レーザー加工機と集塵脱臭装置

開閉弁でバキュームテーブルの吸引力を調整

開閉弁で、最適なエアーフローを供給

バキュームテーブルを使ったアプケーションでは、吸引力を適切に調整することが重要です。トロテックのレーザー加工機では、集塵ホースに取付けたアッタチメントの開閉弁を調節(開/部分的に開/閉)することによって、加工テーブル上を流れるエアーを制御し、結果的にバキュームテーブルの吸引力をコントロールすることができます。


2つのエアーフロー

レーザー加工時、集塵脱臭装置の吸引によって、加工エリア内に2つのエアーが流れています。一つは、レーザー加工機の手前から奥へ向かって加工テーブル上を流れるエアー①です。2つ目はバキュームテーブルが吸引するエアー②です。

この2つのエアーを吸引するために、トロテックのレーザー加工機には、本体と集塵脱臭装置をつなぐ集塵ホースの排気フランジが2種類あります。エアー①用の直径75mmとエアー②用の直径45mmです。

 

 

開閉弁の調節で吸引力をコントロール

トロテックのバキュームテーブル*には、エアー①用(75Ø)の開閉弁(エアフローシャッター)と、エアー②用(45Ø)の集塵ホースが付属しています。開閉弁は、本体側か集塵脱臭装置側のどちらかに集塵ホースのアタッチメントとして取り付けることができます。

開閉弁のつまみで加工テーブルの上部を流れる空気の排気量を調節することによって、バキュームテーブルの吸引力も同時にコントロールすることができます。

例えば、開閉弁を閉じて加工テーブル上のエアーフローを止めると、バキュームテーブルの吸引力がアップし、フィルムや紙などの薄い材料がより安定して加工テーブルに固定できます。また、この開閉弁を上手に調節することによって、発生したガスを瞬時に排出することができます。それによってレーザー加工の精度が向上し、アクリル等の断面を美しく滑らかにカットできます。

*バキュームテーブルは、トロテック・レーザー加工機のSpeedy 300、Speedy 360、Speedy 400、SP500に対応しています。加工テーブルの対応機種については、下記ページの表をご参照ください。

多機能テーブルコンセプト


開閉弁とバキュームテーブルの吸引力

1) 閉じている状態

開閉弁の外部

開閉弁の内部

バキュームテーブルの吸引力 適用例*

加工テーブル上を流れるエアー①の排気量はゼロ、
バキュームテーブル(エアー②)の吸引力は最大。

レーザーカット

2) 部分的に開いている状態

開閉弁の外部

開閉弁の内部

バキュームテーブルの吸引力 適用例*

開閉弁の開きが小さいほど、エアー①の排気量は少なく、バキュームテーブル(エアー②)の吸引力はより大きい。

粉塵の少ないレーザー彫刻と
レーザーカットの同時加工

3) 開いている状態

開閉弁の外部

開閉弁の内部

バキュームテーブルの吸引力 適用例*

加工テーブル上のエアー①の吸引によって、
バキュームテーブルのエアー②が制御されている。

粉塵が多いレーザー加工

*上記の適用例について、加工する素材の材質や厚みなどの加工条件によって適さない場合があります。


さらに詳しい情報は・・・

開閉弁による バキュームテーブルの吸引力の調整方法について、さらに詳しい内容やご質問は、トロテックに直接お問い合わせください。

【お問い合わせ先】
・Tel: 03-5826-8032
※受付時間:平日9:00~18:00(土日祝日および当社休業日を除く)
・メール
下記の「お問い合わせ」をクリックし、お問い合わせページから質問事項をご記入ください。