紙製ランプシェードをレーザー加工機で作ったテーブルランプ

紙製ランプシェードのテーブルランプ

Step by step guide

トロテックのレーザー加工機で、シンプルな既製品のインテリアをオリジナルの一品に変えましょう。例えば、ランプシェードを花模様にレーザーカットした照明はいかがですか。フラワーデザインの明かりがお部屋をすてきに演出してくれます。


材料

  • フォトカードボード、または厚紙:約180~300 g/m2
  • 既製品のテーブルランプ(LED電球付)
    ※このサンプルでは、IKEA table lamp ARRIEを使用しています。
  • 加工テーブルをカバーするための紙

使用機種

アクセサリー


ステップバイステップ

ステップ1:デザインの作成

このサンプルのデザインデータをダウンロードして、グラフィックソフト(CorelDRAWまたはIllustrator)で開き、ランプシェードの実寸サイズに合わせて拡大/縮小等の調整をしてください。もしくは、グラフィックソフトでオリジナルのデザインを作成してください。

デザインPDF

デザインが完成したら、次にレーザー加工機用データに出力します。グラフィックソフトの印刷でプリンター:Trotec Engraverを選択し、環境設定をクリック、出力設定タブを表示して下記を設定します。設定が完了したら最後に印刷を押して、JobControl(ジョブコントロール)レーザーソフトウェアにデータを出力します。

印刷のデータ出力設定

サイズ設定

User-defined size

  • アプリケーションから取る
  • ジョブサイズに最小化
材料設定
  • Paper
  • Cardboard
印刷設定 (加工オプション)
  • 加工モード: 標準
  • 解像度: 500dpi
  • カットライン: なし
  • ハーフトーン調整: カラー
  • 高度なジオメトリ
  • 最初に内部ジオメトリ
    ※仕上りを良くするためにこの2つのオプションも選択してください。

※ステップ2の印刷設定スクリーンショットを参照してください。


ステップ2:レーザー加工

JobControl(ジョブコントロール)レーザーソフトウェアを起動し、ステップ1でデータ出力したジョブをJobControlのプレート上に配置します。次にJobControlの「材料テンプレート」を開いて、下記のパラメーターを設定します。

※本ページ下の「JobControl」をダウンロードして、JobControlソフトウェアにパラメーターをインポートすることができます。ただしJobControlのパラメーターをインポートする際、データベースに同じファイル名が既存している場合は上書きされますのでご注意ください。

パラメーター設定

  • パワー 17%
  • スピード 2.5%
  • 周波数 1000 Hz
  • エアアシスト ON

パラメーターの設定後、材料の紙をハニカム カッティング テーブル上にセットします。次に加工テーブル上で空いているスペースを別の紙を使って覆います。こうすることで、彫刻テーブルの吸引力が強くなり、紙がずれるのを防ぐことができます。最後にフォーカスツールとレーザー加工機の操作パネルで焦点距離の位置決めをしたら、レーザー加工をスタートします。


ステップ3:取り付け

既成品のランプシェードを外して、その上にレーザーカットした花模様のランプシェードを取り付けます。ランプシェードをスタンドランプに取り付けて完成です。

テーブルランプの選び方

  • 電球はLEDを使用してください。
  • 電球とランプシェードの間に十分な距離のある照明を選んでください。

ダウンロード

デザインPDF JobControlパラメーター

※デザインPDFは、CorelDRAWまたはIllustratorのグラフィックソフトウェアで開いてください。
※JobControlのパラメーターをインポートする際、データベースに同じファイル名が既存している場合は上書きされますのでご注意ください。