アクリル製ペン立て

カラフルなアクリルのペン立てをご紹介します。アクリルの端材を使って作れます。いろいろな色の楽しいペン立ては、きっと小学生によろこんでもらえます。ペン立てを手作りして、机の上を明るく彩りましょう。

laser cutting pencil box

準備

材料
  • アクリル:厚さ3mm
    ※端材を利用してみましょう。
    ※ハンノキ材やポプラ合板などの木材でも作れます。
使用機種

Speedy 300、60W、2.5インチレンズ

ヒント

2.5インチのレンズを使う
カッティングテーブルを使用する。素材の裏面でのビームの反射を防ぐことができます。

※デザインPDFは、CorelDRAWまたはIllustratorで開いてください。 ※JobControlのパラメーターをインポートする際、データベースに同じファイル名が既存している場合は上書きされますのでご注意ください。

ステップ・バイ・ステップ

Step 1

ステップ1:レーザー加工

本ページののデザインPDFをダウンロードして、CorelDRAWまたはIllustrator グラフィックソフトウェアで開きます。印刷を選んでデザインデータをJobControlデータに出力し、レーザー加工機に送信します。

材料のアクリルをレーザー加工機にセットし、焦点距離の位置決めをします。次にパラメーターを設定して、加工スタートです。

パラメーター設定

Speedy 300、60W、2.5インチレンズの場合

カット(赤) パワー(レーザー出力):100 %、スピード:0.8 %、周波数:8500 Hz、エアアシスト:ON

※パラメーターはレーザー加工機の機種によって値が異なります。

Step 2

ステップ2:組立て

カットしたパーツを組み立てて、ペン立ての完成です。

Speedyシリーズ
名入れに最適なレーザー加工機です。

レーザー加工機のご紹介

用途や設定に関するご質問がおありですか?
エアアシストの A から z-offset の Z まで喜んでアドバイス致します。

詳細情報を希望する

会員 troGROUP Logo