レーザー彫刻の原理

レーザー装置の消費電力について

お問い合わせ

レーザー装置の消費電力

レーザーをご購入いただく前にお客様からよくご質問いただくのが、レーザーの消費電力です。レーザーを使用することで電気代がどのように変わるのか、事前に予測できないお客様が多くいます。しかし、レーザーの消費電力は通常、ファンヒーターやエアコンよりも小さくなります。

レーザーの消費電力は状況によって大きく異なります。レーザー出力(ワット)の大きさと毎日の使用時間に応じて誤差が生じます。ここでは、具体的な例を用いてレーザーの消費電力の最も重要な影響要因や、消費電力をキロワット時でご紹介します。


消費電力に影響する要素

1.実質作業時間

レーザーが彫刻あるいはカット加工を行うのに要する時間です。現実的には、レーザーの準備、ロード、アンロードに作業時間の20~50%を費やします。この間、Trotecレーザーはスタンバイ状態であり、省エネ機能のおかげで最低限の電力しか消費しません。

2.使用するレーザー出力

マシンによってはレーザーに最大出力があります(例:20ワットのレーザーは100ワットのレーザーと大きく異なります)。また、最大レーザー出力を使用するのはすべてのレーザージョブの一部だけです。

3.周辺装置

集塵装置あるいは冷却ユニット(一部のレーザーに必要)の使用も消費電力に直に影響します。レーザーおよび集塵装置を制御して電力を抑えるTrotecの省エネ機能もこれに貢献します。

レーザーの消費電力の具体的な例

レーザーの消費電力は2台分のオフィスPCに相当

具体的な消費電力を示すために、次の例をご用意しました:

  • レーザー出力80ワットのSpeedy 400レーザー装置
  • 1日平均2時間の実質作業時間
  • そのうち、最大レーザー出力(80ワット)の時間が50%、半分のレーザー出力(40ワット)の時間が50%

これで消費電力が約50 kWh/月、つまり2台分のオフィスPCに相当します。このように消費電力が小さいため、必ずお客様は驚かれます。


お問い合わせ

他にご不明な点がある場合は、当社にお問い合わせください。お客様のレーザーシステムについての具体的な情報を喜んで提供いたします。

お問い合わせ