3Dラビリンス(迷路ゲーム)

3Dラビリンス(迷路ゲーム)

アクリル板をレーザー加工機でカットして組み立てた「3Dラビリンス」(迷路ゲーム)の作り方をご紹介します。


材料

  • 黒のアクリル板:サイズ610 x 305 mm、厚さ3.2 mm 
  • 白のアクリル板:サイズ610 x 305 mm、厚さ3.2 mm 
  • 加工テーブルをカバーする物(例:紙)
    ※加工テーブルの吸引力が高くなります。
  • ビー玉:直径最大12mm

※サンプルのアクリル板は、トロテックの商材「TroLase ADA Signage」を使用していますが、日本では商材を販売していません。トロテックの商材について、詳しくは下記をご覧ください。

使用機種

  • Speedy 360
  • 80W
  • 2.0インチレンズ

※このサンプルデザインでは、接続部分のカット幅が2.0インチレンズ用に設計されています。

※他のSpeedyシリーズの機種でも加工できます。

アクセサリー

  • 加工テーブル:バキュームテーブル+アクリル カッティング グリッド

ステップバイステップ

ステップ1:レーザー加工用データの出力

このページ下のデザインデータをダウンロードして、デザインファイル(cdrまたはpdf)をグラフィックソフト(CorelDRAWまたはIllustrator)で開きます。

次にデザインデータをレーザー加工機用データに出力します。デザインを選び、グラフィックソフトの印刷でプリンター「Trotec Engraver」を選択、環境設定をクリック、出力設定タブを表示して下記を設定します。設定が完了したら最後に印刷を押して、JobControl(ジョブコントロール)レーザーソフトウェアにデータを出力しジョブを作成します。ジョブの作成は、材料毎(黒アクリル、白アクリル別)にジョブを作成した方が加工に便利です。

印刷 > Trotec Engraver > 環境設定 > 出力設定

印刷のデータ出力設定

印刷設定(加工オプション)

加工モード 解像度 カットライン
カットジョブ 1000 dpi なし
ハーフトーン調整 その他
カラー 高度なジオメトリ
最初に内部ジオメトリ

ヒント

オリジナルのボックスやフレームを設計する際に、下記のサイトを利用すると便利です。数値を入力すれば、展開図が自動的にPDFで生成されます。

  • makeabox.io
    ※Kerf(カット幅)の値は、0.2mmにしてください。

ステップ2:レーザー加工

バキュームテーブルの上にアクリル カッティング グリッドをセットします。次に黒のアクリル板を加工テーブルの上に置き、フォーカスツールで焦点位置を定めてゲームボードの外枠と底をカットします。

JobControl(ジョブコントロール)レーザーソフトウェアをPCモニターに表示し、ステップ1でデータ出力したジョブ(黒アクリル用のデザインデータ)をJobControlのプレート上に配置します。次にJobControlの「材料テンプレート」を開いて、下記のパラメーターを設定したら、レーザー加工をスタートします。

黒のアクリル板と同様に、ビー玉を転がすゲーム盤も白のアクリル板を加工して作ります。アクリル板を加工テーブルにセットし、フォーカスツールで焦点位置を決めます。ステップ1でデータ出力したジョブ(白アクリル用のデザインデータ)をJobControlのプレート上に配置し、下記のパラメーターで加工します。盤内の壁が正しく組み立てられるように壁部分もスクラッチ加工のパラメーター設定にしています。

パラメーター設定

カラー 加工の種類 パワー (%) スピード(%) 周波数(ppi/Hz)
スクラッチング:赤 カットCO2 10 1.5 1000
文字のマーキング:青 カットCO2 25 1.5 1000
ワイド・スクラッチング:シアン カットCO2 20 1.5 1000
カット:グリーン カットCO2 95 0.8 1000
パス(繰返し) エアアシスト Zオフセット アドバンス
1 on 1 mm -
1 on 2 mm -
1 on 4 mm -
1 on -1.6 mm -

ヒント

アクリル板の保護紙は、作業中にアクリルが傷つくのを防ぐため、レーザー加工後に剥がしてください。全パーツの保護紙を忘れずに剥がしてから組み立ててください。

※パラメーターは、加工する材料の材質や色、そしてレーザー加工機の機種やレーザー出力(W)によって異なります。仕上がりの良い最適な加工を検出するために、いくつかのパラメーターでテストすることをお薦めします。


ステップ3:組み立て

アクリル板の保護紙を剥がします。必要であれば、水で湿らせた布や洗浄力がマイルドな洗剤を使って、カットしたアクリルパーツをクリーニングにしてください。底パーツと枠の長いパーツをジョイントします。次に枠の短いパーツをジョイントします。最後に盤内の壁パーツを一つ一つはめ込んでいきます。これで3Dラビリンスの完成です。

ヒント

カット後にアルコール主成分のクリーナーや洗剤を使用してアクリルをクリーニングする場合は、アクリルが色落ちしないかどうか、端材等で試してからクリーニングしてください。


もっとアイデアをプラス!

  • 盤内のデザインを変更して、レベルの違うラビリンスを製作してみてください。
  • 写真のように盤内にべニア材を使用して、テイストの違うボードゲームも作ってみましょう。


トロテックの推奨製品