SP4000:ソフトサイネージ用の大型レーザーソリューション

Request a demo

3,250 × 3,210 mm の加工エリアと 3,200 mm の最大ロール幅を持つトロテックのSP4000 は、のぼり、旗、軽量箱などといったソフトサイネージ専用の全自動レーザーシステムです。高速カットと高精度が組み合わさったこの自動ソリューション。この効率的な加工プロセスによって完璧な品質で高い生産性を実現します。

さらにこの大型レーザーシステムは、ご希望のワークフローに応じて、フィーダーユニットとアンロードテーブルをコンベアベルトに柔軟に配置することができます。つまり、すべてのコンポーネントが適合するように柔軟に構成されています。

切断して溶かす

レーザー光が布の素材を溶断するので、きれいにシールされた、ほつれのない断面で裁断することができます。さらに、レーザーはツールを使わない非接触加工なので、弾性素材でもひずみなく確実にカットできます。

布地のレーザー加工について、詳しくはこちら↓
レーザー加工の用途:布地

フライングオプティクス

トロテックのSPシリーズ 大型レーザーカッターは、市場の他のレーザー加工機とは異なり、レーザー光源をヘッド部分や軸上に搭載して移動していません。このような設計の場合、レーザー出力だけでなく移動システムのカット速度も著しく制限してしまうからです。そこでトロテックの研究開発チームは、速度と出力に制限をかけないマシン性能の設計に注力しました。その仕組みとは、レーザー光源を機械本体内に静止状態で固定し、鏡を使ってレーザー光を加工エリア内にある素材に放射する方法です。フライングオプティクスと言われるこの方法では、レーザー光源が固定されているため、搭載するレーザー出力の大きさに制限はありません。したがって、生産性では決定的に優位です。一般的なソフトサイネージ用途には、最良の生産性を得るために 200 W のレーザー出力をお勧めしています。


トロテックの大型レーザーカッターについて、詳しくはこちら↓
SPシリーズ 大型レーザーカッター