マルチレイヤー看板のOPEN面

マルチレイヤーのOPEN/CLOSED看板

アクリルをレーザーでカットしたパーツを重ねて、マルチレイヤータイプのOPEN/CLOSED看板を作ってみましょう。


材料

※このサンプルのアクリルは、トロテックが販売しているレーザー加工用の商材(トロテック商材)を使用しています。

Trotec Materials(英語)

トロテック商材には、日本で取り扱っていない種類があります。詳しくはトロテック・レーザー・ジャパンにお問い合わせください。

使用機種

  • Speedy 360
  • 80W
  • 2.0インチレンズ
  • 口径7mmのショートノズル(標準ノズル)

※他のSpeedyシリーズのモデルでも加工できます。

アクセサリー

加工テーブル:バキュームテーブル + アクリル カッティング グリッド(アクリル用)


ステップバイステップ

ステップ1:デザインのデータ出力(白アクリルのベースプレート)

このページ下のデザインファイルをダウンロードして、cdrかpdfファイルをグラフィックソフト(CorelDRAWまたはIllustrator)で開きます。

次にベースプレート部分のデザインをレーザー加工機用データ(=ジョブ)に出力します。ベースプレートのデザイン(TroLase ADA bright white 1mm)を選択し、グラフィックソフトの印刷でプリンター「Trotec Engraver」を選択、環境設定をクリック、出力設定タブを表示して下記を設定します。設定が完了したら最後に印刷のOKを押すと、JobControl(ジョブコントロール)レーザーソフトウェアにデータが出力され、自動でジョブが生成されます。

印刷 > Trotec Engraver > 環境設定 > 出力設定

印刷のデータ出力設定

印刷設定(加工オプション)
加工モード 解像度 カットライン
標準 500dpi なし
ハーフトーン調整 その他
カラー

高度なジオメトリ

最初に内部ジオメトリ


ステップ2:レーザー加工(白アクリルのベースプレート)

レーザーでアクリルをカットしてベースプレートを作ります。先ず厚さ1mmの白アクリルをアクリル カッティング グリッドの加工テーブル上にセットし、2.0インチレンズを取り付けます。

次にJobControl(ジョブコントロール)レーザーソフトウェアをPC画面に表示し、ステップ1でデータ出力したジョブをJobControlのプレート上に配置します。それからJobControlの「材料テンプレート」を開いて、下記のパラメーターを設定します。パラメーターの設定後、レーザー加工を開始します。

パラメーター設定

カラー 加工の種類 パワー(%) スピード(%) 周波数(ppi/Hz)
カットCO2 24 0.8 1,000
パス(繰返し) エアアシスト Zオフセット 方向 アドバンス
1 On - - -

※パラメーターは、加工する材料の材質や色、そしてレーザー加工機の機種やレーザー出力(W)によって異なります。仕上がりの良い最適な加工を検出するために、いくつかのパラメーターでテストすることをお薦めします。

トロテック商材のパラメーターは下記よりダウンロードできます。

レーザーパラメーター

※これらのパラメーターは参考値のため、必ず加工テストをして最適な値を調整してください。


ステップ3:デザインのデータ出力(ストライプ模様)

このページ下のデザインファイル(cdrかpdfファイル)をグラフィックソフト(CorelDRAWまたはIllustrator)で開きます。

次にストライプ模様のデザインをレーザー加工機用データ(=ジョブ)に出力します。ストライプ模様のデザイン(TroLase ADA black 1.6mm with adhesive)を選択し、グラフィックソフトの印刷でプリンター「Trotec Engraver」を選択、環境設定をクリック、出力設定タブを表示して下記を設定します。設定が完了したら最後に印刷を押すと、JobControl(ジョブコントロール)レーザーソフトウェアにデータが出力され、自動でジョブが生成されます。

印刷 > Trotec Engraver > 環境設定 > 出力設定

印刷のデータ出力設定

印刷設定(加工オプション)
加工モード 解像度 カットライン
標準 500dpi なし
ハーフトーン調整 その他
カラー
高度なジオメトリ
 最初に内部ジオメトリ

ステップ4:レーザー加工(ストライプ模様)

黒アクリル(厚さ1.6mm)をアクリル カッティング グリッドの加工テーブルにセットします。次にJobControl(ジョブコントロール)レーザーソフトウェアをPC画面に表示し、ステップ3でデータ出力したジョブをJobControlのプレート上に配置します。それからJobControlの「材料テンプレート」を開いて、下記のパラメーターを設定します。パラメーターの設定後、レーザー加工を開始します。

カラー 加工の種類 パワー(%) スピード(%) 周波数(ppi/Hz)
カットCO2 38 0.8 1,000
パス(繰返し) エアアシスト Zオフセット 方向 アドバンス
1 On - - -

ステップ5:デザインのデータ出力(カラーレイヤー)

カラーレイヤーのデザインをレーザー加工機用データ(=ジョブ)に出力して、カラーレイヤーのパーツを作ります。グラフィックソフトでTroGlass Frosted Ice Blueのデザインを選択し、グラフィックソフトの印刷でプリンター「Trotec Engraver」を選択、環境設定をクリック、出力設定タブを表示して下記を設定します。設定が完了したら最後に印刷を押すと、JobControl(ジョブコントロール)レーザーソフトウェアにデータが出力され、自動でジョブが生成されます。同様にTroGlass Color Gloss Ice Blueのデザインもデータ出力します。

印刷 > Trotec Engraver > 環境設定 > 出力設定

印刷のデータ出力設定

印刷設定(加工オプション)
加工モード 解像度 カットライン
標準 500dpi なし
ハーフトーン調整 その他
カラー

高度なジオメトリ

最初に内部ジオメトリ


ステップ6:レーザー加工(カラーレイヤー)

アイスブルー色のフロストアクリルを加工テーブル上にセットします。次にJobControl(ジョブコントロール)レーザーソフトウェアをPC画面に表示し、ステップ5でデータ出力したジョブをJobControlのプレート上に配置します。それからJobControlの「材料テンプレート」を開いて、下記のパラメーターを設定します。パラメーターの設定後、レーザー加工を開始します。

フロストアクリルが終わったら、アイスブルー色のグロスアクリルを加工テーブルにセットして同様に加工します。

パラメーター設定

パラメーター カラー 加工の種類 パワー(%) スピード(%) 周波数(ppi/Hz)
彫刻 彫刻CO2 16 20 500
カット カットCO2 50 0.2 5,000
クリーシング カットCO2 5 1 1,000
クリーシング ポジショニング - - -
パラメーター パス(繰返し) エアアシスト Zオフセット 方向 アドバンス
彫刻 1 ON - 下から上へ 高品質
カット 1 ON - - -
クリーシング 1 ON - - -
クリーシング - - - - -

文字部分のアクリルも同様の手順でカットします。


ステップ7:組み立て

白アクリルのベースプレートに黒アクリルのストライプ模様のパーツを取り付けます。看板を紐でぶら下げた時に白アクリルの2つの穴が並行になるように組み立てます。

次にアイスブルー色のフロストアクリルのパーツをストライプ模様の黒アクリルの上に取り付けます。その上にグロスアクリルを取り付けます。最初にレモングリーン色のOPENの文字を、次にCome inの文字を接着剤で取り付けます。

CLOSED側になる裏面も同様のステップでパーツを取り付けます。最後に三角形のパーツをカットした穴にはめ込みます。

穴に紐を通して、アクリル・マルチレイヤーのOPEN/CLOSED看板が完成です。

異なる色やテクスチャー、ロゴなども使って作ってみましょう。


なぜトロテックの商材を使うの?

トロテックのアクリル板は種類が豊富で高品質な材料なので、独創的な看板や標準仕様の看板の製作にかかわらず、ベストソリューションを提供できます。特にトロテックのアクリル「TroGlass」はとても丈夫で表面にキズがつき難い板材です。透明アクリルやフロスト(艶消し)やサテン調など表面加工したアクリルは、カラーバリエーションも豊富に取り揃えています。


ダウンロード

デザインデータ(cdr/pdf)

※デザインデータは、CorelDRAWまたはIllustratorのグラフィックソフトウェアで開いてください。


トロテックの推奨モデル