room divider laser cut from wood

スクリーンルームディバイダー
(間仕切り)

レーザー加工機で木材に模様を入れた、スクリーンルームディバイダー(間仕切り)の作り方をご紹介します。レーザー加工したパネルを連結して、上から吊るすタイプのルームディバイダーです。アクリルからも作れます。デザインデータやパラメーターもダウンロードできます。


準備

材料

46×61cmマホガニー3mm厚の板
アクリルを使う場合12×24インチ3mm厚
真鍮S字金具(最低50個)
シーリングハンガー

使用機種

Speedy 400、80W、2.5インチレンズ


ステップバイステップ

ステップ1

レイアウトを考えるパズルのように工夫をして、レイアウトを考えます。ページ下部の「PDFダウンロード」でサンプルデータをダウンロードできます。パズルのようにスペースを埋めて下さい。パネルを繋ぐ穴の位置を確認してデザインを考えてください。


ステップ2

パネルをつくるグラフィックソフトでパネルを連結する穴を調整してください。パネルに番号をふることで、パーツに欠品がないか確認できます。

パラメータ設定パネルをレーザーカットして、必要な数のパーツ切り出します。

マホガニーカット: パワー: 100% - スピード: 90% - Frequency: 2500 Hz - Air Assist: ON

アクリル(利用する場合は下記のパラメータを参照ください)

カット: パワー: 50% - スピード: 0,2% - Frequency: 20000 Hz - Air Assist: ON


ステップ3

パネルを連結

切り出したパネルを床においてレイアウトを確認します。S字フックを使って上から下につなげていきます。きちんと連結しているかの確認をします。

ヒント
マホガニーを使用することで雰囲気が増します。
レーザー加工が終わったら、パネルを持ち上げる前に、かたく絞ったダスターで表面をクリーニングすると加工ミスの有無を確認しやすくなります。

パネルを連結する際にプライヤーで固定してください。
アクリル板を木材の代わりに使用することで、風合いが変わります。