トロテック・レーザー加工機と互換性のある
グラフィックソフトとファイル形式

トロテック・レーザー加工機と互換性のあるグラフィック(画像処理)ソフトウェアとファイル形式をご紹介します。


画像形式とレーザー加工の種類

レーザー加工機は、「カット、彫刻、マーキング」の3種類の加工処理が可能です。レーザー加工用データとして使用する主な画像形式は、ラスター(ピクセル)とベクターです。

トロテックの専用レーザーソフトウェアは、レーザー加工機で彫刻とマーキングをする場合は、ピクセル形式とベクター形式の両方の画像形式に対応していますが、カットの場合、必ずベクター形式の画像を使用する必要があります。

ラスター、ベクターとは?


対応しているファイル形式

トロテックのレーザーソフトウェア(プリンタードライバー)が対応しているファイル形式の一覧です。

ファイルの種類 ファイル拡張子
ベクター *.cdr、*.ai、*.svg
ビットマップ/ラスター *.cpt、*.ps、*.bmp、*.jpg、*.tiff、*.gif、*.png
複合形式 *.pdf、*.eps
Office *.doc、*.docx、*.xls、*.xlsx
CAD/3Dデザイン *.dxf、*.dwg、*.3dm

互換性のあるグラフィックソフト

トロテックのレーザー加工機は、グラフィックソフトウェアの印刷設定からプリンタードライバーを経由して、レーザー加工用データを出力します。

下記はトロテック・レーザー加工機で使用できる一般的なソフトウェア・パッケージの一覧です。 
※ソフトウェアによっては、レーザーのサポート機能に制限がある場合がありますのでご注意ください。

ソフトウェアの種類 互換性のあるソフトウェアパッケージ
イラスト CorelDraw
Adobe Illustrator
Adobepe
画像処理 Corel Photopaint
Adobe Photoshop
PDF Adobe Acrobat
Adobe Reader
Officeソフト Microsoft Excel
Microsoft Word
CAD/3Dデザイン AutoCAD
AutoCAD LT
Rhino 3D
SolidWorks
DXF Viewer
専門的なソフトウェア Gravostyle
Laserstyle
EngraveLab
Bartender

CADソフトウェア

レーザー加工機で精密なカットを行う際、専門的な分野では、AutoCAD®やSolidWorks®などのソフトウェアが多く利用されています。


シリアル印刷機能

トロテックのレーザーソフトウェアで、シリアル印刷機能を使用できますか?

→ はい。使用できます。

JobControlレーザーソフトウェア

Speedyシリーズ(フラットベッドレーザー)用のJobControlソフトウェアの場合、グラフィックソフトやOfficeソフトに備わっているシリアル印刷機能を使用して出力することができます。

SpeedMarkマーキング・レーザーソフトウェア

ガルバノレーザー用のSpeedMarkマーキング・レーザーソフトウェアを使用して、定義した番号のシリアルやコードを作成することができます。このソフトウェアにはさらに、外部データをインポートできる機能があるので、プレーンテキスト、バーコード、またはQRコードのデータを簡単にマーキングできます。

※SpeedMarkerシリーズは、現在、日本では販売しておりません。


レーザー加工機に対応しているグラフィックソフトやファイル形式について、さらにご質問がある場合は、トロテック・レーザー・ジャパンにお問い合わせください。

【お問い合わせ先】
下記の「お問い合わせ」アイコンを押して、お問い合わせページをご覧ください。