購入ガイドのトップイメージ

購入ガイド

トロテック・レーザー加工機の購入をご検討されているお客様は、この「購入ガイド」を事前にお読みいただくと、
お問い合わせの際、お見積りやご相談等をスムーズにご案内できます。


1.機種の選び方

機種は、「加工したい材料」、「加工の種類」、「サイズ」、「厚み」によって選ぶことができます。

 

1.1. 加工したい材料と加工処理の種類 ⇒ レーザー発振器の種類が決まります。

 

  材料 加工処理 ⇒ レーザー発振器
アクリル、木材、皮革、紙、布、ゴム カット・彫刻・マーキング ⇒ CO2レーザー
ガラス、石材 彫刻・マーキング
※カットはできません。
⇒ CO2レーザー
金属、プラスチック樹脂等 彫刻・マーキング
※カットはできません。
⇒ ファイバーレーザー
①+②+➂ ⇒ flexxレーザー

flexx(フレックス)レーザーとは・・・

2種類のレーザー光源「CO2レーザー」と「ファイバーレーザー」を1台のマシンに統合したトロテック独自のレーザー加工機です。この「flexxレーザー」を搭載したトロテックのSpeedyシリーズは、異なる材料の加工でも、レーザー発振器を交換することなく、PC上の操作で2種類のレーザー光源を切り換えることができます。

材質の異なる材料を一度に加工できる「flexxレーザー」

1.2. 材料のサイズ ⇒ 加工エリアと機種が決まります。

 

 

コンパクト・ミドルサイズのレーザー加工機

Speedyシリーズ

Speedyシリーズ 各モデルの加工エリア

大型サイズのレーザーカッター

SPシリーズ

SPシリーズ 各モデルの加工エリア

※加工エリアは、オフセット値によってサイズが異なる場合があります。

1.3. 材料の厚み ⇒ レーザーパワー(W)が決まります。

 

レーザーパワーによって、加工できる材料の厚みと加工スピードが異なります。
※実際にカットできる材料の厚みとレーザーパワーの関係は、材質等によって異なります。

機種とレーザー発振器別で選べるレーザーパワー
Speedyシリーズ CO2レーザー 30W~120W
ファイバーレーザー 10W~50W
SPシリーズ CO2レーザー 60W~400W

2. 導入に必要な条件

2.1. PC(OS: Windows 7以上)

※Macは対応していません。

レーザー加工機専用のソフトウェアをインストールおよび操作するために必要です。

2.2. グラフィックソフトウェア
  (CorelDRAW、またはIllustrator)

 

デザイン作業およびデザインデータをレーザー加工機専用ソフトウェアへ出力するために必要です。

2.3. レーザー加工機と集塵脱臭装置を設置するスペース

 

【例】Speedy 360 + Atmos Monoの場合

・Speedy 360の本体サイズ(W1221xD830xH1055mm):奥行40㎝、左右20㎝、手前100㎝

・Atmos Monoの本体サイズ(W560xD700xH1050mm):奥行40cm*
 *ノズルが付く場合

※数値は参考値です。機種によって、設置スペースや搬入間口の条件が異なります。詳しくは、お問い合わせの際にご相談ください。


3. その他

  • 商社のお客様は、お見積りの際、必ずエンドユーザー様の社名が必要となります。
  • 入札案件の場合は、必ず仕様書のご提出が必要となります。

先ずはトロテックにご相談ください!

この「購入ガイド」をお読みいただきましたら、先ずはお電話かメールでトロテック・レーザー・ジャパンにお問い合わせください。お客様が現在抱えている加工の課題や問題について、レーザー加工機やレーザー業界に精通したトロテックのスタッフがご相談に応じます。

【お問い合わせ先】

  • Tel: 03-5826-8032
    ※受付時間:平日9:00~18:00(土日祝日および当社休業日を除く)
  • メール
    下記の「お問い合わせ」をクリックし、お問い合わせページから質問内容をご記入ください。

お問い合わせ内容にご記入の際は、下記のテキストをコピーしてご利用ください。

【加工したい材料】
 アクリル、木材、天然皮革、合成皮革、紙、布、ゴム、ガラス、石材、金属、プラスチック樹脂
 ※プラスチック樹脂は詳細を記入(例:ポリカーボネート、ABS、PETなど)

【材料のサイズ】縦 cm X 横 cm

【材料の厚み】 mm

【加工の種類】カット、彫刻、マーキング

【ご希望の内容】見積り希望、カタログ希望、加工機と材料の相談