母の日のプレゼントに、アクリルと木材をレーザー加工したブーケの作り方をご紹介します。


材料

  • ウォールナット材:600x300mm、厚さ5mm、1枚
  • メープル化粧合板:600x300mm、厚さ3mm、1枚
  • 透明グリーンのアクリルガラス、キャスト材、光沢仕上げ:606 x 301 mm、厚さ3mm、1枚
  • 透明アクリルガラス、キャスト材:606 x 301 mm、厚さ10mm、1枚

備品:

  • ホットエアーガン
  • ベンチバイス(万力、固定工具)
  • 作業用手袋/軍手

※このサンプルの木材(ウォールナット材メープル化粧合板)、アクリルガラス(透明グリーン透明クリア)は、トロテックが取り扱っているレーザー加工用商材を使用しています。

トロテックの商材について、詳しくは下記をご覧ください。
Trotec Materials(英語)

使用機種

  • Speedy 400
  • 100W
  • 10mmの透明アクリルガラス用:2.5インチレンズ、その他:2.0インチレンズ

※他のSpeedyシリーズのモデルでも加工できます。

アクセサリー

加工テーブル

  • バキュームテーブル + アクリル カッティング グリッド(アクリル用)
  • バキュームテーブル + ハニカムカッティングテーブル(木材用)

ステップバイステップ

ステップ1:デザインのデータ出力(透明アクリルのベースプレート)

このページ下のデザインファイルをダウンロードして、cdrかpdfファイルをグラフィックソフト(CorelDRAWまたはIllustrator)で開きます。

次にベースプレート部分のデザインをレーザー加工機用データ(=ジョブ)に出力します。ベースプレートのデザイン(basement troglass clear)を選択し、グラフィックソフトの印刷でプリンター「Trotec Engraver」を選択、環境設定をクリック、出力設定タブを表示して下記を設定します。設定が完了したら最後に印刷のOKを押すと、JobControl(ジョブコントロール)レーザーソフトウェアにデータが出力され、自動でジョブが生成されます。

印刷 > Trotec Engraver > 環境設定 > 出力設定

印刷のデータ出力設定

印刷設定(加工オプション)
加工モード 解像度 カットライン
カットジョブ 1000 dpi なし
ハーフトーン調整 その他
カラー 高度なジオメトリ
最初に内部ジオメトリ

 

 


ステップ2:レーザー加工(透明アクリルのベースプレート)

レーザーでアクリルをカットしてベースプレートを作ります。先ず厚さ10mmの透明なアクリルガラスをアクリル カッティング グリッドの加工テーブル上にセットし、2.5インチレンズを取り付けます。

次にJobControl(ジョブコントロール)レーザーソフトウェアをPC画面に表示し、ステップ1でデータ出力したジョブをJobControlのプレート上に配置します。それからJobControlの「材料テンプレート」を開いて、下記のパラメーターを設定します。パラメーターの設定後、レーザー加工を開始します。

パラメーター設定(カット)

カラー 加工の種類 パワー(%) スピード(%) 周波数(ppi/Hz)
red Cut CO2 95 0.2 20000
パス(繰返し) エアアシスト Zオフセット アドバンス
1 on -3 mm -

ヒント

1) パラメーターは、加工する材料の材質や色、そしてレーザー加工機の機種やレーザー出力(W)によって異なります。仕上がりの良い最適な加工を検出するために、いくつかのパラメーターでテストすることをお薦めします。

2) このサンプルでは、JobControl(ジョブコントロール)レーザーソフトウェアの標準パラメーターTroGlass Clear を使用しています。


ステップ3:デザインのデータ出力(葉)

このページ下のデザインファイル(cdrかpdfファイル)をグラフィックソフト(CorelDRAWまたはIllustrator)で開きます。

次に葉のデザインをレーザー加工機用データ(=ジョブ)に出力します。葉のデザイン(grass troglass dark green)を選択し、グラフィックソフトの印刷でプリンター「Trotec Engraver」を選択、環境設定をクリック、出力設定タブを表示して下記を設定します。設定が完了したら最後に印刷を押すと、JobControl(ジョブコントロール)レーザーソフトウェアにデータが出力され、自動でジョブが生成されます。

印刷 > Trotec Engraver > 環境設定 > 出力設定

印刷のデータ出力設定

印刷設定(加工オプション)
加工モード 解像度 カットライン
標準 500 dpi なし
ハーフトーン調整 その他
カラー 高度なジオメトリ

ステップ4:レーザー加工(葉)

透明グリーンのアクリルガラスをアクリル カッティング グリッドの加工テーブルにセットします。この材料のカットと彫刻には2.0インチレンズを使用します。

次にJobControl(ジョブコントロール)レーザーソフトウェアをPC画面に表示し、ステップ3でデータ出力したジョブをJobControlのプレート上に配置します。それからJobControlの「材料テンプレート」を開いて、下記のパラメーターを設定します。パラメーターの設定後、レーザー加工を開始します。

パラメーター設定

レーザー加工 カラー 加工の種類 パワー (%) スピード (%)
彫刻 彫刻 CO2 14 20
カット カット CO2 100 1
周波数(ppi/Hz) パス(繰返し) エアアシスト Zオフセット アドバンス
500 1 on - 高品質
1000 1 on - -

ヒント

彫刻は下から上へ加工するよう設定すると、塵やカスがよく吸引されるので、仕上げのクリーニング作業が簡単です。

【設定方法】JobControl画面のメニューバーから「テンプレート」→「テンプレートの設定」の「開始位置」で「bottom」を選択します。


ステップ5:デザインのデータ出力(茎)

木材パーツのデザイン(stalk solid wood)をレーザー加工機用データ(=ジョブ)に出力して、茎(くき)を作ります。茎のデザインを選択し、グラフィックソフトの印刷でプリンター「Trotec Engraver」を選択、環境設定をクリック、出力設定タブを表示して下記を設定します。設定が完了したら最後に印刷を押すと、JobControl(ジョブコントロール)レーザーソフトウェアにデータが出力され、自動でジョブが生成されます。

印刷 > Trotec Engraver > 環境設定 > 出力設定

印刷のデータ出力設定

印刷設定(加工オプション)
加工モード 解像度 カットライン
カットジョブ 1000 dpi なし
ハーフトーン調整 その他
- 高度なジオメトリ

ステップ6:レーザー加工(茎)

アクリル カッティング グリッドからハニカムカッティングテーブルに交換して、ウォールナット材を加工テーブル上にセットします。次にJobControl(ジョブコントロール)レーザーソフトウェアをPC画面に表示し、ステップ5でデータ出力したジョブをJobControlのプレート上に配置します。それからJobControlの「材料テンプレート」を開いて、下記のパラメーターを設定します。パラメーターの設定後、レーザー加工を開始します。

パラメーター設定(カット)

カラー 加工の種類 パワー (%) スピード (%) 周波数(ppi/Hz)
カット CO2 100 1 1000
パス(繰返し) エアアシスト Zオフセット アドバンス
1 on - -

ヒント

加工テーブル上の空きスペースを材料とは別の紙で覆うと、バキュームテーブルの吸引力が強くなり加工品質をアップすることができます。


ステップ7:デザインのデータ出力(花)

最後にデザインデータ(blossoms wood veneer)をレーザー加工機用データ(=ジョブ)に出力して、抽象的な花を作ります。

印刷 > Trotec Engraver > 環境設定 > 出力設定

印刷のデータ出力設定

印刷設定(加工オプション)
加工モード 解像度 カットライン
カットジョブ 1000 dpi なし
ハーフトーン調整 その他
- 高度なジオメトリ
最初に内部ジオメトリ

ステップ8:レーザー加工(花)

メープル合板を加工テーブル上にセットします。加工テーブル上の空きスペースを紙などの別の材料で覆い、バキュームテーブルの吸引力が強くして、加工品質をアップさせます。

次にJobControl(ジョブコントロール)レーザーソフトウェアをPC画面に表示し、ステップ7でデータ出力したジョブをJobControlのプレート上に配置します。それからJobControlの「材料テンプレート」を開いて、下記のパラメーターを設定します。パラメーターの設定後、レーザー加工を開始します。

パラメーター設定(カット)

カラー 加工の種類 パワー (%) スピード (%) 周波数(ppi/Hz)
カット CO2 100 1.2 1000
パス(繰返し) エアアシスト Zオフセット アドバンス
1 on - -

ヒント

板材全面をカットする場合は、厚さ補正のために材料の中心で焦点の位置決めを行ってください。


ステップ9:組み立て

ベースプレート(台)に茎を取り付けて、花を飾りつけます。大小の花を交互に取り付けるとよいでしょう。最後に葉をベースプレートに取り付けます。これで独創的な母の日のブーケが完成です。

ハンドクラフトのヒント

葉のパーツをねじるとアイキャッチになります。ベンチバイスまたは耐熱性のホルダーに葉を固定してひねります。写真のように手袋をはめ、ホットエアーガンで慎重に葉に熱を当てます。熱くなったアクリルをねじって変形します。アクリルが冷えて固まるまで、手で押さえている必要がありますので、手袋は必ずはめてください。


もっとアイデアをプラス!

サテン調やフロスト加工(艶消しタイプ)のアクリルを使ってアレンジしてみましょう。花のパーツは、端材を活用してもよいでしょう。その他、様々な色や種類のアクリルと木材を使って、独創的なブーケを作ってみてください。


ダウンロード

デザインデータ(cdr/pdf)

※デザインデータは、CorelDRAWまたはIllustratorのグラフィックソフトウェアで開いてください。


トロテックの推奨モデル