Laser engraving weekly planner made from slate

レーザー彫刻と機械彫刻の比較

どのようなときにどちらの彫刻加工がより適しているのでしょうか?

Request a demo

レーザー彫刻と機械彫刻 - 2つの技術の比較

レーザー彫刻と機械彫刻は、様々な材料の表面彫刻の最も一般的な方法です。両方の技術にはそれぞれ目的があります。例えばレーザーでは、焦点は高精度ですが、機械彫刻で達成されるレリーフ効果をより良く施すことができます。本ドキュメントでは、両方の方法をそれぞれの長所と短所を対比させて比較します。


機械彫刻

機械彫刻加工では、フライスカッターがクランプされたワークピースの表面上を移動します。 フライスカッターの回転動作が材料の表面を削ります。例えば、文字またはパターンの部分が材料から切削されます。プラスチック層状材料もこの方法で彫刻できます。金属表面は機械彫刻において特に利点があります。機械加工された深い文字または飾りは、コントラストを強くするために色を使ってデザインすることができます。

機械彫刻の長所

  1. 金属に対して深い彫刻を行うことができます。
  2. また、金属に対して穿孔と切断を行うことができます。

機械彫刻の短所

機械彫刻には以下の制限があります

  1. 詳細さのレベルに制限がある小さな詳細部分の加工が特に困難です。
  2. 摩耗と亀裂フライスヘッドは摩耗するため、定期的に交換する必要があります。
  3. クランプする必要がある機械彫刻では、ワークピースをクランプする必要があります。これに要する時間は連続生産での障害になります。
  4. 多くの材料に適さない紙または皮革の細かい彫刻またはマーキングはできません。機械彫刻はアクリル表面の粗面化には適していません。

レーザーを使った紙の彫刻とアクリルへの写真彫刻の例

レーザーでは、紙に精緻な詳細 部分を彫刻することができます。機械彫刻装置は紙の彫刻には適しません。

レーザーでは、効果的なアクリルの写真彫刻を行うことができます。機械彫刻はこれには適しません。

レーザー彫刻の原理

レーザー彫刻では、ミラーとレンズによってレーザービームがワークピース表面に集束します。次に、軸システムを使用してビームを表面上で移動させることができます。レーザービームの高熱によって、露光時間に応じてワークピース表面に対して跡を付けたり焼いたり蒸発させます。これによって彫刻を行います。

レーザー彫刻の詳細はコチラ

レーザー彫刻の長所

レーザー彫刻には以下の長所があります

  1. 多くの材料(木材、ガラス、織物、紙、金属、プラスチックなど)に適している
  2. 材料をクランプする必要がありません。非接触加工です。
  3. ツールの摩耗がない
  4. きわめて高精度
  5. 個々および一連のワークピースに対して経済的

両方の彫刻方法の長所の概要

  レーザー彫刻  機械彫刻
文字の彫刻
小さな詳細部分とロゴの彫刻
写真の彫刻
加工処理能力
材料の切断 ✔ 
きれいな切断面
O 
後処理・後加工が必要
彫刻の耐久性 ✔ 
操作性 (使い勝手) ✔ 
使いやすさ
O 
経験が必要
ツールの摩耗  
消耗品不要
 
フライスヘッドでは外部冷却剤が必要な場合がある
金属の切断および穿孔

Speedyレーザー彫刻機

当社では、レーザー彫刻に対して広範囲のレーザー装置を提供しています。それらのレーザー装置はオプションで、CO2レーザー、ファイバーレーザーまたは複合flexxシステムを搭載しています。当社のSpeedyレーザー彫刻機は、彫刻と切断に同程度に適しています。

当社のレーザー彫刻機についての詳細な情報