レーザーの仕組み、レーザータイプ(レーザー光源)の種類、レーザー加工(カット、彫刻、マーキング)の特長など、レーザー加工機/レーザーカッターについてよくあるご質問です。

よくある質問

レーザー、レーザー加工機とは?

レーザーの語源や仕組み、レーザービーム、レーザー加工機についての説明です。 [詳細情報]

レーザーカットとは?

トロテックのレーザーカッティング機は多岐に渡るアプリケーションにおける必要性に簡単に適応できます。 [詳細情報]

ロータリー彫刻アタッチメントを使用して彫刻できる加工物の最大サイズは?

レーザーシステムに応じて、様々なデザインおよびサイズのロータリーアタッチメントがあります。表に加工物の最大長および最大重量を示します。 [詳細情報]

レーザー彫刻とは?

レーザー彫刻は、非接触の安全な加工プロセスです。つまり、従来の刃物を使用した彫刻機や切削器具とは異なり、レーザー加工機は、加工部品が材料と直接接触することがないため、材料に圧力や摩擦による抵抗がかかりません。また、加工機本体も密閉された筐体設計なので、ユーザーの安全を保証します。 [詳細情報]

レーザーマーキングとは?

「レーザーマーキング」とは、ワークピースや材料にレーザービームでマーキングとラベリングを行うことです。 [詳細情報]

レーザーの安全性

レーザー加工機の安全性とは?国際規格の安全基準とトロテック・マシンのクラス分けをご紹介します。 [詳細情報]

レーザータイプの種類

CO₂レーザーは、電気刺激された炭酸ガス混合体を基にしたガスレーザーです。10.6マイクロメートルの波長を持ち、主に非金属の材料とほとんどのプラスチック材料の加工に適しています。 CO₂レーザーは比較的高い効率性を持ち、優れたビームの質を特徴としています。そのため、CO₂レーザーは最も広範囲で多くの材料に使用されているレーザーとなっています。 [詳細情報]

レーザー加工機の適切な環境温度とその重要性

レーザー加工の精度や品質を維持するためには、レーザー加工機の環境を常に適切な温度で管理することが大切です。マシン本体の耐用年数を長くするためにも、レーザー加工機の適切な環境温度についてぜひご一読ください。 [詳細情報]