レーザー加工の用途

トロテックのレーザー加工機は、幅広いアプリケーションや材料に活用されています。

レーザー加工機は「カット、彫刻、マーキング」の3種類の加工が一度の工程で可能です。この加工技術を活かしたレーザー加工機の用途や目的、ビジネスや市場、レーザー加工できる材料や実際の商品などをご紹介します。また、この3種類の加工方法は、材料やレーザー光源によって適合性が異なります。材料とレーザー光源に適した加工方法についても説明します。

「材料」「ビジネス」「加工方法」の各カテゴリーをプルダウンして、知りたい項目を選んでください。または興味のあるイメージ画像をクリックしてください。

※加工テストおよび掲載以外の材料については、トロテックに直接お問い合わせください。
※トロテック・レーザー・ジャパンでは、レーザー加工用の材料は販売しておりません。