laesr marking laser types

レーザーマーキングとは?

レーザー加工の種類:マーキング

レーザーマーキングは、レーザー加工機が機能できる3つの加工「カット、彫刻、マーキング」の一つです。
トロテック・マシンのレーザーマーキングについて、メリットとマーキングの種類をご紹介します。

※レーザー加工機は、その機能から別名、レーザーカッター、レーザー彫刻機、レーザー刻印機とも呼ばれています。

レーザーマーキングとは?

「レーザーマーキング」とは、材料にレーザービームで照射し、プリントのようなラベリングやナンバリングをすることです。マーキングには、彫刻、除去、脱色、アニーリング、発泡など、数種類の加工方法があります。これらの方法には、材料や材質、必要なクオリティや仕上りに応じて長所と短所があります。


レーザーマーキングのメリット

コンスタントな高精度マーキング

レーザー加工機によるマーキングは、とても高精度で精密なので非常に細かいディテールのデザインや1ポイントのテキストフォントでも判別や判読することができます。同時にレーザーマーキングは常に高品質なラベリングを保証します。

高速マーキング

加工プロセスの種類で最も速いのがレーザーマーキングです。したがって、高い生産性と低コストが実現できます。加工したい材料の種類によって、ファイバーレーザーかCO2のレーザー光源を選択し、材料のサイズでプロッタータイプかガルバノレーザーかの照射方法を選びます。

頑丈なマーキング

レーザーエッチングは長持ちで、摩擦、熱、酸に耐久性があります。パラメーター値の調整によっては、ある材料の表面にダメージなくマーキングすることも可能です。


レーザーでマーキングできる材料

  • 金属:ステンレス、アルミニウム、金、銀、チタニウム、ブロンズ、プラチナ、銅
  • プラスチック:ABS、ポリカーボネート、ポリアミド、PMMA、もしくはレーザー添加剤入りのプラスチック
  • 塗料
  • フォイルとフィルム、およびパッケージ
  • ラミネート(二層板)

加工する材料に応じて、固体レーザーのファイバーレーザー、またはガスレーザーのCO2レーザーかのどちらかのレーザータイプをレーザーマーキングに使用します。


マーキングの種類

アニーリング・マーキング

アニーリング・マーキングは、金属レーザーエッチングの特殊なタイプです。レーザーの熱が材料表面の下に酸化現象を起こし、結果的に金属面の色を変化させます。

脱色

脱色の方法では、レーザービームの熱で材料に化学変化を起こします。材料の成分に応じて、この化学変化は異なる色合いを生みます。例えば、明るい色のプラスチック材料をレーザーエッチングで脱色した場合、すす粒子が発生する可能性があり、それによって暗い色のマーキング効果を生み出します。

レーザー彫刻

レーザー彫刻の場合は、材料の表面がレーザーによって溶解や気化します。結果的にレーザービームが材料を削っていることになり、これによって表面の仕上りは彫刻になります。

レーザー彫刻とは?

除去

除去作業とは、レーザービームが材料に塗布された被膜を削ります。この方法でレーザーマーキングに使用する一般的な材料は、陽極酸化アルミニウム、被覆金属、フォイルとフィルム、ラミネート(二層板)などです。

発泡

発泡とは、レーザービームが材料を溶かしている間に気泡が発生し、その泡が光を拡散・反射します。そのためマーキングはエッチングしていない部分より明るい色合いになります。このレーザーマーキング方法は主に暗い色のプラスチックに使用されます。


トロテックのレーザー加工機

トロテックは多種多様な材料のマーキングに対応するため、フラットベッドからガルバノレーザーまで豊富な機種のマーキングレーザーを提供しています。

※日本ではSpeedMarkerシリーズ(ガルバノレーザー)は販売していません。

レーザー加工機の製品一覧