flexx(フレックス)テクノロジー

CO2レーザーとファイバーレーザーを1台のマシンに搭載する技術

2種類のレーザー光源を1台のマシンに搭載し、最大の柔軟性を実現

flexxテクノロジー™(特許取得済み)は、CO2とファイバーの2種類のレーザー光源を1台のマシンに統合する技術です。flexxテクノロジー™を搭載したマシンは、CO2とファイバーに適した様々な材料を一度に加工することができます。つまり、アクリル、木材、ゴム、革などの彫刻やカットにはCO2レーザー、金属や塗装したプラスチックのマーキングにはファイバーレーザーというように、両方のレーザー光源が1台のマシンで使えます。

様々な材料を一度に加工

flexx機能の特長は、レーザー発振器、さらにレンズやフォーカスまでも手動で変更することなく、JobControl®ソフトウェアによる画面上の設定だけで、1回の加工中に2種類のレーザー発振器が材料に応じて自動的に照射します。CO2レーザーによる材料の加工だけでなく、ファイバーレーザーによるアニーリングマーキングや金属の彫刻もスピーディにできます。したがって毎日の作業時間を短縮しながら、加工できる材料の種類を増やすことができます。flexxテクノロジー™を搭載したレーザー加工機なら事業拡大にお役に立つでしょう。

"ready for flexx"(flexxへのアップグレード)

トロテックのSpeedyシリーズは、オプションとして後から一方のレーザー光源を追加することができます。つまり、トロテックのSpeedyシリーズなら初期導入でflexx(フレックス)を選択しなくても、加工したい材料や種類が増えた際に、あるいはお客様のビジネス展開や事業計画に合わせてflexxへのアップグレードが可能です。もちろん、現在ご利用のトロテック・レーザー加工機にもこのflexxへのアップグレードが可能です。

※Speedy 100は、40W以上~が対象機種になります。


CO2レーザーとファイバーレーザーが加工できる材料一覧

Speedy flexx レーザー加工機なら、CO2とファイバーレーザー両方の材料が加工できます。

  材料 CO2 ファイバー
非金属 木材  
  ガラス  
   
  布地  
  皮革  
  石材  
  食品  
  セラミック  
プラスチック ABS、PC、PA、PMMA ...
  ゴム
  二層板(ラミネート)
  発泡材
金属 アルミニウム  
  陽極酸化アルミニウム
  真鍮  
  被覆金属  
  クロム  
   
  貴金属(金、銀、プラチナ)  
  高速度鋼  
  ステンレス鋼  
  チタニウム  

※上記の金属は、CO2レーザーでも加工可能です。但し、金属マーキング剤などの消耗品と追加作業が必要になります。


MOPAレーザーで、金属とプラスチックのマーキングに新たな可能性が実現

新型Speedy 400をリリースしたことで、トロテックはフラッドベッドタイプのレーザーによる金属やプラスチックへのマーキングに新たなスタンダードを確立しました。2005年から市場で成功を続けてきたflexxテクノロジー™がさらに進化し、プラスチックにはコントラストの強い鮮明なマーキングが可能になりました。さらに陽極酸化アルミニウムには黒色の濃いマーキングできるようになりました。このマーキングの実現は、従来のファイバーレーザーではなくMOPAレーザーをフラッドベッドに統合できるようになったからです。

MOPAレーザーは、マーキングの質だけでなく生産性も向上します。それは、品質を維持しつつ、従来型のファイバーレーザーよりもマーキングや深い彫刻を速く処理できるからです。

MOPAレーザーは、ファイバーレーザーのメリットも維持

  • 低メンテナンス
  • 長い製品寿命
  • 空冷
  • お求めやすい価格

MOPAファイバーレーザーで生産性と柔軟性を向上させましょう。優れたコントラストや顕著な効果を実感できます。

flexxテクノロジー™とMOPAファイバーレーザーを搭載したモデルは、Speedyシリーズからお選びください。