レーザー加工機で木板をカットして制作したパズル

木製ベニヤパズル

オリジナルのパズルを作ってみよう!

レーザー加工機で木製パズルの作り方をご紹介します。

本サイトのデザインを参考に、ぜひご自分でデザインしたオリジナルパズルの製作にも挑戦してみてください。


材料

  • べニア板(突き板合板)サイズ:600×300mm、厚み:3mm

※パズルの完成サイズは、約195×195mmです。

※無垢材や他の材料を使用することもできます。

このサンプルの木板は、トロテック・レーザー(オーストリア本社)が販売しているレーザー加工用の材料「トロテック商材」を使用しています。

※トロテック商材は日本で販売しておりません。類似品をご利用ください。

使用機種

  • Speedy 400
  • 120W
  • 2インチレンズ
  • アルミニウム カッティング グリッド

※他のSpeedyシリーズのモデルでも加工できます。
但し、パラメーターは、加工する材料の材質や色、そしてレーザー加工機の機種やレーザー出力(W)によって異なります。

ダウンロード

デザインデータ(cdr/pdf)

※デザインデータは、CorelDRAWまたはIllustratorのグラフィックソフトウェアで開いてください。


ステップバイステップ

ステップ1:デザインのデータ出力

このページのデザインファイルをダウンロードして、グラフィックソフト(CorelDRAWまたはIllustrator)で開きます。

次にデザインデータをレーザー加工機用データ(=ジョブ)に出力します。加工したいデザインを選択し、グラフィックソフトの印刷でプリンター「Trotec Engraver」を選択、環境設定をクリック、出力設定タブを表示して下記を設定します。

印刷 > Trotec Engraver > 環境設定 > 出力設定

設定が完了したら最後に印刷のOKを押すと、JobControl(ジョブコントロール)レーザーソフトウェアにデータが出力され、自動でジョブが生成されます。

印刷のデータ出力設定

サイズ設定:ジョブサイズに最小化にチェックを入れる

印刷設定(加工オプション)
加工モード 解像度 カットライン
標準 500 dpi なし
ハーフトーン調整 その他
カラー 高度なジオメトリ
最初に内部ジオメトリ

ステップ2:レーザー加工

合板を加工するのに加工テーブル「アクリル カッティング グリッド」をセットしします。

材料を加工テーブルにセットし、加工テーブル上の空きスペースを紙などで覆います。そうすると加工テーブルの吸引力がアップし、加工中の粉塵や煙が十分に吸引できて加工品質が良くなります。

次にJobControl®(ジョブコントロール)レーザーソフトウェアをPC画面に表示し、ステップ1でデータ出力した加工する材料のジョブをJobControlのプレート上に配置します。それからJobControlの「材料テンプレート」を開いて、下記のパラメーターを設定します。パラメーターの設定後、レーザー加工を開始します。

パラメーター設定

カラー 加工の種類 パワー (%) スピード (%) 周波数(ppi/Hz)
カットCO2 100 1.2 1000
パス(繰返し) エアアシスト Zオフセット ディレクション アドバンス
1 ON - - -

※上記のパラメーター値は120Wの機種用です。パラメーターは、加工する材料の材質や色、そしてレーザー加工機の機種やレーザー出力(W)によって異なります。仕上がりの良い最適な加工を検出するために、いくつかのパラメーターでテストすることをお薦めします。また下記ページをご参照ください。

レーザーパラメーター (トロテックの加工商材用)


ステップ3:組み立て

木板からレーザーカットされたパーツ(パズルピース)を取り外します。パズルのピースを外した状態で、底部分のパズルベースと上部分のパズルレイヤーを接着します。2枚の板を接着剤が乾くまでしっかりと合わせます。2枚の板が完全に接着したら、パズルピースを入れて遊びましょう!


トロテックのレーザー加工機をチェック!

トロテックの違いは、実際のレーザーで体感できます! デモをリクエストする
デモをリクエストする