how does a laser work

レーザー、レーザー加工機とは?

レーザーとは?(Movie)

レーザーの意味、レーザーの特徴、レーザーの仕組み、レーザー・テクノロジーについてご紹介しています。

※ビデオのナレーションは英語です。

「レーザー」の意味

「LASER(レーザー)」は、「Light Amplification by Stimulated Emission of Radiation」の頭文字が語源で、「誘導放出による光の増幅」を意味しています。

レーザーの仕組み

レーザーは、レーザー発振器によって人工的に作られる光です。レーザー光を作り出すレーザー発振器内の主要部分を「光共振器」と言います。光共振器内の媒質が、向かい合う2枚の鏡の中で、エネルギーを吸収・放射し、光(電磁波)を増幅します。この対面する2枚の鏡によって、レーザー光を特定の方向へ向かわせ、光を増幅させています。そして、一枚の鏡は半透鏡になっているため、凝縮されたエネルギー(レーザー光)の一部を外部に供給しています。レーザー加工機は、この光を使って材料を加工することができるのです。

レーザービームの特徴

レーザー光(レーザービーム)は、ランプ(電球)などの光と異なります。ランプの光は、四方八方に広がりますが、レーザー光はまっすぐに進みます(指向性)。また、ランプの光は波長がバラバラですが、レーザー光は波長が一定で、波の山と谷が時間的にそろっています(可干渉性=コヒーレンス)。

レンズを使うことで、材料にレーザーを集光することができます。レンズで集光したレーザー光の焦点位置を合わせることによって、非常に高いエネルギーを作り出し、材料をカットしたり彫刻したりできます。

また、レーザー光源から距離があっても、レーザー光に適した光学部品を使用することによって、レーザー光のエネルギーを低下させずに反射させて、射出する方向を変えることができます。何より、このレーザー光のパワーはとても安定しているので、レーザー加工機は損耗しない万能ツールと言われています。

レーザー加工機とは?

レーザー加工機とは、レーザー光でさまざまな素材に「カット・彫刻・マーキング」の3つの加工ができるデジタル工作機械です。その機能から別名、レーザーカッター・レーザー刻印機・レーザー彫刻機とも呼ばれています。

レーザー加工機は、従来の刃物を使用した彫刻機や切削器具とは異なり、加工部品が材料と直接接触することがないので、材料に圧力や摩擦による抵抗がかかりません。そのため、アクリル、木材、紙、皮革、布地などの材料に、美しく微細なデザイン加工が施せます。

さらにトロテックのレーザー加工機は主に国際規格クラス2に分類されるので操作が安全*です。専門知識や特別な資格も不要で、PCスキルがあれば簡単に操作できます。また、消耗品の交換頻度が低いので、メンテナンスが低費用に抑えられます。

*材料やカスから炎がでる場合がありますので、加工中は絶対にレーザー加工機から離れないでください。

レーザーの安全性

レーザータイプ

主なレーザータイプには、レーザー発振器の種類別に「CO₂(炭酸ガス)レーザー」と「fiber(ファイバー)レーザー」があります。

この2種類のレーザーが一般的に使用されている理由は、耐用年数が長く、運用面でとても経済的だからです。CO₂レーザーは、特にレーザー彫刻とレーザーカットに適しています。ファイバーレーザーは、主にレーザーマーキングに使用されています。

さらにトロテックは、「CO₂レーザー」と「ファイバーレーザー」の2種類の光源を1台のマシンに統合したflexx(フレックス)機能のレーザー加工機を独自開発しました。このflexx機能のレーザー加工機なら、異なる材料の加工にも、レーザー発振器、レンズ、そしてフォーカスを変更することなく、パソコン上のワンタッチ操作で2種類のレーザー光源を切り替えられます。つまり、プラスチックと木材、もしくはガラスと金属まで、あらゆる材料の加工が実質的に一つのプロセスで行うことが可能です。トロテックのflexxシリーズは、カット、彫刻、マーキングというレーザー加工機の特長を最大限に発揮できるマシンです。

レーザータイプ(レーザーの種類
flexx(フレックス)機能
業界初 flexx(フレックス)テクノロジー10周年記念


トロテックのレーザー加工機

Speedyシリーズ

  • コンパクト・ミドルサイズのレーザー
  • フラッドベッドタイプ
  • レーザータイプ:CO2レーザー/ファイバーレーザー/flexx レーザー

製品情報

SPシリーズ

  • 大型サイズのレーザー
  • フラッドベッドタイプ
  • レーザータイプ:CO2レーザー

製品情報