紙のレーザーカット

トロテックのレーザーカッターを使ったカット、スクライビング、溝切り、穿孔

レーザーカットは、デジタル印刷パッケージ原型の製作模型製作 、もしくはスクラップブッキングに必要とされる、紙、厚紙、ボール紙の加工に適しています。 レーザーカッターが提供する利点により、デザインの選択肢が増え、それによって競争力が高まります。

レーザーを使っての紙の彫刻も印象的な結果を生み出します。ロゴ、写真、装飾などグラフィックデザインの可能性に限界はありません。レーザービームによる表面の仕上げはデザインの自由度を上げるのです。

適した材料

最大600グラムまでの紙(ファインペーパー、アートペーパー、コーティングされていない紙)
厚紙
ボール紙
ダンボール

 

  レーザー加工の材料一覧へ

紙のレーザーカットとレーザー彫刻の仕組み
レーザーは非常に精緻な形状を最大限の精度で実現するのに極めて適しています。カッティング用プロッターでは同じ要求を満たすことはできません。レーザーカッターは最もデリケートな紙のカットができるだけでなく、ロゴや画像の彫刻も苦もなく行えるのです。

レーザーカットの際の紙の燃焼について
類似した化学成分を持つ木材と同じく、紙は唐突に気化します。これを昇華と呼びます。カッティングクリアランスの領域では、紙は高いレートのスモーク状に見える気体になります。このスモークが紙から熱を移動させます。そのため、カッティングクリアランス付近の紙の熱負荷は比較的低く抑えられます。この特徴こそが紙のレーザーカッティングを興味深いものとしています。この時点で材料は素晴らしい輪郭を持っているにしても、スモークの残留物、もしくは燃えた端を持つことになります。

紙のレーザーカットに使用できる付属品
印刷物を加工する際にはカメラシステムが理想的なパートナーとなるでしょう。JobControl Vision®は印刷物の輪郭の完璧なカッティングを可能にします。この方法なら柔軟な材料であっても、カットできるのです。手動による位置調整は不要であり、印刷面の歪みは検知され、カットパスは自動的に調整されます。オプティカルレジストレーションマーク検知システムをトロテックのレーザーと組み合わせることで、加工コストを最大30%の節約することができます。

材料の作業面上に固定する必要性の有無
手作業での固定は必要ありません。最適なカッティング効果のために、当社ではレーザー加工機用バキュームテーブルの使用を推奨しています。この製品は、ボール紙のような薄い、もしくは波状の材料が水平に作業テーブル上に置かれるようにします。フォイルとフィルムのレーザーカットの際に、レーザーは材料にいかなる圧力も加えません。つまり、クランプも他のいかなる固定具も必要ありません。これにより、材料の準備の際のコストと時間を節約が可能になる上、材料の破損を防ぐことになります。こういったすべての利点が合わさり、紙のレーザーカットにおける完璧なソリューションを提供します。

紙のレーザーカットについての詳細は当社にお問い合わせください。

トロテックのおすすめ製品

  • スピーディー100: 要求の高い初心者向けのアップグレード可能なCO2レーザー彫刻機

    Speedy 100

    高い要求を満たす初心者向けのアップグレード可能なCO2レーザー彫刻機
    加工面積:   610 x 305 mm   ♦   レーザータイプ:   CO2レーザー、フラットベッド
  • スピーディ400レーザー加工機

    Speedy 400

    多岐に渡る材料の彫刻のためのレーザー彫刻機
    加工面積:   1000 × 610mm   ♦   レーザータイプ:   CO2レーザー、フラットベッド
  • 大型高出力レーザーカッターSP500

    SP500

    CO2レーザーで高効率のカッティングと彫刻が可能な大型レーザー加工機
    加工面積:   1245 x 710mm   ♦   レーザータイプ:   CO2レーザー、フラットベッド
  •