護シートがあれば、剥がします。

パーツの断面や表面に加工カスが残っていたら、水で湿らせた布で拭いて綺麗にします。

写真のようにお好きな色の胴体と耳をはめ合わせます。


ステップ4:糸を通す

象の胴体上部のレーザーカットされた穴が2箇所あります。この穴に糸を十字に通して、象の耳を固定します。写真を拡大して参照してください。先ず、胴体前の穴に糸を通します。

次に、同じ糸を胴体後部の反対側の穴から通し、十字になるようにして耳の上で糸を結びます。

象はこのようにして耳と胴体に糸を通してます。


ステップ5:モビールの組み立て

大きなサスペンション・リングの2つの大きな穴(全四箇所)に糸を通します。写真を拡大して参照してください。

それから吊り下げ用の小さなサスペンション・リングに糸を通します。残り3箇所の大きな穴と小さなサスペンション・リングにも同様に糸を通します。

大きなサスペンション・リングが水平になるように糸の長さを調整します。

最後に大きなサスペンション・リングの小さな穴に糸を通して、象やハートをぶら下げます。これでモビールの完成です。


TroGlassアクリルでポップな作品をつくろう!

TroGlass Pastelは、一面が光沢、もう片方の面がつや消し加工されているキャストアクリルです。また明るくポップなカラー7色をラインナップしています。その中でTroGlass Pastelのソフトミントは、ライトピンクと同じくらい人気がある色です。

TroGlass Pastel

※リンク先はトロテック商材の英語サイトです。
※日本では販売しておりません。


もっとアイデアをプラス!

象の胴体と耳を同じ色調で組み合わたり、コントラストの強い2色(例:赤と青)で組み合わせたりしてみましょう。

木材など違う材料を使うと、アクリルのポップなイメージと異なり、シックで高級感のあるモビールになります。

但し、素材の異なる板材を使用する場合は、レーザーカットによる溶け幅が変わるため、材料の厚さに注意してジョイントするための幅を調整してください。

【ご注意】このモビールはおもちゃではなく、装飾用です。小さなお子様の手の届かない場所に設置してください。


トロテックのレーザー加工機をチェックしてみよう!

トロテックの違いは、実際のレーザーで体感できます! デモをリクエストする
デモをリクエストする