Laser engraving and marking promotional products

Trotecのレーザーで金属を加工できますか?

金属製部品に使用できるTrotecのレーザー加工と、考慮すべき点についての詳細をご紹介します。

Trotecレーザーは金属の彫刻やマーキングのための一連の標準的なソリューションを提供しており、様々な用途に使用できます。

基本的に金属製部品はレーザーでカットできますが、金属の種類、厚さ、求められる品質、裁断面の精度など、適性を決める要素が多くあります。

現在、カット用途のTrotecのレーザーは、金属以外の材料を加工するのに最適化されています。金属製部品をカットする際はいくつか制約がありますが、カット自体は可能です。しかし、どのような用途の場合でも、まずはテストを行ってください。

材料テストについてのお問い合わせ


どのレーザーソースで金属をカットできますか?

基本的に、CO2とファイバーレーザーは両方とも金属をカットできます。スチールや鉄鋼材のような金属は、銅やアルミのような計量あるいは非鉄鋼材よりも簡単にカットできます。

Speedyレーザーの詳細

どのような条件で?

通常、加工ガスがカット処理を補助し、一部の用途でカット品質を向上させます。Trotecの一部のレーザーで利用できるガスキット(作業ヘッドに適切な固定具とノズルを搭載)は、対応する加工ガス(窒素など)と一緒に使用できます。

Trotecのレーザーの典型的なカットの用途は何ですか?

鉄鋼材をベースにした金属でできた薄いホイルは、CO2レーザーでカットできます。
非常に光沢の強い銅や真鍮のホイルは、ファイバーレーザーでも同様のパフォーマンスでカットできます。

金属で利用


お問い合わせ

レーザーによる金属の加工についての詳細をお求めですか?

当社の専門家は、Trotecのレーザーで可能な用途について、あらゆる質問にお答えできます。

お問い合わせ