マルチカラージェット

Speedyシリーズ レーザー加工機用オプション(マルチカラーのゴムスタンプ製造)

このマルチカラージェット(スタンプ着色機)の登場により、トロテックとトロダットは、マルチカラースタンプ製造の自動化をさらに進化させました。 トロテックのレーザー加工機がゴムスタンプ板を彫刻している間に、マルチカラージェットはレーザーカットされたゴムパッドを含浸します。標準的なスタンプ製造プロセスのように、この二つの作業が同時に処理されます。加えて、マルチカラージェットは、15色のインク(マルチカラースペクトル)をいつでも使えるように装備できます。

対応機種

Speedyシリーズ
  • Speedy 100
  • Speedy 300
  • Speedy 360
  • Speedy 400

マルチカラージェットの特長

  • 着色プロセス一回につき最大12枚(パッドのサイズに依存)のパッドを着色
  • 1枚のパッドにつき15色使用可能
  • 永続的に使える15種類のインクタンク
  • トロダット製品のゴムパッドに使用可能:Professional、Printy 、Mobile Printy

マルチカラージェットの仕組み

1. マルチカラースタンプ・インプレッションをCorelDRAWでデザインします。次にMulti Color Checkソフトウェアで、設定したスタンプ・インプレッションが条件をクリアし、製造可能かどうかを自動的にチェックします。この機能によってゴムスタンプ製造にかかる時間を短縮できます。

また、1つのソフトウェアのワンクリックで、レーザー加工機とマルチカラージェットの2台の作業を同時に行うことができます。つまりトロテックのインテリジェントなレーザーソフトウェア、JobControl(ジョブコントロール)によって、次の3つの生産作業を自動的にスタートできます。1)マルチカラーパッドのレーザーカット、2)パッドの含浸、3)ゴムスタンプの文字版製作のレーザー彫刻です。

2. 含浸されていないマルチカラーパッドをレーザー加工機に設置します。トレイを使用するとパッドの位置決めが簡単です。パッドの位置決めが完了したら、すぐにトロテックのレーザー加工機で、印画のデザイン通りにパッドのカットを始められます。

3. レーザー加工機からトレイを取り出し、次はマルチカラージェットに設置します。ワンクリックをすると、自動化された含浸プロセスが開始します。このプロセス中に、スペクトル内の15色を利用できるので、簡単できれいなゴムスタンプが仕上がります。