paper house model laser cutting

紙のクリスマスビレッジ

~ レーザーカットしたクリスマスデコレーション ~

クリスマスのテーブルデコレーションは、大切なゲストをおもてなしするのに重要なアイテムです。
レーザー加工機で「紙のクリスマスビレッジ」を作って、聖夜にふさわしいデーブルを演出しませんか。


準備

材料

  • 3色の紙(白、緑、黒)、重量160g

使用機種

Speedy 360、80W、1.5インチレンズ


ステップバイステップ

ステップ1: グラフィックデータ作成

本ページ下部の「Christmas Village」のファイルをグラフィックソフトにインポートします。ファイルは6つのタブで構成されていて、家、屋根、ツリーなど、クリスマスビレッジの各パーツが含まれています。

サンプルデータでは、白い紙を「家」、黒い紙を「屋根」、緑の紙を「ツリー」に使用していますが、ご自宅のテーブルの色に合わせてお好きな色の紙にアレンジしてください。


ステップ2: レーザー加工のパラメーター設定

Speedy 360 (80 W)を使って、160gの紙をレーザーカットします。

レーザー加工機に紙を設置し、以下のパラメーターでレーザー加工します。

キスカット: レーザー出力9%、スピード2%、周波数 1000Hz、エアアシストON、Zオフセット:1.5
カット1: レーザー出力9%、スピード2%、周波数 1000Hz、エアアシストON
カット2: レーザー出力20%、スピード2%、周波数 1000Hz、エアアシストON


ステップ3: 組み立て

カット作業が完了したら、加工テーブルからカットされた各パーツを取り出して組み立てます。 家の組み立ては、折り曲げ加工(キスカット)した壁の部分に糊をつけて、屋根に取り付けます。 クリスマスツリーは、二つのパーツを組み合わせるだけです。


ヒント&コツ

  • Speedy 360のSonar Technology(ソナーテクノロジー)を使って、正確な焦点距離を自動で設定しました。
  • クリスマスビレッジが見映えするように、ビレッジの地面には黒い紙をお奨めします。
  • 紙の家の中に小さなLEDキャンドルを置くと、お部屋をほんのり照らせます。
  • 屋根や地面に人工雪スプレーをすると、一層クリスマスらしい雰囲気を演出できます。