印刷したアクリルの屋外看板

トロテック・レーザーのJobControl® Vision(ジョブコントロール・ビジョン)機能を使って、デザイン印刷したアクリルをカットし、お店の看板を作ってみましょう。


材料

  • デザイン印刷済みの透明アクリル(キャスト材):1200 x 600 mm、厚さ8mm、1枚 (Printed Acrylic 8mm)
    ※このサンプルの印刷データは、ダウンロードデータのPrintfile_PrintCutSign.pdfをご利用ください。
  • ローズカラーのアクリルと粘着シート:606 x 305mm、厚さ1.6mm、1枚 (TroGlass Satins rose)
  • サテン調アクリルと粘着シート:606 x 301mm、厚さ3mm、1枚 (TroGlass Color Gloss Fuchsia)
  • サインナット(看板壁面取付け用ボルトナット ):直径20mm、約4個 (Signage Wall Mounts)

※このサンプルのアクリルは、トロテックが販売しているレーザー加工用の商材(トロテック商材)を使用しています。

Trotec Materials(英語)

トロテック商材には、日本で取り扱っていない種類があります。

詳しくはトロテック・レーザー・ジャパンにお問い合わせください。

使用機種

※サイズによって、他のSpeedyシリーズのモデルでも加工できます。

アクセサリー

加工テーブル:


ステップバイステップ

ステップ1:デザインのデータ出力(印刷したアクリル)

このページ下のデザインファイルをダウンロードして、cdrかpdfファイルをグラフィックソフト(CorelDRAWまたはIllustrator)で開きます。

次にアクリル8mmのアウトラインデザインをレーザー加工機用データ(=ジョブ)に出力するために、デザイン(printed TroGlass Clear, 8mm)を選択します。この時、デザインの周囲にある黒丸も必ず一緒に選択して出力します。この黒丸はアウトラインをカットする際に、レーザーソフトウェアJobControl(ジョブコントロール)がレジストレーションマークとして認識されます。

グラフィックソフトの印刷でプリンター「Trotec Engraver」を選択、環境設定をクリック、出力設定タブを表示して下記を設定します。設定が完了したら最後に印刷のOKを押すと、JobControl(ジョブコントロール)レーザーソフトウェアにデータが出力され、自動でジョブが生成されます。

印刷 > Trotec Engraver > 環境設定 > 出力設定

印刷のデータ出力設定

印刷設定(加工オプション)
加工モード 解像度 カットライン
ベクタージョブ 1000dpi なし
ハーフトーン調整 その他
カラー

高度なジオメトリ

最初に内部ジオメトリ


ステップ2:レーザー加工(印刷したアクリル)

レーザーでアクリルをカットして看板のベースを作ります。先ず厚さ8mmのアクリルをSP3000のアクリル カッティング ブレードの加工テーブル上にセットします。テーブルの吸引力を上げるために、加工テーブル上の空きスペースを材料とは別の材料で覆います。

次にJobControl(ジョブコントロール)レーザーソフトウェアをPC画面に表示し、ステップ1でデータ出力したジョブをJobControlのプレート上に配置します。それからJobControlの「材料テンプレート」を開いて、下記のパラメーターを設定し、JobControl Visionでレジストレーションマークを読み取ったら、レーザー加工を開始します。

パラメーター設定

パラメーター カラー 加工の種類 Power (%) Speed (%) 周波数(ppi/Hz)
レジストレーションマーク レジマーク - - -
カット カットCO2 85 2.3 20,000
パラメーター パス(繰返し) エアアシスト Zオフセット アドバンス
レジマーク - - - -
カットCO2 1 ON -2mm -

※パラメーターは、加工する材料の材質や色、そしてレーザー加工機の機種やレーザー出力(W)によって異なります。仕上がりの良い最適な加工を検出するために、いくつかのパラメーターでテストすることをお薦めします。


ステップ3:デザインのデータ出力(アクリル文字)

看板に三次元効果を出すために、アクリル文字をレーザーでカットして取り付けます。再びこのページ下のデザインファイル(cdrかpdfファイル)をグラフィックソフト(CorelDRAWまたはIllustrator)で開きます。

次に2種類のアクリル文字のデザインをレーザー加工機用データ(=ジョブ)に出力します。最初に“jazz Chicago”のデザイン(TroGlass Satins Pink 117037)を選択し、グラフィックソフトの印刷でプリンター「Trotec Engraver」を選択、環境設定をクリック、出力設定タブを表示して下記を設定します。設定が完了したら最後に印刷を押すと、JobControl(ジョブコントロール)レーザーソフトウェアにデータが出力され、自動でジョブが生成されます。

同様に“club”(TroGlass Color Gloss Fuchsia translucent 117105)のデザインもレーザー用データに出力します。

印刷 > Trotec Engraver > 環境設定 > 出力設定

印刷のデータ出力設定

印刷設定(加工オプション)
加工モード 解像度 カットライン
ベクタージョブ 1000dpi なし
ハーフトーン調整 その他
カラー 高度なジオメトリ
最初に内部ジオメトリ

ヒント:

写真のようにネスティングして文字を配置すると、材料の無駄を減らし効率良くカットすることができます。但しこの場合、文字を貼り付ける際にレーザーカットした後の板をテンプレートとして使用できません。


ステップ4:レーザー加工(アクリル文字)

材料のアクリルをSpeedy400のアクリル カッティング グリッドの加工テーブルにセットします。次にJobControl(ジョブコントロール)レーザーソフトウェアをPC画面に表示し、ステップ3でデータ出力したジョブをJobControlのプレート上に配置します。それからJobControlの「材料テンプレート」を開いて、下記のパラメーターを設定します。パラメーターの設定後、レーザー加工を開始します。

パラメーター設定

カラー 加工の種類 パワー(%) スピード(%) 周波数(ppi/Hz)
カットCO2 100 1 1000

 

パス(繰返し) エアアシスト Zオフセット アドバンス
1 on - -

ヒント:

このサンプルでは”Chicago”文字の周りにフレームカットをデザインしています。これはカットした後、加工テーブルから取り出す時に文字をテープで止めるとフレームから落ちるのを防ぐことができます(写真参照)。また、看板に取り付ける時にもフレームを使って文字をきれいに並べて接着することができます。


ステップ5:仕上げ

プリント&カットしたアクリルから保護シートを剥がします。最初に”jazz club”の文字をちょっとルーズに並べて取り付けます。”Chicago”文字は、”jazz club”がしっかりと固定されてから取り付けます。文字を取り付けたらサインナットやネジでサインボードを壁などに取り付けます。


なぜトロテックのアクリルが看板に適しているの?

トロテック商材のアクリルには、色、艶出し/艶消しの表面加工、透明度などの点で幅広い種類を取り揃えています。これらの豊富なラインナップから必要に最適なアクリルを選んで、クリエイティブでアイキャッチのある特別な看板を製作することができます。またアクリルのTroGlass シリーズは、レーザー加工用に製造された材料なので加工がしやすく、さらに天候や光散乱に強い素材です。


もっとアイデアをプラス!

  • 暗がりでも目立つように、LED線で後ろから看板をイルミネーションしてみましょう。
  • 看板デザインに合わせた席番やスタッフのネームバッチも作ってみましょう。

ダウンロード

デザインデータ(cdr/pdf)

※デザインデータは、CorelDRAWまたはIllustratorのグラフィックソフトウェアで開いてください。


トロテックの推奨モデル